2016年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月

これもいいなあ DUFA ヴァルター・グロピウス DF-9001-03

こんにちは。
GWはじまりましたね。
いかがお過ごしですか。私はすでにスケジュールがいっぱいです。
まあ・・・ほぼ家族サービスで趣味の時間は夜だけです(泣)
割り切って仕事の疲れをリフレッシュしようと思います。



今回も前回のつづきで、気になる現行時計について

DUFA ヴァルター・グロピウス DF-9001-03


http://www.deutsche-uhrenfabrik.de/
DUFA公式 webページ
http://www.ueni.co.jp/dufa/
ウエニ貿易 webページ


これはカッコいい。先日からカッコいいを連発してますけど、自分の琴線に触れるモノ
はあまり多くありません。まとめて記事にしているだけなのです。

まあはっきり言って、STOWAのANTEAなんです。いわゆるバウハウスデザイン。
使い古されたデザインでいくつかのドイツメーカーが採用してるデザインです。

https://www.stowa.de/
STOWA公式 webページ

違うところは

ANTEA    機械式   価格:980ユーロ≒120,000円 ケース径:35.5mm
DF-9001-03  クォーツ  価格:32,000円       ケース径:38mm

見た目は同じでもターゲットが違います。
正直言うと、もっとSTOWAが安かったころにANTEAの購入を考えたことがあるのです。
日本正規代理店があるため本国に直接オーダーできなかったので諦めたんですけど・・・

話が逸れそうですね。それだけこの文字盤は好みだということです。

このDUFA ヴァルター・グロピウス が良いところは文字盤です。
この数字インデックスはすべて植字なのです。これは手間がかかるので、今では高級モデル
にしか採用されません。ANTEAはプリントです。プリントでも実用的には問題ないけど、
やはりインデックスが浮いてる方がカッコいいんです。

少しケース径が大きいからか、クォーツムーブメントが小さいからか、スモールセコンド
が6時インデックスとカブってないため、全てのインデックスが表示されます。
これもポイント高いです。ANTEAは6時インデックスがないのです。

DUFAのロゴマークもカッコいいですし、この文字盤と価格なら買ってもいいかなあ。
あとはクォーツの秒針の動きが気になるかどうかですねえ。それにクォーツムーブメントの仕様が
知りたいところです。ネットで一通り検索しましたが不明です。裏蓋開けた写真もありません。
そりゃ手巻き機械のほうがいいですよ。ANTEAは裏透けなので機械を眺めてウットリできますし。
今となっては価格的に無理ですけど。

ケースも本当はANTEAのようにエッジの効いた形状のほうが好みですけど、まあこれはこれで
有りかな。針も多分青焼きでなくて塗装でしょうね。これも仕方ないです。


しかし、このメーカー(企画屋?)は謎ですね。
一通り webページを読んだのですけど、会社の情報が全くありません。
DUFAの歴史は151年と書いてるけど、いわゆるゾンビメーカーなんですかね?
メーカーにはこだわりないんですけど、会社概要くらいないと怪しいですよね。
商標だけ買い取った形だけ会社なのかなあって勘ぐってしまいます。

MADE IN GERMANY と書いてるくらいだから、少なくとも最終組み立てはドイツなはず。
会社の住所も、会社の写真も製品の組み立て風景も・・・すべてありません。
STOWAみたいに、ここアピールすると良いと思うんですけど・・・ね。

あと、巨匠の名前を商品名にするのって・・・なんだかなあ。
本人がデザインした時計ではないし、本人が手がけた作品にならってるわけでもない。
あるハウスメーカーがフランク・ロイド・ライトの名前つかってのですけど、恥ずかしく
ないのかなあって思うんです。ライトの建築には程遠い・・・
この分野を知らない人は、全く気にしないか、その巨匠のブランドネームに安心してしまう
んだろうなあ。なんだか狡さを感じます。


言いたいこと書いてしまいましたが、時計そのモノはカッコいいですよ。
ダニエルウェリントン的な戦略が気になるだけです。

先日のKnot AT-38 と同じく久し振りに現行時計で欲しいと思いました。
これも時計店に実物を見に行ってみます。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
徒然 雑文 | Comments(4) | Trackbacks(-)

これはいいなあ Knot 新製品 AT-38

こんにちは。
最近、買ってもない時計を、ああだこうだ言う記事ばかりでスイマセン。
作業・撮影時間がとれないのもありますけど、やはり気になるんですよ。
どんな時計がどのように売れているのか。現行時計の動向が知りたいのです。

定期的にメーカーwebページも巡回をしています。
先日Knotから新しい時計 AT-38 が発表されたようです。

AT-38

Knot webページより転載させていただきました。
http://knot-designs.com/automatic-teaser-page.html
http://knot-designs.com/collection/watch/automatic/automaticwhite.html


おお。これはカッコいい。
第一印象の素直な感想です。Knotのこれまでの時計は元ネタがあからさま過ぎて
萎えてしまったのですけど、これはオリジナルっぽい。
しいて言えば、オメガのアクアテラ、ハミルトンのジャズマスターに似てる文字盤
だけど、ケース・針含めて時計全体では似ていない。

それぞれの部品がシンプルでありきたりな形。それらを組み合わせた時計なので
インパクトがなく印象に残りにくいデザイン。だけどキレイにまとまってる。
そんな時計のほうが飽きがこなくて疲れない。

なんとなく昔のシチズンって感じもあります。
レオパールノンデイトに雰囲気似てる。

いいねこれ。

シャープで長い長短針。この針の形はキレイですね。素敵。
秒針の端の丸(KnotのO)が気になるけど、これはアイデンティティだから仕方ない。

文字盤は特筆することがありません。ここまでシンプルだとAUTOMATICの文字が目立って
気になるくらい。これは重箱の隅つついてるだけだなあ。
写真だとベースの処理が分かりにくいけど、青色の写真みるとサンレイ仕上げなので
おそらく白色も同じ仕上げなはず。淡いサンレイ仕上げだといいなあ。

ケースも最小限の面で構成されています。これは写真だけだと判断できないけど
キレイな形だと思います。ケース径38mmはポイント高い。セイコーも見習ってほしいわ。
公式webページの動画を見ると、さらにケースは小さく薄くできそう。今の流行りから
この大きさに決定したのでしょうけど、ケース径36mmくらいでも良い気がします。
どのくらいまで薄くできるかは分かりません。確かに径と厚さのバランスもありますよね。
このモデルはケースも日本製でザラツ研磨仕上げらしいので、現物を見てみたいです。

機械は MIYOTA 9015 なので安心ですね。私は使ったことはありません。
まだ歴史の浅い機械ですけど、良くも悪くも世界中で使われています。
セイコーの6R・4Rと比べて、薄くて小さいのが良い所。
ちなみに6R:径27.4mm 厚さ5.32mm  9015:径25.9mm 厚さ3.9mm
巻き上げ効率はマジックレバーのほうが良いと思いますけど、
小さな時計がつくれるアドバンテージは大きい。

いいんだけど・・・だけど・・・カレンダー付いてるんだよなあ。
これでノンデイトだったら本当に購入を考えるんだけど。
MIYOTA9015ってノンデイト用はないのかなあ。ないのなら仕方無い。
無理やりノンデイトにすると幻のリューズ一段目ができてしまうんだよね。

このデザインだとステンレスベルトもあるといいなあ。
夏場はステンレスベルトの方が快適だし、需要もあると思います。

久し振りに時計店に見に行ってみよう。


今後もこの価格帯の機械式時計のラインナップが増えると、セイコーの対応も楽しみですね。
SCVS001から始まるスピリットメカニカルシリーズがあったころは、定価40,000円とかなり
安かったのですが、いまや同じ6R搭載機でも定価100,000円の時計になってしまいました。
もちろんこれはガワの品質が違います。同品質で定価50,000円も時計もまだあります。
だけど高級でデカ厚な方向に進んでいることに間違いはありません。
knotがつくる流れが大きくなると面白くなりそうです。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

徒然 雑文 | Comments(6) | Trackbacks(-)

おすすめ時計書籍(その9) 機械式時計 解体新書

こんにちは。
新学期が始まったと思ってたら、もうGWですねえ。
今年は休みをつなげると10日連休になるところもあるらしいです。
ウチはカレンダー通りですけどね。
まあいいんです。休みが長くてもキリがないですし。
いまは日中、ずーっと時計をいじるなんて不可能ですから・・・



さて今回はこの書籍の紹介です。

機械式時計 解体新書―歴史をひもとき機構を識る

大泉書店
売り上げランキング: 82,594


有名な本間誠二氏が監修し、2001年に出版された書籍です。
本間氏は数年前に現役を引退してお店をたたまれましたが、日本の
時計業界を時計師として牽引されてきた方。その知識はとてつもないのです。

その本間氏が監修した書籍なので間違いはありません。

ここ数年で時計の機械を解説した書籍も増えたのですけど、これはその走りですね。
機械の全体を眺めても複雑怪奇で訳がわかりませんが、機講のひとつひとつを
立体的な絵とともに分かりやすく解説しています。

最終的には自分で分解組立をしてみないと理解できないこともありますけど、
初心者が初めて読む時計解説本としては最適だと思います。

基本的に広く浅くの内容です。
時計の歴史に始まり、メインの時計機構解説。3針のスタンダードな時計はもちろん
カレンダー、その他複雑な機講も簡単ですが解説があります。
機械式時計以外にもクォーツやキネティックなどの機構についての解説もあります。

初心者には少し難しい内容ですけど、基礎的な部分や用語から順番に解説されている
ので最初から最後まで読むと、時計の基礎が一通り学ぶことができるようになってます。
そのときは分らなくても繰り返し読むことで、知識を定着していくような書籍です。

最終章の各ブランド紹介はいらないと思うけど、多分これは大人の事情なんでしょう。
初心者がさらりとブランドを知るには便利かもしれません。

整備のプロや上級者には物足りない内容ですけど、整備を始めた初心者・中級者には
知識を補完できる書籍です。意外に大事なことを忘れてることもあるので、一度読んで
みることをオススメします。

税込1,728円ですけど、充実した内容なので損はさせませんよ。



本間氏監修の書籍は2013年にも出版されてます。



内容は『機械式時計 解体新書』と大部分重複します。
もちろん全く同じではなく専用工具の紹介などが追加されています。
書籍サイズが大きく、カラー写真が増えて見やすくなりました。

税込2,160円と少し高くなりましたが、それよりもブランド紹介がかなり増えて
半分は雑誌の時計カタログのようになってます。大人の事情で仕方なかったの
でしょうけど、盛り沢山の時計機構解説に期待していた人はガッカリするでしょう。

最新のブランド時計を知りたいなら、こちらでいいと思いますが、
必要ないなら『機械式時計 解体新書』のほうをオススメします。
書かれた時期がかなり違いますが、機械式時計の構造は変わらないので
ほぼ内容が同じなのです。すべて集めないと気が済まないなら止めませんけど、
普通はどちらか一冊買えば十分です。



本間氏が現役のとき、『世界の腕時計』というムックに時計記事が連載されてました。
これがマニアックな内容で非常に面白かったんです。工具の解説から手入れなど
時計師ならではの内容。我流の私は目からウロコでした。
かさばる本な上、絶版なので全てを読んでないんですけど、これを再編集した書籍を
発売してくれたら絶対に買います。いまだ出版されてないということは連載数が少なくて
ボリューム不足なのかもしれません。もう少し当時の連載号を探してみようと思います。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ


書籍 | Comments(2) | Trackbacks(-)

はじめて買ってもらった時計 アルバ フィールドギア

以前、はじめて買った機械式時計という記事を書きました。
これはつい数年前の出来事です。

ポケットベル(懐かしい)を持ちはじめた頃から、腕時計をしなくなりました。
なんとなくですが1990年頃から家電などにデジタル時計が標準装備になった
ような気がします。もっと前からデジタル表示の腕時計はありましたけど、
なんにでもデジタル時計が埋め込まれるようになったのはこの頃からかなあ。

私には20年ほど、腕時計をつけてない期間がありました。正確には1つ持っていた
のですけど、試験の時などに使うだけでした。


今回は、はじめて買ってもらった時計の話。

昨日、実家に帰りました。まだあの時計は引き出しに眠っていると思ってたので
結構楽しみだったんですけど、結局見つかりませんでした。
電池はきれていたけど、故障はしてなかったはずです。あまり記憶にありませんが、
まだ使えたので甥っ子にあげたんだっけ。うーん残念・・・

中学生の時に、はじめて買ってもらった時計。
それは『アルバ フィールドギア クロノグラフ』


フィールドギア A2 フィールドギア A1


写真は、オークファン検索結果(ヤフオク落札データ)からの転載です。
http://aucview.aucfan.com/yahoo/t449368655/

小学生のときも腕時計をすることはありましたけど、家にあった時計を借りて
つけていたと思います。中学生の時にお土産でタイメックスの時計も貰らいました。
はじめて自分で選んだ時計は上記のアルバでした。

これリューズを回すと、時刻表示とストップウォッチの切り替えができました。
針がグルグルと早送りされ切り替わる様は最初衝撃でした。まあストップウォッチ
なんて最初だけで使わなくなるのですけど、下の積算計 兼 24時間計や、タキメーター
の表示がカッコ良かったんです。押しボタンも沢山ありますしね。
この文字盤デザインで購入を決めたと記憶しています。

ケースはベゼル一体の大量生産向きの形状で特筆することはありません。アルバは
低価格帯の時計なので仕方ないところですね。
1980~1990年代の時計には詳しくないので良く分からないのですが、この当時は
いぶし仕上げのゴールドが流行っていたんですかね。

ああ。なんだか久しぶりに手にしたくなりました。
甥っ子に聞いてみよう。大事に使っているのなら、それはそれで嬉しいので良いけど。
もし使ってないなら、数千円の現行時計と交換してもらおうかなあ。
多分これを使うことはないけど、メモリアルアイテムとしてとっておきたい。

皆さんがはじめて買ってもらった時計はなんですか?
その時計を見るとよみがえる記憶もあると思いますよ。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

徒然 雑文 | Comments(10) | Trackbacks(-)

どうなるチープ時計ブーム シチズンQ&Qの新展開

少し前にチプカシ(チープカシオ)の記事を書きました。
チープカシオと双璧をなすのがシチズンのQ&Qです。

どちらも昔からホームセンターや家電量販店などで売られていた激安時計。



これ実売1,000円です。工賃高い店だと電池交換すると新品が買えます。
エネルギーの無駄使いですけど、使い捨てされることも多いのでしょう。

このQ&Qが2014年から発売してるのがQ&Q SmileSolar(スマイルソーラー)
これは名前のとおりソーラーセルで充電されるシステムで電池交換が不要です。
耐久性はわかりませんが、おそらく機械自体は電池交換数回分の期間は壊れないと
思うのです。世界のミヨタですから。

[キューアンドキュー スマイルソーラー]Q&Q SmileSolar 腕時計 グレー RP00J004
CITIZEN Q&Q(シチズン Q&Q) (2014-06-25)
売り上げランキング: 3,490

販売価格4,000円

ダイバータイプもあります。あくまでタイプです。20気圧防水なので水仕事にも
使える程度です。


販売価格6,800円


チプカシや従来のQ&Qと違うのは、かなりデザインに力が入ってること。
立ち位置はスウォッチに近いですね。価格はスウォッチの約半分くらいですが。

これが吉とでるか凶とでるか。90年代初めのスウォッチブームは終焉しました。
今でもスウォッチは発売されていますけど、以前の勢いはありません。
こういうデザイナーの作為が見えるチープ時計が受け入れられるのか。

チプカシやQ&Qの時計は作為が見られない実用性重視の時計。この素っ気なさがうけて
いるのかなあと思ってました。もちろん信頼性と激安価格も大きな理由でしょう。


仮に電池交換が2年に1回だとすると、3回分の6年使えば元がとれる感じですか。
毎日使っているとプラスチックの状態はどうなんでしょうね。
いやいや。そうではないですね。
電池交換が必要なチープ時計は使い捨てにされる可能性があります。でもソーラだと
動き続けている限り、外装ベルトが著しく損傷しない限り使ってもらえるってこと。
これは今の時代に即したメリットだと思いますよ。

うーん。でもこれは難しいかもなあ。どちらにしてもチープ時計は何十年も使えるモノ
ではないし、みんなそう思って買っています。そこに電池交換不要というメリットは
伝わるのでしょうか。


~6,800円なら、オジサンはこれ買っちゃうな。



同じく6,800円でステンレスケース、ハードレックスガラス、メッチャ頑丈な機械。
もちろん電池なんて不要。文字盤もカッコいいよ。
涼しげでこれからの季節にピッタリだと思うけど・・・


えっ?そうじゃないの。
わかってない?
そうかあ。
やはり若者の価値観を理解するには歳をとりすぎたようです。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

徒然 雑文 | Comments(6) | Trackbacks(-)

元祖キラキラウォッチ ウィークリーオートオリエントAAA 30石

ウィークリーオートオリエント30 A3


今回はウィークリーオートオリエントAAAです。

AAA(スリーエース)シリーズのベースになったフルオートカレンダーは
機械がセイコー製で、いわゆるOEM製品です。その後継モデルなので
機械も同じくセイコー製です。マジックレバー式の自動巻。

OEM製品というのは、供給側(オリジナル)のほうが評価されても
仕入側の製品は必ずしも評価されません。特にマニア受けは悪い印象です。
現在では機械OEMは当たり前で、ETAの機械は有名で多くのブランド時計
に採用されています。面白味はありませんけど、安定した性能と
確実な部品供給というメリットがあります。

オールドオリエントの中でも地味な存在だと思います。でも普及機で当時の
主力製品だったので販売数は多かったのでしょう。現存数も多く簡単に手に入ります。


ウィークリーオートオリエント30 A1


AAAシリーズは非常にバリエーション豊富で、今でも見たことがないモデルに出会います。
やはり19、21石のベーシックなモデルがほとんどで、25~35石モデルは数少ないです。
私は普及機が好きなんですが、このAAAシリーズは多石モデルのほうが面白いのです。

言い方が悪いですけど気合入れすぎなんです。多石モデルは高級。日本の工業製品で
高級モデルは全部のせなんですよ。買う側も「良く分からんから一番高いヤツにしといて」と
いう人がいますよね。メーカーも・・・・少し話がずれてきました。


ウィークリーオートオリエント30 A4


AAAシリーズの多石モデルは装飾華美なモデルが多いんですよ。
ベーシックモデルも含めて、ロレックス模倣でフルーテッドベゼル(ギザギザの外枠)
採用のモデルが半分くらいあります。それだけで十分華やかになるのですが、
この30石モデルはさらに周囲ダイヤカット入りの風防なので、やたらとキラキラするのです。
なんというか昭和的な少々クドイ豪華演出で、やぼったいんですけど妙に魅かれます。

そう言えば昔あったレアなシールはキラキラしてましたよね。気付かないうちにキラキラは
良いモノと刷り込まれているのかもしれません(笑)

逆に文字盤は控え目です。インデックスはキラキラしてますけど小さいですし、針も細身の
夜光入りのドーフィン針。針はもう少し太くても良い気がしますが、インデックス端に
届くほど長いのが良いですね。
この控え目さがガワの装飾と上手くバランスをとってるのかもしれません。


ウィークリーオートオリエント30 A5


特筆すべきはカレンダー窓です。高級機だとやたらに凝った窓枠がつくのが普通。
これは実に美しい処理だと思います。内側にビシっと面が切ってあり日付と曜日の仕切り
の処理も見事。装飾枠がなくても安っぽくない。
これもロレックスの模倣なのは分かっているのです。ただロレックスには横並びのデイデイト
はないので独自アレンジかな。

ロレックスと同じくサイクロップレンズが付いていたのですが、バランスが悪く見えるし
窓枠の処理が良く見えるよう削り落してしまいました。オリジナルのダイヤカット風防は
稀少なんですけど、状態があまり良くないのでまあいいかなと。


ウィークリーオートオリエント30 A2


ケース径は37mm(リューズ含まない)、全体厚さは約12mmとオールドビジネス時計としては
かなり大きめです。この厚さですから全体にコロンとした印象です。


今回タイトルの『キラキラウォッチ』って私が勝手につくってみたんですけど、ググって
みるとすでにありました。(笑)ラインストーンをちりばめたものすごい時計が。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

オリエント | Comments(4) | Trackbacks(-)

祝1周年 決意表明メモ

ロードマチック H1


今日でブログを書きはじめてちょうど1年になります。
そしてブログ記事150回です。

残念ながら何の特典もありません。


読んでくださる皆様。ありがとうございます。
皆様のコメント・拍手・ランキングバナークリックは大変嬉しく、
私の原動力になりました。感謝感激でございます。


なんのプランもなく突発的にはじめたブログ。
夏休みの宿題の日記も8月末に泣きながら書いていた私にできるのだろうか。
3日坊主にだけはならないように。以下のルールだけ決めました。

・記事は時計関連ネタのみとする。
・1週間以上休まない。
・ネタがない時は無理に書かない。

これは100回目の記事でも書いたことですが、今は

・記事は時計関連ネタのみとする。
・基本平日、2日に1記事。完成度低くてもとりあえずアップする。

となっています。

『継続は力なり』
若い時にはやりたいことがたくさんあって、つまみ食いばかり。長く続けて
いることがなかったので、今ではこの言葉が身にしみるのです。
なんでもいいので継続してできることを探していました。

365÷150=2.43333
とりあえず平均して3日あけることなく書くことができました。
日曜日はPCを立ち上げることがほとんどないので、週3回ペース。
私にとってはこのくらいが、無理がなく記事のクオリティも保てるペースです。
もっと多くの人に見てもらえるためには毎日更新が必須なんでしょうけど、
疲れてやめてしまったら本末転倒です。

次の1年も継続していこうと思ってますけど、全く同じことをしても進歩が
ないので、いくつか考えていることがあります。まだ計画段階ですが。

・もう一本別のブログを書いてみる。
 本当はこっそりはじめたかったんですけど、これずいぶん前から考えていた
 ことで、いまだに動けていません。ここで公言すれば少しは強制力も働くかなと(笑)
 内容は時計以外のことです。正直時計しばりだとネタが厳しいときがあるんです。
 生活してると時計以外のネタも溜まりますしね。一つのブログ内に詰め込む方法
 もあるのですけど、それだと新規で読んでいただける方が記事を検索するのが
 大変です。最終的にはいくつか異なるジャンルのブログがあって、それをリンクで
 つなぐ形にしたいと思ってます。

・レンタルサーバー借りてwordpressでブログ書く。
 わざわざ書くことではないんですけど、無料ブログではかゆいことに手が届かない
 こともあり。随時こちらに移行していこうと思ってます。これも参考書読みながら
 も実行できてないので公言してみただけです。
 無料ブログにもメリットがあって少々悩んでいるのですけど、すでにルーチンワークに
 なってしまってるので、新しいことして新鮮な気持ちになるのもいいかな。なんて。
 
・作業場の確保
 これもわざわざ書くことでもないのですが、今住んでる狭いアパートにどうにか机一つ
 のスペースを確保する。今までは夜中に居間や食卓に道具広げて終わったら片付け・掃除
 していたので、まとまった実作業時間がとれず非常に効率が悪かったのです。
 どうにか今年中に夢の作業場を手に入れたいのです。進展したら記事にしようと思います。


あんまり大きな目標にすると面倒臭くなるので、ほどほどでいいんです。
ブログなんて趣味なので、やるやらないも適当でいいんです。
でも性格上ある程度、制限と強制がないといつまでも動けないので
決意表明してみました。

いつでもツッコミコメント大歓迎です。
今後ともよろしくお願いいたします。


熊本をはじめ九州の惨状をみると、祝なんて不謹慎なのかもしれません。
被害にあった方々に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早い復旧を願っております。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

ごあいさつ | Comments(8) | Trackbacks(-)

これってダニエルウェリントンに似てるね 昨今の時計販売戦略

こんにちは。
まずは先日の記事の続き。

あれからコメントもいただき、さらに考えてみたのですけど。
そもそもフランク三浦の商標登録は必要だったのか。

大手通販サイトなどが正式に取り扱えるようにするために必要だったとのこと。
確かに商売が軌道のったとき第三者が商標登録してしまうと使用差し止めを
求めることができるため。その予防として商標登録するようですね。
法的には問題ないことでも心情的には、他ブランド力を利用してるのに
自分のブランド力は利用させない。なんだかズルイなあと思う人もいるでしょうね。

今日はこんなニュース記事がありました。
http://news.livedoor.com/article/detail/11414071/

フランク三浦、メッチャ受注があって在庫がなくなったそうです。
狙ってやったことではないと思いますが、みんなミーハーですね。

私も一時ネタのため購入を考えましたが、やはり冷静に考えて一発4000円は高い。
ジャンク数個買った方が楽しいし、ずっと使えるので思いとどまったのです。
やっぱり買っておいて今売ればよかったかも・・・ヤフオク落札相場が昨日から
急上昇だよ。転売屋も相当動いたんだろなあ。
なくなると欲しがる。私も含めてこういうパンピーが業界の養分なんでしょうね。
こういう思いをするたびに私は商売や株には向いてないと実感するわけです。

そうそうフランク三浦ってビーバレルと同じ会社なんですね。知りませんでした。



さて今日の本題です。

先日、ダニエルウェリントンってどうなの?という記事を書きました。
その後、流行のつくり方が気になって色々と調べていたら似たような
時計がヒットしました。

CLUSE(クルース)
http://cluse.info

今度はオランダ生まれだそうです。販売戦略的には大事な設定なんでしょうけど・・・
日本人が企画して、おそらく中国で作っていることには変わりない。
日本製クォーツも同じ(多分ミヨタ)つまりダニエルウェリントン(以下DW)の
二番煎じなわけです。価格もDWの実売価格と同じ12,000円くらいです。


ネット検索していると、同じようなビジネスモデルがいくつもありました。

ROSEFIELD
https://www.rosefieldwatches.com

The Horse
https://www.surfstitch.com/brand/the-horse

KAPTEN & SON
https://jp.kapten-son.com/

the fifth watches
http://www.the5th.co/


詳しく読んだわけではありませんが、似たような時計を似たような価格で販売
しています。会社についても詳しく調べたわけではないのですけど、
おそらくDW、クルースのように出来たばかりの会社のようです。
DWが売れてるようなので、雨後の筍のように発生したのでしょうね。

いまはネット社会で情報が早いので、物販戦国時代ですよね。
売れてる商品はすぐに知れ渡り、追従されあっと言う間に需要を食い潰してしまう。
リスクはありますけど、誰でも参入できるのです。ただし大きく儲けられるのは
先駆者のみ。多くの参入者はババをつかんでしまいます。

このビッグフェイスクラシック時計ブームはいつまで続くのでしょうね。
つくられたブームだと理解している会社は出口も見据えているはず。

チープカシオより少し上等なガワをつけた時計をチープカシオの5~10倍の
価格で売るわけです。しかも自分で製造するわけではない。ビジネスモデルとしては
美味しいのだと思います。でもそういうモノは決して定番品にはなりません。
ロングセラー商品というのは、どこか優れた部分があるのです。
おそらくそう遠くない時期にひっそりと終息するのでしょう。


前回の記事でも思ったことなんですが、男と女ではモノの見方が異なるということ。
私は時計愛好家なので参考になりませんが、一般的に男性の方がモノのスペックを
気にして事前に色々調べたりします。でも女性は直感重視で中身や性能は二の次。
もちろん例外もあると思いますが、販売戦略も全く異なります。

ターゲットが男性メインなのは、Knot(http://knot-designs.com/
      女性メインなのは、DW(https://www.danielwellington.com/jp/

どちらも精力的に雑誌に広告うってますけど、webページ内容を読むと違いがわかります。
Knotは時計の性能やつくりなど、多くのデータを掲載していかに優れている時計なのか
解説しています。女性もKnotの時計は気になるけど技術解説には興味ないでしょう。
対してDWは時計をつけたモデル写真がほとんどで、時計の技術的な話はありません。

マニアから見るとどちらも似たような時計です。安い国産ムーブメントを中国産のガワで
包んだ時計。でもターゲットで戦略が違う。Knotは男性を納得させるストーリーを創作
します。DWは憧れの人が使っているイメージをすりこんでいきます。

今後の展開も気になりますね。また大きな動きがあれば記事に書こうと思います。



今回の記事が149回目。
2015年4月18日にブログを始めたので、もうすぐ1周年なのです。
とは言え。何も用意してないし、次回記事もいつもと同じです。
カウントダウンです。
どうぞよろしく。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

徒然 雑文 | Comments(2) | Trackbacks(-)

思ふこと色々 6 (フランク三浦、ニューモデルSARX035の話) 

体調悪くて何日か休んだツケがまわってきました。
まだブログ書くくらいの時間はあるので大丈夫なんですけど、
いいかげんベルト交換【その4】を完成させないと・・・と思っています。

というわけで、今回は取り留めのない話をいくつか。


◇フランク三浦が勝訴 フランク・ミュラーの主張認めず

朝日新聞の記事です。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4D5K77J4DUTIL03M.html

「フランク・ミュラーも器小せえなあ」というのが素直な感想。
時計を知ってる人が見れば誰だってすぐにパロディって分かるし、分からない人
はフランクミューラーなんて買うことはないですし。誰がだまされるの?って感じ
ですよね。

テレビでも、フランク・ミュラーを買える芸能人があえてフランク三浦買うことで
笑いをとったり、逆にこれがカッコイイなんて語っていたくらいです。

これでフランクミュラーの評価が落ちるわけではなく、むしろ高級品であると
イメージが知れ渡ったと思います。フランクミュラーが有名な高級な時計で
ないとフランク三浦は面白くありません。

前にも記事に書いたように、偽物による知的財産権侵害することはダメです。

フランクミュラーもこういうパロディくらい笑ってスルーするくらいの余裕を
見せて欲しいもんです。フランク三浦を商標登録されたところで痛くもかゆくも
ないはずなんだけどなあ。



◇セイコー ニューモデル SARX035

SARX035

https://www.seiko-watch.co.jp/products/sarx035
上記セイコーWEBサイトより転載しています。


プアマンズGSという言い方は好きではありませんけど、狙いはそこでしょうね。
すでに定番となったSARB033の不満点をなくしてよりGS寄りになっています。


[セイコー]SEIKO 腕時計 MECHANICAL メカニカル SARB033 メンズ
SEIKO WATCH(セイコーウォッチ) (2008-06-20)
売り上げランキング: 134



・賛否両論ですけど、どうしても実用・カジュアル向きに見える夜光の廃止。
・一部で不評だった秒針端のダイヤ装飾の廃止。
・ラグ・ケースの段付きの廃止。(ケース変更)
・ベルトの品質向上。
・ケースの拡大 ケース幅38.4mm→40.8mm

内容的には少し前に発売されたSDGM003とだいぶカブっています。





どうなんでしょう。
目立つ違いは文字盤の放射模様とリューズのポッチくらいですかね。
細かく違うところはありますけど、価格といいラインアップ的にはカブって
いる商品ですよね。そのうちSDGM003が廃止される可能性が大きい気がします。


・・・ということで sarx035
形もカッコ良いし、デザインもセイコーらしくて保守的な安心できるデザイン。
でもなあ・・・なんで大きくするんだろ。SARB033は適度なサイズが良くて
細腕~標準の人には嬉しかったのに。40mmオーバーなんて腕回り18cmくらいは
ないとしっくりこないよ。まあこれは私の感覚の話ですけど。

あとは価格ですね。SARB033と同じ機械なのに価格は倍ですから。確かに品質は
上がっているのでしょうけど、実質的な値上げですね。SARB033がバーゲンプライス
なのかもしれませんが、6Rで定価10万円って・・・昔からのファンは高いなあ
って思うはず。これも時代の流れなんですかね。



今日の時計 ロードマーベル36000


ロードマーベル F1


私の腕回り165mm。ケース幅35mm。
このサイズ感がちょうどいいと思うんだけなあ。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

魅惑のミニッツマーカー シチズン カトラス

カトラス F1


またまたカトラスです。

セイコーのデザインは完成度の高いモノが多いのですが、その分振り幅が少なく
突出してません。全体に平均点以上って感じですかね。もちろん好きな時計も
たくさんあります。

その点、シチズンはものすごく惹かれるデザインが結構あるんです。逆にカッコ悪く
て全く欲しくならないデザインも多いんですけどね。つまり振り幅が大きい。
販売リスクは高いですけど、コアなファンがつくのはこちらですよね。

私はシチズンの中でもレオパールとカトラスのシリーズが好きでつい買ってしまい
ます。特にカトラスはデザインに特化しているのでカッコ良いモノや面白いモノが
多いのです。


カトラス F5


このカトラスは文字盤がカッコ良いのです。
インデックス(5分刻みのメモリ)がアプライドなのは珍しくありませんが、
ミニッツマーカー(1分刻みのメモリ)までアプライドなのは珍しいです。60年末
~70年初にシチズンでいくつか見られるデザインです。

この文字盤はレオパールも同じデザインがありますけど、カトラスの針のほうが
よりカッコ良いのです。長針の先端がミニッツマーカーにピタッと揃うので、めっちゃ
気持ちいいのです。針の幅も絶妙のバランスなんです。短針先端のスリットも素敵。

正直、ジャンク上がりなので文字盤の状態が良くありません。インデックスの白塗り
も一部はがれてしまってますし、なぜか文字盤に打痕があって表面がうねってます。
これはいずれ良い部品を手に入れて交換しようと思います。

実は手に入れたとき全ての針が白塗装されてました。キレイに塗られていたので
オリジナルかと思いましたが、少しでも触るとボロボロとはがれてきます。これはおかしい。
ジャンク上がりなので全部はがしてみました。すると長短針はヘアライン仕上げ、
秒針は鏡面仕上げと前回紹介したカトラスと同じ処理ではありませんか。
多分この状態がオリジナルでしょう。前オーナーが見にくいから白塗装したのだと
想像します。


カトラス F2


ケース形状も面白いでしょう。
ゆるーくラウンドした面で構成されたシンプルな形状ですが、端部をスパッと
切断された、いさぎよいデザインですね。正面から見ると大きく見える座布団
なんですけど、サイドは薄くそぎ落としているのでなかなかスタイリッシュですね。

ケースもジャンク上がりで状態が悪かったので、再研磨しました。
だいぶ戻したのですけど、やはりエッジはあまいです。デッドストックだと
稜線が美しいんでしょうね。


カトラス F4


風防は薄いプラ風防でベゼルがありません。これも全体的薄く見せる要因になって
ます。ちなみにプラ風防は内側リングのテンションで固定されるので、風防を
絞る工具がないと外れません。(ワンピースケースオープナー等)
風防もピカピカに研磨してやりました。


カトラス F3


このカトラスは白色文字盤もあるようです。もちろん欲しい(笑)
白のほうが実用性は高いですからね。

物欲は連鎖するので困ります。幸いカトラスはめったに出てくるモノではないので
助かってますけど。今欲しい時計っていくつあったっけ?(笑)
まあ物欲も毎日頑張る活力のひとつなのでいいんじゃないかな。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

シチズン | Comments(2) | Trackbacks(-)
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ