FC2ブログ
2019年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 時計思考
CATEGORY ≫ 時計思考
       次ページ ≫

ブログと資産

こんにちは。
いつもは暇な私ですが、年末は多くのイベントがあり準備を
含めてやらないといけないことが積まれていきます。これをこなすためには
仕事のスケジュールも圧縮されバタバタと忙しくなってしまいます。
まだブログを書く余力はあるので、世間的にはたいしたことないのでしょうね。
みなさま体を壊さない程度に頑張りましょう。


さて、私はブログタイトル通り、時計の収集(蒐集)を愉しんでいます。
生粋のコレクターではないので、集めることが主目的ではなく、普段使いすることが
大事だと考えています。色んな時計を見たり使ったりしたいので、数は増えていきますが
気に入らなかったり合わなかったりすれば売却します。今では数が増えすぎて、全ての時計を
使っているわけではなく観賞用の時計も増えてきました。

私は自分の時計を買う時に、資産として考えることはありません。自分が欲しいと感じた時計を
買っているだけです。自分の感性に正直にモノを買う行為は、刺激的で依存性があります。
いまだにオークションやフリマが辞められないのは、そのためでしょう。

オールド・絶版時計の相場が上がり調子なので、結果として資産は増えていると言えるかも
しれません。時計趣味を始めたころに買ったオールド時計は、買値の倍近くで売れるモノも
多々あります。

資産とは何でしょう?

しさん【資産】 ① 金銭や土地・家屋・証券などの財産。
        ② 企業が所有し、その経営活動に用いる財産。

コトバンク 大辞林 第三版の解説 より引用


私は経済には疎いし、貧乏サラリーマンなので資産はほとんどありません。
幾ばくかの預金だけで、宵越しの金は持たぬと気前が良いわけでもないのに
お金はありません(笑)物欲に正直に生きているとでも申しますか・・・ははは。

オールド国産時計は、一部のマニア向けなので換金性は高くないけど、
全て売ればそれなりのお金になるでしょうし、丁寧な扱いと保管ができていれば将来的にも
期待のできる資産となるのでしょう。先にも書きましたが、あまり興味はありません。

話は変わり、私は3年半ほど時計ブログを書いてきました。
理系の人間なので苦しいこともありましたが、結果として文章を書くことも
楽しむことができ、多くの方々に読んで頂きました。ありがとうございます。
私はヒキコモリ体質なので、最近のコミュニケーションツールであるSNSは使いませんし、
自ら人の前に立つようなことはありません。仕事も黙々と図面を書いているだけです。

人と話すのが苦手な私でも、ブログ上のコメントやメールでのやりとりは、ゆっくりと
考えをまとめてから書くことができるので、スムーズに意思疎通ができるのです。

これまで多くの方々と時計ブログ(インターネット)を介してお話させていただきました。
コメント欄や掲示板はもちろん、メールを使って1対1の深いお話をさせていただいたり、
時計以外の話で盛り上がったりと、充実したブログライフを過ごさせていただいております。

人の繋がりも資産なのかな。
お金で買えるものでも換金できるものではないし、資産とは経済的価値の総称だから
同軸上で考えることではないのかもしれません。
しかしブログを続けてきたことによる財産であることに違いありません。

今でも付き合いのあるリアル友達は少ないです。普段は家族と会社の人・同業界の人くらいしか
接点がありません。インターネットの最大の利点は、いつでも気軽に繋がることができること。

時計という共通の話題で盛り上がれる人達と接点が持てたのは、私にとって革命的なこと
だったのです。この繋がりを大切にして今後とも長くお付き合いできたら幸いです。
スポンサーサイト
時計思考 | Comments(8) | Trackbacks(-)

カットガラスの魅力

カットガラス A1


時々カットガラスの時計をつけたくなります。
文字盤の視認性は落ちますし、ガラスをぶつけやすいので時計としては使いにくい。
でもこのキラキラと反射するガラスには、何ものにも代えがたい魅力があるです。

少し前までリバイバルや復刻でカットガラスの時計も販売していましたが、今現在は
おそらくどこの会社も製造してないと思います。(あったら教えて下さいね)

国産腕時計の文字盤は白と黒しかありませんでした。
1960年代後半にカラー文字盤が発売されブームとなります。カラーテレビの普及が
加速しはじめた頃です。1970年代は各社、非常にカラーバリエーション豊富で、
デザインも試行錯誤された時代でした。その中で生まれたのがカットガラスです。
デザインはさらにエスカレートしていき装飾過多でかなり凝ったモノも出てきました。

好みもありますが、私はあまりクドい装飾が好きではありません。カラー文字盤に
カットガラスくらいがちょうど良いと思うのです。上の写真のシチズン セブンスターも
そんな時計。渋い緑色のサンレイグラデーションが最高にイカしてます。
まあ緑色は完全に私の好みなのですけど、当時流行った色でもあります。今は効率や採算重視
なのでカラーバリエーションは少ないですね。白・黒だけがほとんどで、あっても青くらい
です。逆に言えば、豊富なカラーバリエーションはオールド国産時計の魅力でもあります。

カットガラスの時計を眺めていると、すうっと吸い込まれそうな感覚になります。
ガラスが分厚く、時計を動かすとキラキラと反射していくつもの層が現れます。
これにより奥行きがあるように見えるからです。ハッと我に返ると、今度は俯瞰して
文字盤による煌びやかな世界をガラスで封印したように見えます。

宝石や切子もカット成形されてますが、私の感覚だとトンボ玉のほうが近いかな。
すごく奥行きを感じる作品をつくられる方々がおられます。本当にヤバイ世界です。
これはずっと眺めてられますよ。宝石は触れる機会がないので分からないのが正直なところ。
本物の宝石は手にすると危険なのかもしれません。

私はカットガラスの時計を付けた日は、つい何度も覗き込んでしまいます。
時刻を読んでないことも多々あります。もはや時計ではないですね(笑)
魅惑の世界を閉じ込めた装身具。

どうですか。
カットガラスの時計欲しくなったでしょう。
状態の良いガラスを手に入れるは少々難しいこともありますが、
当時かなり売れた時計なので、残存数も多いです。一部のモデルを除き
まだ安価なモノが多いので、是非ひとつ手に入れてみて下さい。
魅惑の世界があなたをお待ちしております。
時計思考 | Comments(10) | Trackbacks(-)

モノの捨て方

以前からモノについての考察は何度も記事にしてきました。

いいモノって何?
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-272.html
固定観念とモノの価値
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-307.html
こだわりってなんだ
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
モノの考え方
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-391.html
モノへの執着
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

モノを買うときには色々と考え悩んで、何度か踏みとどまり冷静に
考え直し、それでも欲しければ購入します。たまには直感力を信じて
衝動買いすることもありますけどね。貧乏サラリーマンなので使える
お金も少なく買い物の量もたいしたことはないと思いますが、
それでも狭いアパートにはモノがあふれています。

モノが捨てられず部屋に積み上がってくると、最終的にはいわゆる
ゴミ屋敷になるわけです。それは極端だとしても、部屋は狭くなるし
モノの場所が分からなくなりいつも探す作業をしなくてはならないのは
かなりのストレスです。

私の自宅もかなりヤバイ状態になってきました。書棚は前後2列収納
ですが、すでに一杯です。横にして本の上にも差し込まれているような
酷い有様。子供のモノも凄まじい量があります。モノを大事にするのは
いいことだけど、買う量>捨てる・売る量 になっているので、置き場所に
困るのです。

どんなに気を回しても、人が使うモノの数なんてたかが知れている。
ほとんどのモノは、「いつか使うはず」「残しておきたい」「もったいない」
と死蔵されているだけなのです。

でもねえ。根っからの貧乏性で捨てられないのですよ。
今まで断捨離やシンプルな暮らしの本はたくさん読みましたが、
なかなか実行できなかったのです。

モノについて考えることを放棄したミニマリストの断捨離は、私が求めている
理想とは違うのです。モノにもストーリーや愛着があり、大事に長く使いたいのです。
しかしモノが多すぎると管理しきれなくなります。モノを買うのは簡単だけど
買った後の管理は大変です。物理的なスペースを使うわけですから、家賃を考えると
微量ながらランニングコストもかかると言えます。さらにはモノを捨てるのにも
手間やお金がかかります。

はじめたばかりですが、まずは売れそうな本は全てヤフオクに出品して売りました。
売れそうにない本は、古本屋に引き取ってもらうか、廃品回収に出す予定です。
お気に入りの本だけ残して、それ以外の本は、読みたいときには図書館で借りること
にしました。実際購入してから1度しか読んでない本がたくさんあり、持っていた
ことも忘れてました。やはり背表紙の見えなくなる2列収納は後列が埋もれますね。

整理術や処分法は、多くの書籍がありますしネットを検索しても大量に情報が
ありますから、ここでは詳しく書きません。とりあえず1ヶ月かけて捨てられるだけ
捨てよう、モノを厳選しながら全体を把握してみようと思ってます。

先日の西日本豪雨では実家が浸水して、ほとんどのモノが使えなくなり捨てました。
数十年溜まったモノは、それはもう凄まじい量でした。私の高校の体操服など
懐かしアイテムもたくさん出てきました。もはや場所を圧迫するモノでしかありません。
災害後の両親はモノがない状態でしたが、不便なだけで生活することはできています。

今回の災害は死者も出てますし、あってはならないことです。単純にモノについて
だけ考えると、強制的にモノの棚卸しができ、断捨離生活も体験できました。
ここで何も考えずに新たに同じモノを買い直したのでは、また余剰なモノにあふれた
生活に戻ってしまいます。とにかく本当に必要なモノをよく考えることが大事。
私も実家を片付けながらモノのリセットをしてみようと決心したのです。
時計思考 | Comments(2) | Trackbacks(-)

老化と時計趣味


こんにちは。
私はいわゆる団塊ジュニア世代です。人生も折り返し地点で、
個人差はありますが、ぼちぼち老化が気になるお年頃です。

視力検査は裸眼だと1番大きな輪の切れ目が分かりません。かなりの近眼
なので老眼には縁がないと思ってました。早い人では30代になると老眼が
始まりますが、メガネをかけてない視力の良い人がほとんどです。

ここ1年くらい、メガネをかけた状態では近くが見えづらいのです。
最初はかすみ目かレンズが汚れているのかなあと思ってましたが、徐々に
それは進行していき、今では本を読む時は裸眼になってしまいました。
ああぁこれが老眼かあ。裸眼だと普通に見えるので、まだ老眼鏡は
必要ありませんけど、段々と弱ってくるのでしょうね。こうなると遠くが
見えるようになると思いますが・・・遠くは相変わらずメガネがないと
見えないのです。なるほど遠近両用メガネの必要性が理解できました。

木工で飯を食っていた若い頃は、近距離がよく見えました。裸眼で0.1mm単位
調整ができました。スケールの目盛りが太く見え、線の外側合わせにするか
内側合わせにするかで誤差が出るので統一していました。
今はキズミ(拡大鏡)がないと無理ですね。

そうか。最終的にシンプルな3針(2針)時計に落ち着くのはこういうことか。
クロノグラフの細い針や目盛りは、いつか見えなくなるのですね。寂しいなあ。
そう考えると、ダイバーズの太い針と大きなインデックスは視認性も高く
老眼にも優しいのでは。多少ピントが合わなくても時刻は分かります。

想像ですけど、歳をとって筋力が落ちてくると、ダイバーズの重さが辛く
なるのかもしれません。ダイバーズをつけているお爺さんはカッコいい
と思うのですけど、今まで見たことがありません。

少しずつですが皮膚の老化も感じますね。だんだんと薄くなっていくよう
ですが、私も若いころにくらべて皮膚が弱くなったなあと感じることがあります。
強い圧迫や衝撃があるとすぐに赤くなります。今は大丈夫ですが、そのうちに
ステンレスベルトの肌当たりも辛くなるのかもしれません。

デザインの好みも変わってゆくけど、身体の変化により選ぶ時計も変わるのです。
やはり軽くて視認性の高いミリタリーが残るのかな? それとも見えなくても
クロノグラフを使い続けるのか。先は分からないけど、いつまでも時計で
ワクワクニヤニヤできたら良いなあ。時計は身につけることでテンションが
上がるアイテムであって欲しい。
時計思考 | Comments(18) | Trackbacks(-)

金無垢時計っていつ使うの?

私は金時計を持っていない。
正確には、金メッキ側の部品取りは持っているが、可動していつも
使ってるレギュラー時計のなかに金側は無い。

もちろん金は、貴金属としての価値があることは知っています。(今現在1g≒4700円)
残念ながら資産として金を買うような余裕はありません。

色の好みも大きいとは思うけど、やはり金には色んなイメージが付きまとうのです。
金は富と権力の象徴です。有名なところではツタンカーメンの黄金マスクや金閣寺など
がありますね。金は通貨しても昔から信頼の高いものでした。外観も磨けばピカピカに
光ります。化学的腐食に非常に強いので、その輝きは半永久的に持続します。

ほとんど変化しない安定した性質で、地質学的に地球上にある採掘可能な埋蔵量は
限られている(一辺が20mの立方体に収まる程度)と考えられています。
他の星から金を大量に持ち込んだり、錬金術が完成しない限り、価値が下がることは
ないでしょう。相対的な貨幣価値は物価ともにこれからも上昇していきます。

金無垢時計は、その安定した価値を転用したものです。どんなに酷いデザインでも、
精度の全くでない機械でも、金の含有量だけの価値は保証されるわけです。
永遠の素材を使い、その力にあやかりたい気持ちはなんとなく理解できます。

そもそも純金は柔らかすぎて時計の側やベルトに加工することに向いてない素材です。
だから他の金属と混ぜて強度を出しています。金には及ばないですが、比較的
安定したステンレスは、鉄にクロム・ニッケルなどを混ぜた合金です。ステンレスは
現在の腕時計の主流となっている金属です。また最近では表面硬化技術が発達して、
柔らかくて使いにくかったチタンも非常に硬くすることができ、傷のつかない軽量な
金属として腕時計にも多用されています。

細かい機械的性質については、今回はあまり関係がないので省略します。
金と安価な金属(ステンレス・チタンなど)が大きく異なるのは、見た目と重量です。
黄金色の輝きは、人々を魅了します。私は金のアクセサリーを身に着けようとは思いません
が、単純にその輝きは美しいと思うのです。

日本人は控えめで、たとえ人に誇るようなものがあったとしても、ひけらかすことなく
内に秘めておくことを美徳とします。また手の込んだモノやこだわったモノでも、一見して
わからない内側に凝ったり、よくみないと分からない細工を施すことが粋だったりします。

男性に許されるアクセサリーは、腕時計と結婚指輪です。もちろん他のアクセサリーも
つけている方もおられますけど、一般的にはこの2つだけという方がほとんどでしょう。
その結婚指輪も金を使う男性はほとんど見かけることがないと思います。おそらく
見た目で金色は避けているわけです。

では、金無垢の腕時計はどうでしょう。
金額の話は置いておいて、パテックフィリップのカラトラバや、セイコーの初代グランドセイコー
のような、線の細いケースデザインなら上品な感じがして使うことも抵抗がないかもしれません。
それでも爽やかなイメージはなく、ずいぶん落ち着いた感じになり、あまりカジュアルな装い
に向いてるとは思えません。これは使う人のセンスと技量しだいなのでしょうけど。

防水ケースで押しの強いデザインの金無垢時計だとどうですか?
分かりにくいなら、例えばロレックスのデイデイトとかデイトジャストの金無垢を
会社につけていくことができますか?自意識過剰な私には絶対に無理なのですよ。
金無垢時計をいつ使うのか、庶民の私には謎なのです。周りにもそんな人はいませんからね。
さらに宝石入りなんて・・・アラブの石油王がつけてるイメージしか浮かびません。

パテックフィリップやロレックスなどはブランド力があり、投資のために購入する人
も多いですから、購入しても使うこともなくそのまま価格が上がるまで保管しておくモノ
なのかもしれません。

時計マニアでなくても、目立つ腕時計は視界に入ります。営業の人は絶対に派手な金無垢時計
なんてつけないでしょう。それは大多数である庶民のイメージが良くないからです。
いやらしい、下品、威圧感、嫉妬・・・などのネガティブな感情を抱くわけです。
しかも日本人はその感情を表に出したりすることはありません。このイメージは正しいとか
間違っているという話ではなく、長年染み付いているイメージなのでおいそれと払拭できる
ものではないのです。

派手な金無垢時計をつけている人は、庶民の生活圏には入ってこないのでしょう。
普通に真面目にサラリーマンをしている人には縁のない世界があるのだと思います。
そして夜の街でオネーチャンはべらせて金無垢時計の自慢をしているのでしょうか・・・
もちろんこれは私のイメージですけど。

権力者が使ってきた金を、庶民が使いこなすのは難しい。
500gの金塊は約235万円です。サラリーマンだって買えないモノではありません。
しかし資産として保管するくらいしか庶民にはできないと考えます。
時計思考 | Comments(10) | Trackbacks(-)
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより高品質
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER NATO G10 ナイロン製ミリタリーウォッチ 替えベルト 時計バンド ストラップ PVD加工ブラックバックル グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ