FC2ブログ
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ セイコー

多機能クロノグラフ アルバ カリブ N944-7A40

アルバ カリブ A5


これってあの時計ですよねえ。

そうです。どう見てもオメガ スピードマスターのデザインを参考にしています。
よく見ると結構違うところがあるのですが、タキメーターベゼルと
ステンレスベルト、針のデザインが酷似してるので、スピードマスターに
見えてしまいます。


アルバ カリブ A7


この逆テーパーのベセル形状は、オメガ スピードマスターですよねえ。
ステンレスベルトは巻きベルトなので少々安っぽいですけど、同年代の5代目スピードマスターと
同じデザインです。風防はドームガラス。膨らみが大きめでプラ風防のスピードマスターを
意識したものだと思われます。

このアルバ カリブは、1992年製です。
昔は大手メーカーも人気時計のデザインを利用することが珍しくありませんでした。
良く言えばおおらかな時代、悪く言えばパクり合う時代だったのです。

私は専門ではないので良く分かっていませんが、1998年の意匠法改正で部分意匠が保護されるように
なったことが大きな変化だと思います。この頃からあからさまな後追いデザインが見られなくなります。
意匠権の効力は20年なので、スピードマスターやサブマリーナのようなロングセラー商品は
メーカーロゴ以外は模倣しても法的には問題ありません。
ただし立体商標の登録が認められると半永久的に保護されることになります。

話が脱線しました。


アルバ カリブ A6


見た目はオメガ スピードマスターに似ていても、中身は全く違います。
1983年にセイコーは世界初のアナログクォーツクロノグラフを発売しました。それから約10年
クォーツクロノグラフはさらに進化して多機能になりました。

リューズを回すことで、通常時計、アラーム、タイマー、ストップウォッチのモード切り替え
ができます。6時位置にモード表示窓があります。

12時位置はストップウォッチの1/10秒針、3時位置はデュアルタイム24時針
9時位置は24時針、センター針は通常時計では日付表示、ストップウォッチ・タイマーモードでは秒針。

通常時計モードでの永久秒針はありません。

このクロノ針配置は珍しいですよね。私はこの時計以外で見たことがありません。



===== リューズを回してモード切り替え =====

【通常時計】

アルバ カリブ A12

日付はポインターデイトとなり、三日月部分で数字を示します。
正直、これは時刻を読むのに邪魔になります。せめて針の色を変えて欲しかった。
針が太いので、長針と混同しやすいのです。ノンデイトか普通の日付窓で良かった気がします。
これで差別化したかったのかもしれません。

永久秒針がないのは寂しいですね。私の好みですけど。
中途半端なデュアルタイムつけるくらいなら、ここを永久秒針にして欲しかった。


【通常時計(アラーム有効)】

アルバ カリブ A1

セットした時間にアラームがなります。
アラームは電子音で「ピコーンピコーンピコーン」と鳴ります。
7T32等と同じ音色です。


【アラームセット】

アルバ カリブ A2

24時針があるので、24時間以内で1分単位でセットすることできます。
日付の指定はできません。


【針の0位置合わせ】

アルバ カリブ A9

普段は使うことはありません。電池交換のときに全ての針が12時を向いていることを
確認して必要なら調整します。


【タイマー】

アルバ カリブ A10

1分単位で60分までセット可能です。セットしたタイマー時間は何度でも使用できます。
センター針と1/10秒針が逆回転してカウントダウンする様子が面白いです。
残り3秒になると1秒ごとに「ピッ・ピッ・ピッ」と予告音が鳴り、0秒になるとタイムアップ音が
「ピーーー」と鳴ります。


【ストップウォッチ】

アルバ カリブ A11

1/10秒単位で12時間まで計測可能です。スプリット計測も可能。
モード切り替え式のクロノグラフは、計測できるまでタイムラグが発生するのが欠点です。
グルグルと全ての針が回る様子が最初は面白いけど、この待ち時間にイライラすることが
あります。やはりクロノグラフは常に待機状態であることが望ましい。



アルバ カリブ A3


オメガ スピードマスターにもボーイズサイズがありましたが、このアルバ カリブもケース径36mm、
厚さ10mmとコンパクトなサイズです。私のような細腕にはちょうどいい。

ドーム風防の雰囲気と相まって、見た目はすごくカッコいいのです。逆配置のインダイアルも
すぐに慣れて、6時位置のロゴもなかなか良いと思えてきます。

この精密な印刷が素晴らしいですね。特にタキメータの数字は小さく細いフォントですが
滲みがなくクッキリとしています。こういう精度の高い仕事があるから安っぽく見えないのです。


アルバ カリブ A4


プッシュボタン・リューズは普通ですね。ここもスピードマスターを模したのかもしれませんが、
これで良いです。変な段差や凝った意匠は必要ありません。


アルバ カリブ A8


クラスプもロック付きの普通のモノです。調整幅も大きく(7穴)使い勝手も良いです。



いまでも月に1~2本程度、ヤフオクに出品されますが人気モデルのため競合します。
程度が良いと10000円を超えてしまいます。これはスピードマスター似の N944-7A40 だけです。
その他のN944搭載機は底値です。1000~3000円程度で落札できます。このムーブメントの
機能だけ使ってみたいのであれば、7A40以外のモデルをオススメします。

とは言え、N944-7A40 はカッコいいですよね。おそらく今後、落札相場が下がることは
ないでしょうから、お得に買えるかも情報をひとつ。
この時計は電池がないと時刻・日付合わせはできません。リューズを引いてプッシュボタンを
押して調整する方式なので、リューズ引き回しのように機械的に噛み合っているわけではないのです。
電池が切れていると針は動きません。それを知らない人は完全にジャンクと勘違いするので、
安く落札できる可能性があります。ただし本当にジャンクの可能性もありますから、
絶対ではありませんよ。リスクを考えて勝負してみて下さい。
セイコー | Comments(4) | Trackbacks(-)

早すぎた機能 アルバ ウルトラソニックコール V636-0010

ウルトラソニックコール A2


今日は少し変わった時計を紹介します。

クォーツ・アルバマニアには知られた時計ですが、おそらく買うまでは
いかない時計かもしれませんね。

アラーム付きの時計ですが、音ではなく振動(バイブレーター)で知らせてくれます。
携帯電話を持つことが当たり前になってから、皆さんお世話になってるバイブレーター機能。
はじめて携帯電話に搭載されたのは、1994年に発売されたモトローラのTH541とのこと。
ポケットベルにはさらに前からバイブレーター機能が搭載されていたようですが、
詳細は分かりませんでした。

このウルトラソニックコールは1996年製です。

携帯電話やポケットベルのほうが容積もバッテリー容量も大きい。小さな腕時計に収まる
振動装置を開発するのは大変だったと思います。今でこそ当たり前の技術ですけど、
当時は最先端技術でした。

ただ、このウルトラソニックコールの後、しばらくバイブレーター機能のついた時計は発売され
なかったようです。携帯電話が普及してマナーモードが一般的になり、振動モーターが
安価に出回った頃になって、G-SHOCKなどの多機能時計にバイブレーター機能が追加されました。

発想は素晴らしいものでしたが、世に出るのが早すぎて時代が追いついてなかったのです。


ウルトラソニックコール A1


6時位置の丸穴から見えるのが、振動装置です。アラーム時間になるとブルブルと
振動している様子を見ることができます。

9時位置は、24時間計です。
3時位置は、アラームのオンオフインジケーターです。4時リューズを引くとオンになります。

赤い矢尻のついた針が、アラーム時刻針です。4時リューズを回し外周チャプタリングに
書かれている時刻に合わせます。


機能は当時の最先端ですけど、デザインは実にオーソドックスで、真面目な感じ。
数字フォントも教科書的であまり面白味はありませんが、大変読みやすく好ましい時計です。


ウルトラソニックコール A3


振動装置のためケースはクォーツにしては厚く、裏蓋-ガラス寸法で11mmを超えます。
ケース径は37mm。全体にぽってりとして可愛らしい形です。控えめなラグが付きます。

ケースは、アルバらしく真鍮にメッキです。キズと湿気に気をつけなければなりません。

先日記事を書いた、黒革のNATOベルトを合わせてみました。


ウルトラソニックコール A5


クォーツ時計は一度時刻を合わせたら、ズレが少ないのでほとんどリューズを
動かすことはありません。特にノンデイトは数ヶ月触ることがないです。
しかしこの時計は、4時リューズでアラームの操作をします。
私は常に深爪なので、リューズ操作が少々大変なのです。せめてリュウズ側の真ん中に
溝が掘ってあれば・・・とにかく長い爪がないとリューズが引き出しにくいのです。

頑張って4時リューズを引っ張ると、確認用にブイーンブイーンブイーンと3回
バイブレーターが動きアラームがオンになります。

もちろんスヌーズなんてありませんから、私は目覚ましには使えないかな。
普通はスケジュールの時刻をセットしたりタイマー的に使うことになると思います。
周りが騒がしくてもバイブレーターで伝わるのがメリットですね。
作動音は携帯電話よりも小さいくらいなのでマナーモードのように使うことも可能です。


ウルトラソニックコール A4


黒文字盤と白文字盤の2種展開です。
当時はもの珍しかったためか、そこそこ売れたのでしょう。
ヤフオクでは月に1本出るか出ないかくらいの頻度で出品されます。
そこそこ玉数もあり、あまり需要はないので価格も高騰しません。
だいたい5000円前後で落札されるようです。当時の新品定価は14000円でしたので
痛みやすいケースなどの程度を考えると少々高いかもしれません。

どちらかと言えば、コレクターズアイテムになります。黎明期のバイブレーター時計です。
普通に使えるアラームですけど、今では皆さん携帯電話をお持ちなので
わざわざこの時計である必要がありません。
でもこの時計を使いこなしているとカッコいいと思いませんか。

ブイーンブイーンブイーンブイーン
「おっともうこんな時間か」
おもむろに時計を見ながら4時リューズを押す。

わざとらしいですかね(笑)
セイコー | Comments(8) | Trackbacks(-)

心躍るオレンジ セイコー クォーツダイバー 7548-700C

7548 クォーツダイバー A1


今回は少し前の記事で予告していた、オレンジダイバーの紹介です。
ずっと欲しかったダイバーズが手に入りました。


7548クォーツダイバーは、1979年に6309サードダイバーの後継モデルとして発売されます。
6309サードダイバーは、1980年まで販売されていたので、併売期間があります。

最初はオレンジ文字盤モデルはなく、黒とペプシカラー(青/赤ベゼル)のみでした。
オレンジは1981年に追加。1985年に黒のみ、200m防水となります。1986年には
黒のみムーブメントが7C43になり、オレンジも200m防水になります。
1987年にカタログ落ちしています。


7548 クォーツダイバー A9

セイコー販売店用 ウォッチカタログ1982年vol.1からの転載です。


1979年には、すでに現行ダイバー SKX00*(ボーイ)のデザインは完成していたのです。
ムーブメントや細部のつくりは変わってますが、39年もの長い間同じデザインが使われている
日本の工業製品はそれほど多くありません。

これがセイコーの素晴らしいところです。他の国内メーカーには、こんな歴史のある時計は
ありません。最新技術で新製品を開発することも大事だけど、長く愛されるモノをつくり続ける
ことも素敵なことです。すでに首位陥落して久しいですし、言いたいこともあるけれど、
この誠実なモノつくりがある限り、私はセイコーファンであり続けるでしょう。


7548 クォーツダイバー A2


なんてことない文字盤デザインに見えますけど、こんなに完成度の高い文字盤は
滅多にありません。プリントインデックスですし、ペラペラの薄い針で高級感は
ありませんが、決して安っぽくない。端正なデザインだからそう見えるだと思います。

12時の三角インデックス、6・9時位置の長丸インデックスから中心に向かって伸びるライン。
人は見えない部分の想像してしまうので文字盤が4等分されます。意図が明確に理解できませんが、
他ではあまり見られないディテールです。針先端の細い突起も合わせてデザインされているの
でしょうね。


7548 クォーツダイバー A5


クォーツが席巻していた時代なので、国内では機械式が絶滅します。
プラスチックが多用され高級なムーブメントではありませんが、現行の使い捨てムーブメント
と違い、部品交換(もうほとんど出ませんけど)・メンテナンスできるように設計されてます。

ネジ込みリューズの構造も現行ボーイとは違います。リューズと巻き芯をバネで固定する
凝ったつくりです。


7548 クォーツダイバー A4


ガラスの止め方も違います。現行ボーイはプラスチックガスケット止めですが、
この7548ダイバーは、回転ベゼルの下にさらにガラス止め用のベゼルがあります。
(写真はベゼルを外した状態です)このベゼルはスナップ式ですが、200m防水モデルは
ここがネジ式になります。

今回は、クリスタルタイムズのフラットサファイアガラスに交換しました。純正と同サイズです。

回転ベゼルの構造も違います。現行ボーイは逆回転防止付き120クリックですが、これは
左右どちらにも回転し60クリックです。今のダイバーズ規格には適合しません。
しかしラチェット機構がボール式なので、タッチが非常に良いのです。カチャリカチャリと
気持ちよく回ります。用もないのについ回してしまいます。


7548 クォーツダイバー A6


回転ベセルの滑り止めは、切削加工で成型しています。エッジが立ち美しい仕上がりです。
この個体は、丁寧に扱われ使いこんでいました。目立つキズはないけど、小さなキズがたくさん
あります。最初は再研磨してベゼルインサートも交換しようと想定してましたが、この使い込んだ
感じがカッコいいのです。予定変更して汚れ落としと軽いポリッシュ仕上げだけにしました。

純正ベゼルインサートは中央に向かって逆テーパー(すり鉢状)がついてます。社外品はフラット
なので、ガラス面とのつながりがズレます。これを知ってしまうと純正しか選択肢はありません。
純正はガラスが傷つかいないように設計してるのです。


7548 クォーツダイバー A3

7548 クォーツダイバー A7


現行ボーイ純正のステンレスベルトを入れました。無加工で装着できます。
このベルトは安価で高級感はないけど、良くできています。手に持つとシャラシャラと
チープな音がしますが、その分よく動き腕にフィットします。総無垢ベルトに比べて
軽いのもよいところ。社外品のベルトはたくさんありますけど、付け心地はこの純正ベルト
にかないません。


7548 クォーツダイバー A8


オレンジボーイ SKX011 は、今も新品販売していますが、機械式です。
安価なクォーツダイバーは今のラインアップにはありません。よって中古市場でも
人気があります。ダイバーズはハードに使われている個体が多く、程度の良いものは
20000円を超えます。オレンジは玉数が少ないので、オークションでも競合してしまいます。

デザインは現行と同じなので古さを感じさせませんが、40年ほど前の時計です。
電池を入れると動くかもしれませんが、メンテナンスが必要なことも多いです。
実際、私の個体も調子が悪いです。たまに止まったり、カレンダーの動きが悪かったり。
もう部品は無いようですが、メーカー修理はまだ受け付けているようなので、
夏に間に合うように出そうと思ってます。つまり購入するときはメンテナンス費用も
考えておいたほうがいいです。
セイコー | Comments(25) | Trackbacks(-)

私の心を鷲掴み セイコー ボーイカスタム SXK007

ボーイ カスタム D9


こんにちは。
今日はこの時計を紹介します。

ん?こんなモデルあったっけ?ボーイってこんな文字盤もあるの?

そうです。
このボーイは、スターゲイト SKZ327 の文字盤と針に交換しています。

スターゲイト SKZ327?
定番化しませんでしたし、あまりメジャーなモデルではないかもしれません。
2012年頃発売された7S36搭載機です。


SKZ327 A1

写真は、amazonからの転載です。
http://amzn.asia/cU9O1dv


文字盤がカッコいいので、購入を相当悩んだ記憶があります。
しかしネックはサイズ。私は腕周り165mmの細腕なので、あまり大きいと
腕の収まりが悪くなります。

スターゲイト SKZ327 ケース径43mm 全長(ラグ端-ラグ端)50mm
ボーイ    SKX007 ケース径42mm 全長(ラグ端-ラグ端)46mm

ケース径はほぼ同じですけど、全長が50mmオーバーすることが
どうにも引っかかっていたのです。マイナーな逆輸入モデルなので、
私が住んでいる田舎には現物を置いてるお店もありません。

それと回転ベゼル12時位置のデザインも好きになれませんでした。
これこそがスターゲイトと呼ばれる所以なのですけどね。
後から分かったことですけど、これは社外品のベゼルに交換することができます。


ボーイ カスタム D8


どうですか。
バーインデックスのボーイも良いでしょう。
セイコー ファーストダイバーとセカンドダイバーをミックスしたような
デザインの文字盤ですね。針は、最近私も多用してるスモー(SBDC001)系列の
モノで、白と黒に塗り分けされています。この針はスマートだし長さが丁度良く
大変時刻が読みやすいのです。

セイコーダイバーズは基本的に文字盤径が同じなので簡単に交換ができ、
お気軽なカスタムとして人気があります。社外品も数多く販売されてます。

スターゲイト SKZ327の購入を見送ったあと、この文字盤をボーイに入れたら
良いだろうと妄想はしていたのですが、他にも欲しいダイバーズがたくさん
あったので、ずっと後回しになっていたのです。

私は、他の人のカスタムを見るのも好きで、たびたびネット内を巡回します。
特に海外は個性的なカスタムが多いので面白いですね。ボーイはカスタムベース
としても人気があり、それこそ星の数ほどのカスタム例がネット上にもあります。

しかしボーイにスターゲイトの文字盤を移植したカスタムは見たことが無いのです。
誰でも思いつく組み合わせです。なぜ誰もやらないのかは、実際に合わせて
みてわかりました。スターゲイトの文字盤は無加工では取り付け不可なのです。


図解 A1


ボーイの断面図です。分かりやすいように部品を大きくデフォルメしています。
ボーイの構造的な特徴は、チャプターリングをケースとガラスで挟んで固定していること。

ムーブメントは外周に付くプラスチックスペーサをケースに密着させることで
固定されているため、上下には多少動きます。もちろんリューズ・裏蓋がつくので
実際には動きませんけど、オールドや高級時計のようにネジ等でしっかりと
固定されているわけではありません。

ケース内側中間部にはツバがあり、そのツバにムーブメントのスペーサが当たります。
その位置で、ちょうど文字盤の上面とチャプターリング下面がピタリと合うのです。
(厳密にはごくわずかのクリアランスがあります)

図解 A2

スターゲイトの文字盤は2枚重ねになっていて、ボーイの文字盤より0.5mm厚いです。

スターゲイトの文字盤を付けてケースに組み込むと、チャプターリングに干渉して
0.5mmの厚さの分だけ文字盤・ムーブメントが下がります。

ケース・裏蓋には多少クリアランスがあるので、干渉することはありませんが、
リューズ(巻き真)位置もが0.5mm下がるのです。リューズチューブにもクリアランスがあるので
リューズはセットできますが、使えた代物ではありません。巻き真が斜めになり、リューズも
異常に固く、ここまま無理に使えば確実に破損しそうです。

なるほどなあ。カスタム例がないわけです。
しかしリューズ無しで仮組したときのカッコよさを見ると、あきらめきれません。

図解 A3

・・・というわけで、チャプターリング下部を欠き取り加工しました。
これにより、文字盤とチャプターリングの干渉はなくなり、文字盤・ムーブメントが
元の位置になります。リューズも問題なく装着できます。

言葉にするとたったこれだけですけど、この加工はずいぶん試行錯誤しました。
詳しい内容はマニアックで長くなるので、また改めて記事にします。


ボーイ カスタム D1


写真が下手で分かりにくいですが、チャプターリングの拡大写真です。
なかなか絶妙なクリアランスでしょう。肉眼だと加工したことも分かりませんよ。


ボーイ カスタム D5


難点は、スターゲイトのチャプターリングは幅が広いので、ボーイの狭い
チャプターリングでは、隠しきれない部分があります。インデックスの夜光
位置の内側ズレや、6時位置のMADE IN JAPAN 品番文字 が少し内側に浮きます。
まあ言われないと気にならないレベルで、違和感はありません。


ボーイ カスタム D2

ボーイ カスタム D4


ダブルドームサファイアガラス(Crystaltimes CT037F)とセラミックベゼル(DLW)の
ベタな組み合わせです。色々と他の組み合わせも考えて見たのですが、
結局これが一番しっくりきました。
ベゼル・ベゼルインサート・ガラスがキレイに収まるの組み合わせなんですよ。

とりあえず純正のウレタンベルトを合わせてみました。
この22mmウレタンは固くてあまり使い心地は良くないけど、見た目が好きなのです。
ちょいとマッシブな感じですが、この文字盤にはよく似合います。


ボーイ カスタム D7


もちろんステンレスベルトでもカッコいいのです。
シャラシャラグネグネと高級感はありませんけど、
ボーイ純正ジュビリーの付け心地は本当に良いですよね。


文字盤は簡単に交換できると思っていたので、本当はこの時計も読者様還元感謝祭で
ヤフオク出品する予定でした。時間をかけて失敗を繰り返して、なんとか形にすること
ができましたが、やはり私が加工した部分があるので、しばらく使ってみて問題が
ないことを確認することにしました。チャプターリングで文字盤・ムーブメントを
固定してるわけではないので、おそらく問題がでることは無いと思います。

需要があるようなら、いずれこの時計も出品しようと思います。
正直、腕につけていると手放したくなくなります(笑)
素のボーイも大好きだけど、このデザインは本当に私のツボにはまってます。
カッコ良すぎですね。
セイコー | Comments(12) | Trackbacks(-)

お気軽ダイバーズ風ウォッチ アルバ Y143-6000

アルバ Y143-6000 A1


こんにちは。
最近アルバばかりで申し訳ありませんが、またアルバです。
随分前に購入していたのですが、記事にしてませんでした。


1984年製 当時定価11000円でした。同時期に発売されていたクォーツダイバーが
定価35000円。以前に記事を書いたシルバーウェーブ 6433-6010 が定価25000でした
ので、かなりコストダウンした若年層向けのモデルだということが分かります。

しかし、各部デザインはセイコーなんですよねえ。
回転ベゼルの数字フォント、現行マリーンマスターにも使われている針デザイン。
全体の印象もセイコーダイバーズの雰囲気があります。

安い時計ですけど、1980年代はまだ職人の手仕事が入っているので、ケースのつくり
仕上げが丁寧です。側面のポリッシュ部分はわずかにうねっていますが、
上面のヘアライン部分はしっかり面が出ていて歪みがありません。エッジも立っています。
私の個体はかなり使い込んでいるので小傷だらけですけど、現行アルバよりビシッとしています。

ケース径36mm、全長(ラグ端-ラグ端)41m、厚さ8.5mmとコンパクトなサイズ。
やはりこのサイズは扱いやすいですね。

カラーバリエーションも豊富でした。ステンレスモデル2色、黒塗りモデル3色の計5色。
ミッキーマウスモデル Y143-602A もありました。(1985年アルバカタログより)


アルバ Y143-6000 A3


この時計の一番の特徴は、回転ベゼルと風防ガラスが一体なことです。
つまり回転ベゼルを回転させると風防ガラスも一緒に回ります。
回転ベゼルのメモリ・数字は、ガラスの裏側にプリントされています。
さらに中心から外側に向かって1本赤線が引かれます。当然この赤線も回るので
セットした時間が非常に分かりやすいのです。

ただしこの構造だと防水が難しいです。回転する部分で防水しなければなりません。
実際、私の個体は回転ムラがあって緩い角度があり、文字盤が結露した後もあります。
ラッチはなく左右どちらでも回転します。ベゼルの嵌め合いパッキンの摩擦のみで固定されてます。

まあダイバーズ風ですから、この時計で潜水する人はいないでしょう。
回転ベゼルは外付・内付ともに部品点数が増えてコストも高くなりますが、このアルバの
構造は部品点数が少なくできます。耐久性・防水性を犠牲にしてコストダウンしたのでしょう。

リューズもネジ式ではありません。


アルバ Y143-6000 A2


オリジナルはウレタンベルトでしたが、現存数は相当少ないと思います。
残っていたとしても、1980年代のウレタンベルトは、確実に加水分解が進み
触るとボロボロと壊れていきます。もし発見しても触っちゃダメですよ。

最近こればかりですが、NATOベルトを付けてみました。
現行のゴツいウレタンを合わせるよりも、無難な組み合わせなのですよ。
なんだかんだ言ってもカッコいいのです。


今では忘れ去られてしまっている時計なので、ヤフオクなどでも底値(1000~3000円くらい)
で手に入ります。私の個体も2000円以下で落札しました。古いアルバですけど、それなり
に売れたようで、玉数も少なくありません。気長に待っていれば安価な個体に出会えるはずです。
積極的に狙っている人も珍しいでしょう。出会ったら衝動買いするタイプの時計だと思います。
セイコー | Comments(0) | Trackbacks(-)
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより高品質
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER NATO G10 ナイロン製ミリタリーウォッチ 替えベルト 時計バンド ストラップ PVD加工ブラックバックル グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ