FC2ブログ
2018年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年03月
ARCHIVE ≫ 2018年03月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2018年03月  | 翌月 ≫

ふさわしい文章

こんにちは。
この記事でちょうど450回目です。
飽きっぽい私がよく続いてるなあと感心します。
定期的に文章を書いていると、文章の違いについて考えます。


今日では文章を手書きではく、スマホ・PCなどでテキストデータとして入力しています。
私はPCのメモ帳を使ってブログ記事を書いています。テキストエディタやワープロなど
文章を書くことに適したソフトは色々あるけど、結局1番単純なソフトになりました。

文字フォントやサイズ・配置で伝わり方が変わります。しかし私のブログは、文字に装飾や
意味をもたせることを特に必要としてません。引用文を強調する時に太字や色付きにする程度です。
使わせてもらっているブログテンプレートが、メイリオというフォントを使っているので、
特にこだわりもなく使い続けています。画面上でキレイに見えるので読みやすい。

テキストデータはどこにコピペしても使えてしまいます。
これが手書きと違う所ですね。

専用の筆記用具で便箋にしたためた文章とメモやホワイトボードに書いた文章。
思いの込め方、気合の入れ方、時間の使い方が全く異なります。
手書きだと見た目も違うため分かりやすいですよね。

デジタルのテキストデータは、見た目が全く同じです。簡単にコピーや装飾ができます。

ブログ記事文章、ビジネスメール文章、コメント・掲示板文章、個人メール文章、SNS文章・・・
私は全て違うと思っています。自分が書くとき、他の人からいただくときも意識しています。

例えば、私のブログのコメント欄。ここは私が管理している領域ですけど、全ての人がアクセスして
読むことできるところです。もちろん気軽に書き込んでもらって構わないけど、最低限のモラルと
個人情報などを考慮する必要があります。はじめての方は勇気がいるかもしれません。

最近よくいただく個人メールは、私以外に見ることはできません。しかし皆さん丁寧な文章を
書いてこられるので、私もそれに応えられるように返信しています。

携帯メール・SNSの文章は、手書きメモやホワイトボードに書く文章と同じだと思ってます。
妻にも「ちゃんとメール読んでる?」と怒られます。でも読んではいるのです。連絡事項など
返事が必要なときだけ、返信する程度です。ちなみにラインなどのSNSはアカウントすら持ってません。
既読機能があり、要はネット上の共有ホワイトボードなのに、なんだか面倒臭いなあと思ったままです。

もちろんこれは私の考え方です。
スマホではなくいまだにガラケー使っているオジサンですからね。

文章に上下はないけれど、丁寧さや適切な言葉の選び方の違いはあります。
気持ちが込められた文章には、同じく気持ちを込めて返信したい。

ホワイトボードをディスっているわけではありませんよ。
我が家の冷蔵庫にもホワイトボードが貼ってあり、主に伝達事項を書いてます。
こどもから拙いメッセージが書かれているとすごく嬉しい。


同じテキストデータだけど、投稿する場所によって書き分けているのです。
皆さんも意識はしてないかもしれませんが、当たり前のように行っていることでしょう。

デジタルのテキストデータは境界が曖昧で、個人の認識も手書きに比べてズレが大きい。
今一度、そのテキストデータを手書きで書くならばどんな方法だろうと想像してみて下さい。
ふさわしい文章がみつかると思いますよ。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
徒然 雑文 | Comments(2) | Trackbacks(-)

多機能クロノグラフ アルバ カリブ N944-7A40

アルバ カリブ A5


これってあの時計ですよねえ。

そうです。どう見てもオメガ スピードマスターのデザインを参考にしています。
よく見ると結構違うところがあるのですが、タキメーターベゼルと
ステンレスベルト、針のデザインが酷似してるので、スピードマスターに
見えてしまいます。


アルバ カリブ A7


この逆テーパーのベセル形状は、オメガ スピードマスターですよねえ。
ステンレスベルトは巻きベルトなので少々安っぽいですけど、同年代の5代目スピードマスターと
同じデザインです。風防はドームガラス。膨らみが大きめでプラ風防のスピードマスターを
意識したものだと思われます。

このアルバ カリブは、1992年製です。
昔は大手メーカーも人気時計のデザインを利用することが珍しくありませんでした。
良く言えばおおらかな時代、悪く言えばパクり合う時代だったのです。

私は専門ではないので良く分かっていませんが、1998年の意匠法改正で部分意匠が保護されるように
なったことが大きな変化だと思います。この頃からあからさまな後追いデザインが見られなくなります。
意匠権の効力は20年なので、スピードマスターやサブマリーナのようなロングセラー商品は
メーカーロゴ以外は模倣しても法的には問題ありません。
ただし立体商標の登録が認められると半永久的に保護されることになります。

話が脱線しました。


アルバ カリブ A6


見た目はオメガ スピードマスターに似ていても、中身は全く違います。
1983年にセイコーは世界初のアナログクォーツクロノグラフを発売しました。それから約10年
クォーツクロノグラフはさらに進化して多機能になりました。

リューズを回すことで、通常時計、アラーム、タイマー、ストップウォッチのモード切り替え
ができます。6時位置にモード表示窓があります。

12時位置はストップウォッチの1/10秒針、3時位置はデュアルタイム24時針
9時位置は24時針、センター針は通常時計では日付表示、ストップウォッチ・タイマーモードでは秒針。

通常時計モードでの永久秒針はありません。

このクロノ針配置は珍しいですよね。私はこの時計以外で見たことがありません。



===== リューズを回してモード切り替え =====

【通常時計】

アルバ カリブ A12

日付はポインターデイトとなり、三日月部分で数字を示します。
正直、これは時刻を読むのに邪魔になります。せめて針の色を変えて欲しかった。
針が太いので、長針と混同しやすいのです。ノンデイトか普通の日付窓で良かった気がします。
これで差別化したかったのかもしれません。

永久秒針がないのは寂しいですね。私の好みですけど。
中途半端なデュアルタイムつけるくらいなら、ここを永久秒針にして欲しかった。


【通常時計(アラーム有効)】

アルバ カリブ A1

セットした時間にアラームがなります。
アラームは電子音で「ピコーンピコーンピコーン」と鳴ります。
7T32等と同じ音色です。


【アラームセット】

アルバ カリブ A2

24時針があるので、24時間以内で1分単位でセットすることできます。
日付の指定はできません。


【針の0位置合わせ】

アルバ カリブ A9

普段は使うことはありません。電池交換のときに全ての針が12時を向いていることを
確認して必要なら調整します。


【タイマー】

アルバ カリブ A10

1分単位で60分までセット可能です。セットしたタイマー時間は何度でも使用できます。
センター針と1/10秒針が逆回転してカウントダウンする様子が面白いです。
残り3秒になると1秒ごとに「ピッ・ピッ・ピッ」と予告音が鳴り、0秒になるとタイムアップ音が
「ピーーー」と鳴ります。


【ストップウォッチ】

アルバ カリブ A11

1/10秒単位で12時間まで計測可能です。スプリット計測も可能。
モード切り替え式のクロノグラフは、計測できるまでタイムラグが発生するのが欠点です。
グルグルと全ての針が回る様子が最初は面白いけど、この待ち時間にイライラすることが
あります。やはりクロノグラフは常に待機状態であることが望ましい。



アルバ カリブ A3


オメガ スピードマスターにもボーイズサイズがありましたが、このアルバ カリブもケース径36mm、
厚さ10mmとコンパクトなサイズです。私のような細腕にはちょうどいい。

ドーム風防の雰囲気と相まって、見た目はすごくカッコいいのです。逆配置のインダイアルも
すぐに慣れて、6時位置のロゴもなかなか良いと思えてきます。

この精密な印刷が素晴らしいですね。特にタキメータの数字は小さく細いフォントですが
滲みがなくクッキリとしています。こういう精度の高い仕事があるから安っぽく見えないのです。


アルバ カリブ A4


プッシュボタン・リューズは普通ですね。ここもスピードマスターを模したのかもしれませんが、
これで良いです。変な段差や凝った意匠は必要ありません。


アルバ カリブ A8


クラスプもロック付きの普通のモノです。調整幅も大きく(7穴)使い勝手も良いです。



いまでも月に1~2本程度、ヤフオクに出品されますが人気モデルのため競合します。
程度が良いと10000円を超えてしまいます。これはスピードマスター似の N944-7A40 だけです。
その他のN944搭載機は底値です。1000~3000円程度で落札できます。このムーブメントの
機能だけ使ってみたいのであれば、7A40以外のモデルをオススメします。

とは言え、N944-7A40 はカッコいいですよね。おそらく今後、落札相場が下がることは
ないでしょうから、お得に買えるかも情報をひとつ。
この時計は電池がないと時刻・日付合わせはできません。リューズを引いてプッシュボタンを
押して調整する方式なので、リューズ引き回しのように機械的に噛み合っているわけではないのです。
電池が切れていると針は動きません。それを知らない人は完全にジャンクと勘違いするので、
安く落札できる可能性があります。ただし本当にジャンクの可能性もありますから、
絶対ではありませんよ。リスクを考えて勝負してみて下さい。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

セイコー | Comments(4) | Trackbacks(-)

気になる時計 19(セイコー プレザージュ SARA015)

こんにちは。
昨日、私の地元でもサクラの開花が発表されました。
今週はずっと温かい日が続きますので、今週末頃には満開になるのかな。
お花見楽しみですね。


さて今日は先日少しだけ書いたセイコー新製品の話。

SARA015(SJE073J1) 限定1881本 240,000円


気になる時計 A2

縦46.27mm x 横40.7mm x 厚さ9.76mm

写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seikowatches.com/global-en/products/presage/special/sje073j1/

一番気になるのは、まだ全容が明らかにされていない新しいムーブメント6L35ですね。
6Rはムーブメント厚さ5.32mm。6Rよりも1.3mm薄くなったので約4mmの厚さということ。

6Rが分厚いムーブメントなのです。4mmでもそこまで薄いムーブメントではありません。
2010年に発売されたミヨタ9015は、3.9mmです。何年か前に廃盤になったセイコー4S15は4.17mm

もちろん巻き上げ構造も効率も違うでしょうから、一概に比較はできません。
7S、4R、6Rに採用されているマジックレバー方式は、構造上厚くなりますけど巻き上げ効率が
高く、完全停止状態からでも2~3回降るだけで動き出します。機械自体の耐久性も異常に高く
メンテナンスなしでも何年も動き続けます。

まだ新しいムーブメント6L35の詳細がわかりませんが、薄さ以外6Rと同等であれば素晴らしい
ですね。今現在分かっていることでは 6R15 に比べて、振動数は上がっています(8振動)が
パワーリザーブは減っています(45時間)


こちらは限定モデルではありません。

SARX055 
気になる時計 A5
縦46.3mm x 横40.8mm x 厚さ11mm

写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seiko-watch.co.jp/products/sarx055

ケースはチタン製なのですけど、デザインはほぼ同じです。
6R15搭載で、130,000円


こちらも限定モデルではありません。

SARX033
気になる時計 A4
縦46.3mm x 横40.8mm x 厚さ11.5mm

写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seiko-watch.co.jp/products/sarx033

デザイン少し違いますが、ステンレスケースです。
6R15搭載で、100,000円



SARA015は、新しいムーブメント、ザラツ研磨ケース、1.3mm薄いケース、青焼き針、
特殊構造ケース(上入れネジ込みベゼル)が違います。でも見た目はほぼSARX055と同じ。
普通の人なら見分けがつかないでしょうね。まあ限定ということで完売するのだと思いますが。

     気になる時計 A3
写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seikowatches.com/global-en/products/presage/special/sje073j1/

1881本の限定なのですから、もっと思い切ったデザインにすれば良いのにね。
薄さだけでなく径も小さくすれば良かったのに。上記写真をみるとケースに対して
ムーブメント径がいかに小さいかわかるでしょう。さすがにこの価格になるとプラスチック
スペーサーではありません。流行りや売上的に仕方ないのかもしれませんが、なんとも
大味な設計だなあと思ってしまいます。

6L35は今後随時採用されるムーブメントだと予想されます。6Rベースですが、6Rにまとわりつく
安いイメージを払拭したいのでしょうね。



ローマ数字アプライドインデックスの SRPC83J1
オレンジ文字盤の復刻サード SRPC95 も気になるのですが、今日はここまで。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

2018 バーゼルワールド セイコー

こんにちは。
今年もバーゼル始まりましたね。

私には縁のない華やかな展示会なのですが、一応主要メーカーの出品物はざっくりチェックします。
特に毎年ダイバーズを購入しているセイコーは細部までチェックして情報を集めます。
今年の製品のほとんどはここで一般発表されます。

クレドールやGSのショーモデルがメインなのでしょうけど、私が興味があるのは
ダイバーズですね。新開発の薄型ムーブメント キャリバー6L35積んだSARA015も気になる
けど、内容が分散しちゃうので今日はダイバーズの話のみです。(外胴モデル除く)



セイコーダイバーズの目玉は、1968年に発売された300mダイバーズの復刻。
SBEX007

バーゼル2018 A3

写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/sea/marinemasterpro/sbex007

サイズ:縦51.4mm×横44.8mm×厚さ15.65mm

忠実に再現した復刻ですけど、55万円はどうやっても捻出きません・・・
でも気になる時計です。見るだけも良いけど1500本限定なので、私の住んでる田舎では
入荷もしないのでしょうね。また転売屋とマニアの予約合戦なのかな。

最近気がついたのですが、搭載される8L55ムーブメントって3針なのに37石も入ってる
のですね。国産機械式時計全盛期の多石競争のようです。気合入ってますね。




これも1968本限定です。
SBDX021

バーゼル2018 A2

写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/sea/marinemasterpro/sbdx021

サイズ:縦50.5mm×横44.3mm×厚さ15.4mm

2000年頃に発売されたSBDX001(後にマイナーチェンジしてSBDX017)の色違いです。
屋久島をイメージしたカラーだそうです。なんだか後付っぽいですね。
緑色は好きな色なので気になるけど・・・32万円は無理です(笑)ははは。

限定だし仕方ないけど、それよりもこの限定と入れ替えに SBDX017 が
カタログから消えています。SBDX001の頃から少し大きいけど欲しいなあと思いながら
結局お金が貯まることはなく買えませんでした。SBDX001なんて販売終了間際には
実売14万円くらいだったので、今から考えると無理してでも買っておけば良かったかな。

文字盤のマリーンマスターの文字が消えたのが残念ですね。



これが一応本命のダイバーズ。
SBDC061

バーゼル2018 A1

写真はセイコー公式webサイトからの転載です。
https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/sea/diverscuba/sbdc061

サイズ:縦50.96mm×横44mm×厚さ13.05mm

1968年に発売された300mダイバーズを現代アレンジされたモデル。
前回のファーストダイバー復刻と同じ売り方です。針もブレスも使いまわしですね。

あまり気合が入ったモデルではなさそうだけど、見た目は良いと思うのです。
似合ってない針を変えれば化ける気がします。ベゼルの数字フォントがすごく好きです。

ずっと気になっていたサイズが公式発表されました。うーんやっぱりラグは長かったですね。
全長50mmオーバーかあ。厳しいかなあ。ファースト現代アレンジの SBDC051 は
縦49.77mm×横42.6mm×厚さ13.75mm 腕に合わせてみるとこのサイズなら
違和感がありませんでした。もちろんデザインが違うので参考にしかなりませんけど。

この SBDC061 は限定ではなく普通にお店に並ぶ商品なので、発売されたら実際に見て
試着してみようと思います。

あとは価格ですねえ。おそらく実売8掛けでしょうから11万円×0.8×1.08=9.5万円
Jモデル復刻サードとJモデル復刻サムライとボーイが買えちゃうよなあ・・・
気になって買えなかったこの時計も余裕で買えちゃうよなあ・・・
貧乏サラリーマンには少しハードル高いなあ・・・

実物見て欲しくなっても大丈夫なように、一応お金を貯めておこうかな。
発売まであと3ヶ月弱なので厳しいですけど。



バーゼルの華やかな発表の裏側で、セイコーメカニカルが公式webサイトからひっそりと
削除されました。セイコー最後の良心だったSARB033(035)、多くのファンがいるアルピニスト
SARB017、ロングセラーモデルの廃盤は寂しいですねえ。これで38mm径のセイコー機械式時計は
絶滅しました。舶来ブランドは小さいサイズに回帰しているので、いずれ国産にもこの流れが
入ってくるのでしょう。しかし国産はいまだにデカ時計信仰ですから、しばらく日本人にあった
サイズの機械式時計は出てこないと思います。シチズンのクラブラメールくらいかな。

SARB017、SARB033(035)の在庫がなくなってますね。中古価格も高騰するのだろうなあ。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

徒然 雑文 | Comments(14) | Trackbacks(-)

早すぎた機能 アルバ ウルトラソニックコール V636-0010

ウルトラソニックコール A2


今日は少し変わった時計を紹介します。

クォーツ・アルバマニアには知られた時計ですが、おそらく買うまでは
いかない時計かもしれませんね。

アラーム付きの時計ですが、音ではなく振動(バイブレーター)で知らせてくれます。
携帯電話を持つことが当たり前になってから、皆さんお世話になってるバイブレーター機能。
はじめて携帯電話に搭載されたのは、1994年に発売されたモトローラのTH541とのこと。
ポケットベルにはさらに前からバイブレーター機能が搭載されていたようですが、
詳細は分かりませんでした。

このウルトラソニックコールは1996年製です。

携帯電話やポケットベルのほうが容積もバッテリー容量も大きい。小さな腕時計に収まる
振動装置を開発するのは大変だったと思います。今でこそ当たり前の技術ですけど、
当時は最先端技術でした。

ただ、このウルトラソニックコールの後、しばらくバイブレーター機能のついた時計は発売され
なかったようです。携帯電話が普及してマナーモードが一般的になり、振動モーターが
安価に出回った頃になって、G-SHOCKなどの多機能時計にバイブレーター機能が追加されました。

発想は素晴らしいものでしたが、世に出るのが早すぎて時代が追いついてなかったのです。


ウルトラソニックコール A1


6時位置の丸穴から見えるのが、振動装置です。アラーム時間になるとブルブルと
振動している様子を見ることができます。

9時位置は、24時間計です。
3時位置は、アラームのオンオフインジケーターです。4時リューズを引くとオンになります。

赤い矢尻のついた針が、アラーム時刻針です。4時リューズを回し外周チャプタリングに
書かれている時刻に合わせます。


機能は当時の最先端ですけど、デザインは実にオーソドックスで、真面目な感じ。
数字フォントも教科書的であまり面白味はありませんが、大変読みやすく好ましい時計です。


ウルトラソニックコール A3


振動装置のためケースはクォーツにしては厚く、裏蓋-ガラス寸法で11mmを超えます。
ケース径は37mm。全体にぽってりとして可愛らしい形です。控えめなラグが付きます。

ケースは、アルバらしく真鍮にメッキです。キズと湿気に気をつけなければなりません。

先日記事を書いた、黒革のNATOベルトを合わせてみました。


ウルトラソニックコール A5


クォーツ時計は一度時刻を合わせたら、ズレが少ないのでほとんどリューズを
動かすことはありません。特にノンデイトは数ヶ月触ることがないです。
しかしこの時計は、4時リューズでアラームの操作をします。
私は常に深爪なので、リューズ操作が少々大変なのです。せめてリュウズ側の真ん中に
溝が掘ってあれば・・・とにかく長い爪がないとリューズが引き出しにくいのです。

頑張って4時リューズを引っ張ると、確認用にブイーンブイーンブイーンと3回
バイブレーターが動きアラームがオンになります。

もちろんスヌーズなんてありませんから、私は目覚ましには使えないかな。
普通はスケジュールの時刻をセットしたりタイマー的に使うことになると思います。
周りが騒がしくてもバイブレーターで伝わるのがメリットですね。
作動音は携帯電話よりも小さいくらいなのでマナーモードのように使うことも可能です。


ウルトラソニックコール A4


黒文字盤と白文字盤の2種展開です。
当時はもの珍しかったためか、そこそこ売れたのでしょう。
ヤフオクでは月に1本出るか出ないかくらいの頻度で出品されます。
そこそこ玉数もあり、あまり需要はないので価格も高騰しません。
だいたい5000円前後で落札されるようです。当時の新品定価は14000円でしたので
痛みやすいケースなどの程度を考えると少々高いかもしれません。

どちらかと言えば、コレクターズアイテムになります。黎明期のバイブレーター時計です。
普通に使えるアラームですけど、今では皆さん携帯電話をお持ちなので
わざわざこの時計である必要がありません。
でもこの時計を使いこなしているとカッコいいと思いませんか。

ブイーンブイーンブイーンブイーン
「おっともうこんな時間か」
おもむろに時計を見ながら4時リューズを押す。

わざとらしいですかね(笑)




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

セイコー | Comments(8) | Trackbacks(-)

お気に入りの時計

こんにちは。

先週はありがとうございました。
今日からまた記事をマイペースで書こうと思います。


さて今日は病み上がりなので、とりとめのない話を。
いつもと同じだね。なんて言わない(笑)

先日のお休みは、暖かく気持ちのいい日だったので、家族でピクニックに出かけて
きました。どこに行くか色々迷ったけど、結局近くの植物園に。ここは昨年お花見に
出かけた場所です。桜の本数が多くお花見シーズンは多くの人で賑わいますが
普段は入場料がかかることもあって人は少ないです。梅の花や、早咲きの桜などが少し
あるので観賞してきました。


おきにいり A3 おきにいり A4


こどもをスナップ撮影した背景しかなく良い写真はありませんが、こんな感じで地味です。
しかしお花を見ながら外でご飯食べるのは楽しいのですよ。
ただのおにぎりとおかずだけど、なんであんなに美味いのでしょうね。


おきにいり A2


この日の時計はこれ。 UNDONE KILLY (アンダーン キリー)
昨年末に購入してから結構な頻度で使っています。
文字盤も派手すぎないし、押しの強いデザインではないので使い勝手がよいのです。
プライベートはもちろん、私はいつもスーツでなく作業着Yシャツスラックスというスタイル
なので、仕事の時にもつけるときがあります。ノンデイトクォーツなので、数年おきの電池交換
以外まったく手がかからないのも良いところ。さっと付けられるのでついつい選んでしまいます。



おきにいり A1


ついつい・・と言えば。
セイコーミリタリー SNX427 カスタム は、現時点で一番気に入ってるミリタリー時計。
これもついつい使ってしまいます。ベルトがステンレスなので仕事のときも使います。
文字盤デザインはほぼ完璧なんですよ。これ以上のミリタリー(風)文字盤はなかなかありません。
ケースデザインも素晴らしい。サイドラインが本当に美しい。風防もわずかに膨らんだダブル
ドームガラスに交換したので、これまたカッコいいのであります。
いまだにトイレに篭ったときに眺めてニヤニヤしてる時計です。


現在私は、可動するレギュラーの時計が50本ほどあります。順番に使っていれば
使用頻度は1.6ヶ月に1回使うことになります。でもそんなに単純ではありません。
ローテーションのスケジュール組んでいるわけではなく、服装に合わせたり私の気分です。
そのなかでもついつい使っちゃう、お気に入りの時計がいくつかあります。

あなたのお気に入り時計はなんですか?




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

徒然 雑文 | Comments(12) | Trackbacks(-)

ご報告

こんにちは。
久しぶりに体調を崩してしまいました。
昨日は39度以上の高熱にうなされ、今日はなんとか熱は下がったのですが。
ちょいとしんどいです。しばらくお休みいたします。
コメント・掲示板などの返信も少々お待ち下さい。


------------ 3/17追記 ------------

皆さま温かいお言葉ありがとうございました。
どうにか体調も回復し、通常の生活に戻りました。
まだ薬を飲んでいるので油断できませんけど。
滅多にダウンすることなんてないのですが、歳をとると無理できませんね。
久々の高熱でかなり辛かったです。健康なことは本当に素晴らしいと思います。

今回感じたことですが。
腕時計って健康でないと使えないのですね。
熱が出て病院に行こうと準備をしていたのですが、腕時計を巻くのが
なんだかキツイのです。腕を圧迫されたくないというか、たかだか数十グラムが
重く感じるというか・・・上手く表現できないけど、結局時計をつけずに病院に行きました。
いつもは腕に巻いてないと落ち着かないのですが、体調が変わると体の感覚もガラッと
変わるのですね。新たな発見でした。
徒然 雑文 | Comments(8) | Trackbacks(-)

いつものヤフオク話 12

こんにちは。
今日もネタの準備ができていないので、いつものヤフオク話。


先日、ヤフオクのシステムが変わった記事を書きました。
真面目に利用していれば大して変わらないだろうと思っていたのですが、
早速、悪影響を受けております。[受け取り連絡をする]ボタンを押してくれません。
一応、定期的に取引メッセージには、やんわりとボタン押してねと書き込んでいるのですよ。
うーん。よう分からんわ。
もうヤフーに振り込んで手元にはお金は無いはずだし、たかがボタンをクリックするだけですよ。
そんなに出品者にお金が入金されることが気に入らないのかなあ。その間に他のモノ落札してるし
本当に困った方です。まあ入金を急いでいるわけではないので、14日待ちますかねえ。
これで評価4桁のエキスパートなんですよ。やはり取引は技術・知識よりも誠実さが大事ですね。


話は変わります。
少し前のことですが、久しぶりにヤフオクで自動延長なし出品に参戦しました。
もはや自動延長が当たり前ですけど、ebayでは自動延長はなくヤフオク独自のシステムなのです。
自動延長は札束での殴り合いシステムだと思ってます。相場やモノの価値うんぬんよりも
どれだけ金出せるかが勝負。だから海外マネーによる代行業者同士の殴り合いばかりで、
相場を大きく上回る落札価格を見てマニアはシラけてしまいます。

その点、自動延長なしは相場や相手の出方を考えなければならないので面白い。
もちろん最初から大金積めば勝てるのですけど、徐々に積み上げるわけではないので
代行業者は参戦してこないですね。代行業者は延長入ってからが勝負だと思ってるのでしょう。

自分の欲しい時計が自動延長なし出品だったので、これはチャンスとテンションが上がりました。
マニアには人気のある商品なので、自動延長があるとおそらく負けてしまうでしょう。
まずは終了数分前にジャブを入れておきます。現在の価格に何度かビットして今の入札者の
入札金額を探ります。最高入札者にならなかったこと、相手の評価が数百あるのでビギナーでは
ないこと。(昔はIDが見えたので、相手の落札履歴から攻め方などが分かりました)
から、相場より少し安いくらいの価格だと予想しました。

私の見立てだと、未研磨だけど小傷・汚れあり。風防にもキズが多いので状態が悪く
見えるけど、文字盤はキレイ。写真が上手ではないので、欠点だけが助長されてる感じです。
つまり入札は伸びないけど、モノ自体は悪くない。手を入れると化けるだろうと想像。

これなら相場の下限くらいで落札できるのではと思い。一応少しだけ色をつけて入札
することにしました。入札額を入力して確認ボタンを押します。その後、入札ボタンを
押すのですが焦ってはいけません。

ギリギリの時間に入札します。ラスト10~15秒で最後のリロードをして現在の入札価格を
確認。残り時間・・・・・・・・・・・5秒・・・4秒・・・3秒・・いまだぁぁああ!!ポチッとな。
何度やってもこの瞬間はドキドキしますね。

結果がわかるまでタイムラグがあります。リロードして・・・・どや?

うぉおおおおおおおおおぉぉぉ!!見事落札!
全身の毛穴が開いて、脳汁が出まくりです。もうドバドバでてます。たまりませんねえ。
これがあるからオークションはやめられないのです。脳内麻薬中毒ですなあ。

結果、入札金額より1000円ほど安い金額で落札してました。予想通りですね。
最高入札者や他の人は、自動延長なしに気づかなかったのかもしれません。
ネットオークションは回りが見えませんから、結果バカみたいに1人でドキドキして
テンション上げているだけでしたけど良いのです。十分楽しめました。

しかも届いた商品の箱を開けるとき、再度ドキドキワクワクできるのです。
2度美味しいとはこのことです。運良くこれまた見立て通りでした。軽く手を入れて
オーバーホールに出せば見違えるでしょうね。ふふふふ。楽しみが増えました。

私も自動延長なしで出品してみようかなあ。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

思ふこと色々 29(セイコー ランドマスターの話)

先日、セイコーから本格アドベンチャーウオッチ「ランドマスター」の新製品
が発表されました。深海のマリーンマスターと双璧をなす、極限での使用を想定した
プロフェッショナルなモデルです。冒険家・登山家の要望を取り入れ進化してきた
ランドマスターは、一般ユーザーのロマンを掻き立てるのです。


セイコーWEBサイトにランドマスターの歴史が分かりやすくまとめられてます。

History of Landmaster
https://www.seiko-watch.co.jp/prospex/land/landmaster/historyoflandmaster


初代モデルのSBBW005(1993年)

      ランドマスター A1

セイコー公式WEBサイトより写真転載


チタンモデルのSBCW001(1994年)

      ランドマスター A2

セイコー公式WEBサイトより写真転載


カッコいいですよね。
発売当初から完成度の高い時計でした。このデザインで20年ほど製造されます。
ダイバーズウォッチから派生した形ですが、雄々しく武骨なデザインは男の子心くすぐります。

ムーブメントは、当時の最先端技術であったキネティック(AGS)を採用。少しでも軽くと
オールチタンケース、極地で必要な24時針の追加など。ひとつひとつの部品・機構に意味が
あり、ファンはカタログを読むだけで心ときめいたのだと思います。

私は時計趣味をはじめて6年ほどなので、最近までランドマスターシリーズを知りませんでした。
現在でも人気モデルですが、今となってはキネティックなのがネックなんですよ。何度も購入を
考えたのですが、複数所有してるマニアが扱うには非常に手間がかかります。毎日同じ時計
を使うなら全く問題ありませんが、たまに使うだけだと充電するのが大変なのです。



そして、25年の冒険史の集大成として、新しいランドマスターが発表されました。

SBEJ001




ええっ。25年の集大成ですか・・・・
あのランドマスターの歴史を見ればこうはならないと思うのですけど・・・・

これはむしろ SBDB003 (下写真)のデザインを継承したのでしょうね。
-----2018/03/20 追記 ----------
文字盤デザインが非常に似ているね。という意味です。
-------------------------------

SBDB003 は、上記のランドマスターの歴史には掲載されてません。


ランドマスター A3

写真は、オークファン検索結果(ヤフオク落札データ)からの転載です。
https://aucview.aucfan.com/yahoo/l277603058/


なんだろう。私のような素人がデザイン論を語っても滑稽なだけですが、
単純にカッコ良くない。25年の集大成と謳うなら、素直に SBCW001 を
リ・デザインするか、復刻すれば良かったのに。

サイズは、縦51.87mm×横46.8mm×厚さ15.93mm
でか過ぎるよお。セイコーには腕周り19cm以上でガタイの良い人しかいないのでしょう。
極地では大きいほうが視認性は高くて良いけど、その分重く取り回しも悪く
なるはず。やっぱり初代ランドマスターくらいのサイズが日本人にはベストだと
思うのですよ。これも冒険家・登山家の要望なのかなあ・・・うーん。
-----2018/03/20 追記 ----------
ご指摘があり三浦雄一郎氏の要望だそうです。詳しくはコメント欄参照して下さい。
-------------------------------

価格は、200,000円+税
ええ!6R搭載機も高くなったなあ。新開発のメカニカルGMTムーブメントと書いてる
けど24時針がついた6R改でしょう。細かい仕様(写真)はまだ分からないけど。
ひょっとしたら地板に装飾や貴金属ローター・・・な訳ないよねえ。

これは黒歴史になる予感・・・
デザインは好みがあり私がマイノリティなのかもしれません。


長年売り続けているモデル・シリーズには、ファンがつき新製品にも大きな期待を
抱きます。ファンは保守的なので、これまで築いてきたブランドイメージを
継承したモデルを熱望します。ランドマスターは20年も同じデザインを継承・進化
させてきたのです。メーカーとしては新しいことをやりたいのも理解できます。
でも新しいことするなら、これまで以上のモノをつくりユーザーを説得できないと
難しいですよね。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

心躍るオレンジ セイコー クォーツダイバー 7548-700C

7548 クォーツダイバー A1


今回は少し前の記事で予告していた、オレンジダイバーの紹介です。
ずっと欲しかったダイバーズが手に入りました。


7548クォーツダイバーは、1979年に6309サードダイバーの後継モデルとして発売されます。
6309サードダイバーは、1980年まで販売されていたので、併売期間があります。

最初はオレンジ文字盤モデルはなく、黒とペプシカラー(青/赤ベゼル)のみでした。
オレンジは1981年に追加。1985年に黒のみ、200m防水となります。1986年には
黒のみムーブメントが7C43になり、オレンジも200m防水になります。
1987年にカタログ落ちしています。


7548 クォーツダイバー A9

セイコー販売店用 ウォッチカタログ1982年vol.1からの転載です。


1979年には、すでに現行ダイバー SKX00*(ボーイ)のデザインは完成していたのです。
ムーブメントや細部のつくりは変わってますが、39年もの長い間同じデザインが使われている
日本の工業製品はそれほど多くありません。

これがセイコーの素晴らしいところです。他の国内メーカーには、こんな歴史のある時計は
ありません。最新技術で新製品を開発することも大事だけど、長く愛されるモノをつくり続ける
ことも素敵なことです。すでに首位陥落して久しいですし、言いたいこともあるけれど、
この誠実なモノつくりがある限り、私はセイコーファンであり続けるでしょう。


7548 クォーツダイバー A2


なんてことない文字盤デザインに見えますけど、こんなに完成度の高い文字盤は
滅多にありません。プリントインデックスですし、ペラペラの薄い針で高級感は
ありませんが、決して安っぽくない。端正なデザインだからそう見えるだと思います。

12時の三角インデックス、6・9時位置の長丸インデックスから中心に向かって伸びるライン。
人は見えない部分の想像してしまうので文字盤が4等分されます。意図が明確に理解できませんが、
他ではあまり見られないディテールです。針先端の細い突起も合わせてデザインされているの
でしょうね。


7548 クォーツダイバー A5


クォーツが席巻していた時代なので、国内では機械式が絶滅します。
プラスチックが多用され高級なムーブメントではありませんが、現行の使い捨てムーブメント
と違い、部品交換(もうほとんど出ませんけど)・メンテナンスできるように設計されてます。

ネジ込みリューズの構造も現行ボーイとは違います。リューズと巻き芯をバネで固定する
凝ったつくりです。


7548 クォーツダイバー A4


ガラスの止め方も違います。現行ボーイはプラスチックガスケット止めですが、
この7548ダイバーは、回転ベゼルの下にさらにガラス止め用のベゼルがあります。
(写真はベゼルを外した状態です)このベゼルはスナップ式ですが、200m防水モデルは
ここがネジ式になります。

今回は、クリスタルタイムズのフラットサファイアガラスに交換しました。純正と同サイズです。

回転ベゼルの構造も違います。現行ボーイは逆回転防止付き120クリックですが、これは
左右どちらにも回転し60クリックです。今のダイバーズ規格には適合しません。
しかしラチェット機構がボール式なので、タッチが非常に良いのです。カチャリカチャリと
気持ちよく回ります。用もないのについ回してしまいます。


7548 クォーツダイバー A6


回転ベセルの滑り止めは、切削加工で成型しています。エッジが立ち美しい仕上がりです。
この個体は、丁寧に扱われ使いこんでいました。目立つキズはないけど、小さなキズがたくさん
あります。最初は再研磨してベゼルインサートも交換しようと想定してましたが、この使い込んだ
感じがカッコいいのです。予定変更して汚れ落としと軽いポリッシュ仕上げだけにしました。

純正ベゼルインサートは中央に向かって逆テーパー(すり鉢状)がついてます。社外品はフラット
なので、ガラス面とのつながりがズレます。これを知ってしまうと純正しか選択肢はありません。
純正はガラスが傷つかいないように設計してるのです。


7548 クォーツダイバー A3

7548 クォーツダイバー A7


現行ボーイ純正のステンレスベルトを入れました。無加工で装着できます。
このベルトは安価で高級感はないけど、良くできています。手に持つとシャラシャラと
チープな音がしますが、その分よく動き腕にフィットします。総無垢ベルトに比べて
軽いのもよいところ。社外品のベルトはたくさんありますけど、付け心地はこの純正ベルト
にかないません。


7548 クォーツダイバー A8


オレンジボーイ SKX011 は、今も新品販売していますが、機械式です。
安価なクォーツダイバーは今のラインアップにはありません。よって中古市場でも
人気があります。ダイバーズはハードに使われている個体が多く、程度の良いものは
20000円を超えます。オレンジは玉数が少ないので、オークションでも競合してしまいます。

デザインは現行と同じなので古さを感じさせませんが、40年ほど前の時計です。
電池を入れると動くかもしれませんが、メンテナンスが必要なことも多いです。
実際、私の個体も調子が悪いです。たまに止まったり、カレンダーの動きが悪かったり。
もう部品は無いようですが、メーカー修理はまだ受け付けているようなので、
夏に間に合うように出そうと思ってます。つまり購入するときはメンテナンス費用も
考えておいたほうがいいです。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

セイコー | Comments(14) | Trackbacks(-)
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより高品質
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER NATO G10 ナイロン製ミリタリーウォッチ 替えベルト 時計バンド ストラップ PVD加工ブラックバックル グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ