2018年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年06月

気になる時計 21(オリエントスター ヘリテージゴシック 他)

いつものように朝のネット巡回していたら、こんな記事を発見。

”「ORIENT STAR」から持続時間 50時間の
新ムーブメント「46系 F6-50」搭載モデル
『ヘリテージゴシック』『エレガントクラシック』が新登場 ”

http://www.orient-watch.jp/news/details/?press_id=294
http://www.orient-watch.jp/imgs/press/20180523_2.pdf




おおっ。カッコいいけど・・・なんだか既視感が。

一応上記PDFファイルのリリースニュースでは、

”初代 ORIENT STAR(1951 年)など、歴代の時計から脈々と受け継がれてきた
少し横に広がったチャビーフォント(チャビー = ぽっちゃりした)を丁寧に植字し
現代風にリバイスして採用。伝統・歴史にモダンさが加わり、温もりを感じる
エッセンスが融合したデザイン。 ”


と書かれていますけど、IWCのポルトギーゼですよね。

 ポルトギーゼ
写真はIWC公式webサイトからの転載です。
https://www.iwc.com/ja/collection/portugieser/IW3714/#id-8343

うーん。せっかく植字の全数字インデックスで頑張っているのになあ。
もっとポルトギーゼから離れてアレンジしてあれば良かったのになあ。
クロノグラフではないけど、デザインを寄せてる感が伝わってくるのがなんとも・・・

残念だけどポルトギーゼのカッコよさを再認識してしまいます。

なんでカレンダーつけちゃうんだろう。ポルトギーゼのデザインは何度も見て
研究したはずです。この文字盤にはカレンダーは似合わない。
ノンデイト教は少数派らしいので、営業側から「カレンダーつけろ!」
って言われちゃうのかなあ。このデザインでカレンダーつけるとデカくなるし
良いこと無いと思うのですよ。

スモールセコンド辞めて、センターセコンドにする。
ノンデイトにして一回り小さく(37mm径)する。
外周部の05~60の数字を消去すると・・・欲しくなってきます。
数字フォントを少しでもリ・デザインできれば、全く違う時計になりますよ。
完全に私の理想ですね(笑)

人気時計を匂わす手法は伝統技法になっているのでしょう。昔みたいに
あからさまには出来ないけど、加減の仕方は上手だと思います。

しかし、この植字の質感は気になりますね。
発売されたら時計店に行って、実物を見てみたいです。



植字全数字インデックスと言えば、この時計も気になります。

50mmカーキ

写真は海外フォーラム(watchuseek.com)からの転載です。
バーゼル2018で配布された小冊子からの転載のようです。
http://forums.watchuseek.com/f357/50mm-khaki-field-mechanical-availability-4668255.html

この写真だけだと分かりにくいですけど、この数字インデックスは植字です。
H69819530」でGoogle画像検索してみると違う角度の写真があります。

この数字インデックスは、スーパールミノバが練り込んで(塗布して?)あり
側面も光るようです。三角インデックスも植字で、全体に質感が高く
実物を早く見てみたいと思うのですが・・・ひとつだけ問題が。

それはサイズが50mm径なことです。
うわああああ。ハミルトンには50mm径ラインアップがあります。
それこそ丸太ん棒のような腕の方には、ありがたいのでしょうけど、
平均的日本人の私には縁のないサイズです。

これを現行カーキのレギュラーサイズ(38mm径)で出してくれないかなあ。
カレンダーも80時間パワーリザーブもいらないです。現行カーキ フィールド
の定価+αくらいの価格だったら是非欲しいです。

この50mmサイズが売れるか要望が多ければ、可能性はありそうな気がします。
だってこんなにカッコいいのですから。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト

愛用時計の変化

先日は、時計の経年変化について書きました。
時計自体も変化していくけど、愛用時計も少しずつ変化していきますね。
もちろん個人差はありますよ。

私の場合、基本的な嗜好はほとんど変わってません。
お気に入り時計の条件とは?」という記事で私の嗜好を分析・解説しました。

オールド時計を収集し始めた頃は、バイブルになっているトンボ本や国産時計博物館など
に載っている、いわゆる王道の機械式時計が良いと考えていました。
予算の関係で、グランドセイコーなど今でも高価なオールド時計は買えませんでしたが、
1960~70年代の普及品を中心に収集していました。

徐々に蒐集範囲も広がってきて、1970~80年代のクォーツにも手を出すようになりました。
最近はネット上で個人の意見を気軽に発信できるようになったためか、趣味の世界も多様化して
ジャンルごとに棲み分けされています。以前はなんとなく「趣味の時計は機械式時計である」
という風潮があったような気がします。実際にオールドクォーツのオークション落札価格は
非常に安価でした。(一部の高級品を除く)

私は外装が一番大事と考えます。どんなに素晴らしいムーブメントが搭載されていても、
カッコ悪い時計は欲しくない。部品取りとして購入することはありますけどね。
昔の時計はカッコ良かったと言われます。しかしそれはモデル数が多かったのでカッコ良い
時計がたくさんあっただけで、駄作も同じくらい多いです。そういう時計は淘汰されて
残ってないだけなのです。駄作の基準は個人差ありますが、人が美しいと思う普遍的な形も
存在すると思います。

最近は、非防水ケースの時計を使わなくなりました。裏蓋がはめ込み式、プラ風防で
薄く華奢なラグのケースの時計です。1960年頃までに多い時計です。
今でもカッコいいと思うのですが、実際に使うと水に気を使わないといけないし、
現在のカジュアルな装いに合わせるのが難しい。かっちりと真面目なデザインが多くて、
なんとなくビジネススタイルに似合うイメージなんですよ。これは私の勝手なイメージなの
ですが、ほとんど使わなくなったのは事実です。

逆にミリタリー風の時計は、仕事でも使うようになりました。
アラビア数字の読みやすい文字盤は、道具として大変優れていますし、自分のスタイルに
も合っています。同じデザインでもフォントや配置・大きさバランスが違うだけで
全く違う時計になります。おそらく生涯追求していくジャンルになるでしょう。

購入するときは良いと思うのですが、いざ使ってみるとなんか違うことがあります。
ひょんなことで手に入れた時計も使ってみると、お気に入りになったり。
雑誌やネットに書いてることなんて一意見に過ぎません。感じ方が異なって当たり前です。
それでも時計趣味をはじめた頃は右も左もわからないですから、他人の意見を参考に
することも多々あるでしょう。しかしいつまでも猫も杓子も同じ時計やスタイルというのは、
趣味として考えるとつまらないなあと思います。私も保守的なほうですけどね。

買った時計は売らずにひたすら貯め込む人、売買を繰り返してコレクションが目まぐるしく
変わる人、色んな人がいますが使える時計は1本だけなのです。まあ腕は2本ありますし
2本以上の時計を装着する人もおられますけど・・・ねえ。ともかくその1本は少しずつ
変わってませんか?ということです。振り返ってみると自分の嗜好を再認識できますよ。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

時計思考 | Comments(4) | Trackbacks(-)

時計の経年変化

こんにちは。
先週末は、予定が詰まってしまいブログを書く時間がありませんでした。
基本たいしたこともない窓際サラリーマンなのですが、たまにはこんな時もあります。


さて、今日は時計の経年変化について書こうと思います。

以前にこんな記事を書きました。
新品と中古品

私が買う時計のほとんどは中古品です。オールド時計は現在では新品が売ってないので
仕方ありませんが、そうでない時計も中古で買う場合もあります。それは新品よりも
安いからであり、あまり新品の状態にこだわらないからです。

デッドストック、またはそれに近いモノを集めるコレクターは、その蒐集品を
使うことはありません。使うとデッドストックではなくなりただの中古品になってしまいます。
新品の状態を維持することに注力します。それが全てだと言っても過言ではないでしょう。
後年にモノを伝えるということは、素晴らしいと思います。意義ある行動だと思います。

しかし私はそういう蒐集には興味がありません。そんな甲斐性もありません。
時計は使ってナンボだと考えます。だから私の時計はすべて使える状態にしています。
(部品取り時計などは除く)キズも汚れもついていない新品はキラキラとして気持ちいい
けど、一度でも腕に装着すれば中古品です。


時計は使うと色んなところが消耗・劣化していきます。硬いモノにぶつけるとケースやベルトに
キズが入ったり、風防が欠けたりヒビが入ったりします。全く使わなくても紫外線の影響で劣化
していきます。プラスチックは空気中の水分と反応する加水分解による劣化が避けられません。

新品で購入した時計も数年使うと細かいキズだらけになります。
それが自分が使ってきた痕跡であり歴史なのです。そう考えると使い込んだ
時計は愛おしい。そのキズも勲章のように思えてきます。

私は時計を使ったあとは、かならずウエスで拭き取り、その日についた汚れや水分を取り去り
ケースにしまっています。ここまでしなくても今の時計は丈夫なので問題はありませんが、
汚れは蓄積すると取れにくくなりますし、何より大事に扱うことが良い経年変化になるのです。

私は大事に扱うけども、神経質に恐る恐る使って小さなキズにクヨクヨすることはありません。
大きく深いキズが入ると凹むこともあるけど、次の日には忘れています。故意に付けたわけでは
ないしそうなる運命だったと考えます。


なんとなくですが、丁寧に扱われた時計と雑に扱われた時計は判別できます。
毎日使ってつくキズと、ガラ箱に入れられ時計と時計が擦れてついたキズは違います。

私は主にヤフオクやメルカリなどネットで中古時計を購入します。出品物を見る時は
時計の劣化具合を必ず見ます。どのようにして付いたキズなのか色々と想像します。
文字盤の変色具合やその他劣化も考察します。それにより出品データにない部分も想定する
ことができます。もちろんその通りでないこともありますが、意外に精度は高いですよ。

たまに使い込み具合が素晴らしい個体に出会うことがあります。前オーナーが大切に使ってきた
ことが伝わってきます。こういう時計はその意志を引き継ぎたいので、キズを徹底的に消すこと
はしません。汚れだけ落として表面を軽く艶出しすだけにとどめます。

安く手に入るのは、風防が曇りガラスのようになった個体です。これは人が使い込んだというよりも
ガラ箱や人の手を渡ってついたキズです。あまりオカルトじみたことは言うつもりはありませんが、
人の念がこもってない時計です。こういう個体は思い切って大きなキズもすべて消す勢いでケース
研磨・風防研磨をしてしまいます。それこそピカピカにしてリセットするわけです。

私の場合、ケースやベルトのキズはあまり気になりませんが、風防と文字盤の状態は気になります。
時計は時刻を知ることが一番の目的なので、視認性が落ちることが嫌なのです。
大きなキズや劣化が激しいものは、交換したり研磨します。文字盤は素人ではどうしようもないので
どうにかして部品取り時計を手に入れます。レアなものだと、年単位で探すことになるのでガラ箱で
塩漬けにされます。


結局何が言いたいのか。
「時計は経年変化も愉しめますよ」ということ。

ジーンズは経年変化を愉しむモノとして有名です。よく育てるなんて言いますよね。
時計も同じだと思います。それなりの品質以上のモノならば、何十年でも使い込むことができます。
だから私は使い捨ての時計は買いません。新しい時計はムーブメントが交換式だったりもしますが、
ケースなどの側の変化を慈しむのです。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

時計思考 | Comments(6) | Trackbacks(-)
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ