FC2ブログ
2018年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年08月
ARCHIVE ≫ 2018年08月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2018年08月  | 翌月 ≫

モノの捨て方

以前からモノについての考察は何度も記事にしてきました。

いいモノって何?
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-272.html
固定観念とモノの価値
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-307.html
こだわりってなんだ
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-321.html
モノの考え方
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-391.html
モノへの執着
http://oldjapanwatch.blog.fc2.com/blog-entry-422.html

モノを買うときには色々と考え悩んで、何度か踏みとどまり冷静に
考え直し、それでも欲しければ購入します。たまには直感力を信じて
衝動買いすることもありますけどね。貧乏サラリーマンなので使える
お金も少なく買い物の量もたいしたことはないと思いますが、
それでも狭いアパートにはモノがあふれています。

モノが捨てられず部屋に積み上がってくると、最終的にはいわゆる
ゴミ屋敷になるわけです。それは極端だとしても、部屋は狭くなるし
モノの場所が分からなくなりいつも探す作業をしなくてはならないのは
かなりのストレスです。

私の自宅もかなりヤバイ状態になってきました。書棚は前後2列収納
ですが、すでに一杯です。横にして本の上にも差し込まれているような
酷い有様。子供のモノも凄まじい量があります。モノを大事にするのは
いいことだけど、買う量>捨てる・売る量 になっているので、置き場所に
困るのです。

どんなに気を回しても、人が使うモノの数なんてたかが知れている。
ほとんどのモノは、「いつか使うはず」「残しておきたい」「もったいない」
と死蔵されているだけなのです。

でもねえ。根っからの貧乏性で捨てられないのですよ。
今まで断捨離やシンプルな暮らしの本はたくさん読みましたが、
なかなか実行できなかったのです。

モノについて考えることを放棄したミニマリストの断捨離は、私が求めている
理想とは違うのです。モノにもストーリーや愛着があり、大事に長く使いたいのです。
しかしモノが多すぎると管理しきれなくなります。モノを買うのは簡単だけど
買った後の管理は大変です。物理的なスペースを使うわけですから、家賃を考えると
微量ながらランニングコストもかかると言えます。さらにはモノを捨てるのにも
手間やお金がかかります。

はじめたばかりですが、まずは売れそうな本は全てヤフオクに出品して売りました。
売れそうにない本は、古本屋に引き取ってもらうか、廃品回収に出す予定です。
お気に入りの本だけ残して、それ以外の本は、読みたいときには図書館で借りること
にしました。実際購入してから1度しか読んでない本がたくさんあり、持っていた
ことも忘れてました。やはり背表紙の見えなくなる2列収納は後列が埋もれますね。

整理術や処分法は、多くの書籍がありますしネットを検索しても大量に情報が
ありますから、ここでは詳しく書きません。とりあえず1ヶ月かけて捨てられるだけ
捨てよう、モノを厳選しながら全体を把握してみようと思ってます。

先日の西日本豪雨では実家が浸水して、ほとんどのモノが使えなくなり捨てました。
数十年溜まったモノは、それはもう凄まじい量でした。私の高校の体操服など
懐かしアイテムもたくさん出てきました。もはや場所を圧迫するモノでしかありません。
災害後の両親はモノがない状態でしたが、不便なだけで生活することはできています。

今回の災害は死者も出てますし、あってはならないことです。単純にモノについて
だけ考えると、強制的にモノの棚卸しができ、断捨離生活も体験できました。
ここで何も考えずに新たに同じモノを買い直したのでは、また余剰なモノにあふれた
生活に戻ってしまいます。とにかく本当に必要なモノをよく考えることが大事。
私も実家を片付けながらモノのリセットをしてみようと決心したのです。
スポンサーサイト
時計思考 | Comments(2) | Trackbacks(-)

老化と時計趣味


こんにちは。
私はいわゆる団塊ジュニア世代です。人生も折り返し地点で、
個人差はありますが、ぼちぼち老化が気になるお年頃です。

視力検査は裸眼だと1番大きな輪の切れ目が分かりません。かなりの近眼
なので老眼には縁がないと思ってました。早い人では30代になると老眼が
始まりますが、メガネをかけてない視力の良い人がほとんどです。

ここ1年くらい、メガネをかけた状態では近くが見えづらいのです。
最初はかすみ目かレンズが汚れているのかなあと思ってましたが、徐々に
それは進行していき、今では本を読む時は裸眼になってしまいました。
ああぁこれが老眼かあ。裸眼だと普通に見えるので、まだ老眼鏡は
必要ありませんけど、段々と弱ってくるのでしょうね。こうなると遠くが
見えるようになると思いますが・・・遠くは相変わらずメガネがないと
見えないのです。なるほど遠近両用メガネの必要性が理解できました。

木工で飯を食っていた若い頃は、近距離がよく見えました。裸眼で0.1mm単位
調整ができました。スケールの目盛りが太く見え、線の外側合わせにするか
内側合わせにするかで誤差が出るので統一していました。
今はキズミ(拡大鏡)がないと無理ですね。

そうか。最終的にシンプルな3針(2針)時計に落ち着くのはこういうことか。
クロノグラフの細い針や目盛りは、いつか見えなくなるのですね。寂しいなあ。
そう考えると、ダイバーズの太い針と大きなインデックスは視認性も高く
老眼にも優しいのでは。多少ピントが合わなくても時刻は分かります。

想像ですけど、歳をとって筋力が落ちてくると、ダイバーズの重さが辛く
なるのかもしれません。ダイバーズをつけているお爺さんはカッコいい
と思うのですけど、今まで見たことがありません。

少しずつですが皮膚の老化も感じますね。だんだんと薄くなっていくよう
ですが、私も若いころにくらべて皮膚が弱くなったなあと感じることがあります。
強い圧迫や衝撃があるとすぐに赤くなります。今は大丈夫ですが、そのうちに
ステンレスベルトの肌当たりも辛くなるのかもしれません。

デザインの好みも変わってゆくけど、身体の変化により選ぶ時計も変わるのです。
やはり軽くて視認性の高いミリタリーが残るのかな? それとも見えなくても
クロノグラフを使い続けるのか。先は分からないけど、いつまでも時計で
ワクワクニヤニヤできたら良いなあ。時計は身につけることでテンションが
上がるアイテムであって欲しい。
時計思考 | Comments(18) | Trackbacks(-)

ニセモノ熟考

ついにセイコーダイバーズの偽物がヤフオクに出てきました。
アドレスは晒せませんが、偽物だと理解した上で出品しているようです。
マニアが見ると一目で分かるレベルの低い偽物だけど、入札してる人が
います。価格は本物と変わりませんから、偽物と分かって入札しているのではなく
騙されているのでしょう。勉強代ですけど、これが初めてのセイコーダイバーズ
なら気の毒ですね。

しかし偽物出品する人は、なぜ揃いも揃ってタイプ品だの、友人の頂き物だのという
文言を使うのでしょう。それは免罪符にはなりませんよ。むしろそんなベタなキーワードを
書くのは確信犯だと思えるのです。

昔からセイコー5の偽物(インドカスタム)を売る人がいますけど、堂々としてますよね。
取引数が多い人は、偽物だと分かって売ってるはずなのですけど、ある意味凄いです。
私なら良心の呵責に苦しむに違いありません。他人なんて気にしない図太い人でないと
無理ですね。

セイコーの偽物なんて単価は安いし、違反申告があってもヤフオクの管理者は
マニアック過ぎて判別できないのかもしれません。ヤフオクにとっては偽物でも
手数料は取れますから、ほとんどはスルーなのでしょう。
とは言え、世間の評価もあるので、定期的に一般人にも分かりやすい高級偽物時計を
売ってる人を見せしめに警察に通報するのだと思います。

セイコーダイバーズも廃盤になると、相場が一気に上がります。
最近だと4Rモンスターの値上がりが凄いですよね。今後はプレミアのついた時計は
要注意です。日本にはほとんど入ってきてないだけで、中国には日本の偽物時計が大量に
あります。もちろんセイコーも目を光らせているし、色んな対策は取られているでしょうから
大掛かりな流入はないでしょう。しかし今は個人輸入も簡単ですから、少量で持ち込むのを
防ぐのは非常に困難だと思われます。

今後はセイコーダイバーズの偽物に遭遇する可能性があると思ったほうが良いですね。
本物を手にして使ってみないと細かいディテールは分かりませんし、偽物を判別するのは
難しいかもしれません。ヤフオクも取り締まりまでは難しいなら、せめてシステムを
考え直してほ欲しいです。違反申告された数が分かれば、偽物を判別する目安になると
思います。ただ悪戯にも使われる可能性もありますから、違反申告した人の記号化したIDと
評価も分かればより精度も上がるかなあ。誹謗中傷にならない程度に、出品物の評価が
分かるようになれば偽物に入札する人も減るかな。

人気があり価値が高いモノには、偽物がつくられるのは世の常です。
偽物を掴みたくなければ、信用できるお店で新品を買えばいい。古物を買うなら
勉強して偽物を判別できるようになり自衛するしかありません。
偽物をつくったり売る奴らが一番悪いのは間違いないけど、時計を趣味にするなら
その偽物に騙されてはならないのです。
徒然 雑文 | Comments(23) | Trackbacks(-)

思ふこと色々 34(UNDONE新製品の話)

海外のWEBサイトを徘徊していたら、UNDONE(アンダーン)の新製品が
出てるのを見つけました。

undone C2undone C1undone C3
左側:TROPICAL SAHARA  中央:TROPICAL CARIBBEAN  右側:TROPICAL AMAZON

写真はUNDONE公式webサイトからの転載です。
https://www.undone.com/en/collection/lists/urban-tropical


おおっ。今後は横目クロノグラフなのね。
相変わらずデザインバランスが良いなあ。タキメーターベゼルも奇をてらうことも
なくキレイにまとまってます。今はオリジナルデザインで外販ムーブメントを使い
中国生産してる時計は多いけど、デザインが良いと思えるモノは少ないです。
UNDONEのデザインは過去の時計を参考にしているとはいえ、素晴らしいアレンジで
カッコいい時計(部品)が多いのです。

よく見ると、目立つ部品が違うだけでケースやボタン・リューズは使い回しなのですね。
ベゼル・文字盤が変わるとイメージが随分変わりますね。コストを抑えるためには
部品はできるだけ共通化する必要があります。上手く部品をつくってるなあ。

ムーブメントは横目クロノグラフなのでVK64を使っています。
VKシリーズは61~83まで7種類あるのですけど、なぜかVK64だけスモールセコンド(永久秒針)
がないのです。なんでやあぁぁぁぁ!つけるのは24時間計じゃあないだろうに。
よくよく落ち着いて考察すると、どうも機構的に6時位置にしかスモールセコンドが
つかないみたいです。そりゃそうか。わざわざ配置変えようと思ったら輪列の設計変更
しなきゃいけないよね。でも横目の需要を考えると90°配置移動して欲しかったなあ。
まあ私の好みだけど、永久秒針がない時計は、いくらカッコよくても食指が動かないのです。

私はあまりロレックスに興味がなく、トロピカルの意味がわからなかったので
グーグル検索しました。どうやら茶色に変色した文字盤のことみたいですね。
誰が考えたのか分からないけど、実に商売が上手いです。ただの劣化で普通は価値が下がる
ことだけど、「これが良い色なんですよ」「良い具合のトロピカルありますよ」なんて
言い続けていたら、珍重されてプレミアつくのですから面白いですねえ。
夜光焼けならまだ理解できるけど、文字盤はキレイなほうが良いだろうと思うのは
私だけなのかなあ。

今回はそのトロピカル文字盤を再現しているのです。うーん。なんだか狐につままれてる
気もするけど、ジーンズのダメージ処理と同じなのでしょうね。最近は文字盤をコーヒーで
煮て夜光が焼けた雰囲気を楽しむ方法があります。さらには夜光焼け具合を再現した文字盤を
大手メーカーが採用しているくらい浸透しています。ユーズドの味を良しとするのも
世の中の流れなのでしょう。


ああっ。そうです。
ここまで書いてきましたが、「そんな新商品は公式webサイトには出てないよ」と思われる方も
いると思います。そうなんです。いつの間にか日本からは本国webサイト https://www.undone.com
には接続できずに自動的に日本代理店webサイト https://undone.co.jp に接続されます。
私は知らなかったのですが、最近は他のブランドでもあるようですね。代理店特権というか
契約上そのような仕様で、中間マージンをきっちり取るためなのでしょう。

色々と販促活動されてるのは分かりますし、どんどん日本代理店webサイトに誘導されたら
良いと思います。でも本国webサイトをシャットアウトするのは勘弁して欲しいなあ。
私はあの洗練された本国webサイトが見たいのです。正直あの日本代理店webサイトは・・・です。

日本の代理店ってなんでこう旧態依然なのでしょう。時計趣味をはじめたころ欲しかったSTOWAでも
感じたことです。インターネットって距離を縮めて世界と簡単にアクセスできるモノでしょう。
だから海外通販も盛んに行われているのです。それを独占契約することで、本国との直接取り引きを
邪魔するやり方は、もはやイメージダウンでしかない。もちろん外国語が苦手な人にとっては
ありがたい存在でしょうし、修理受付や保証があり安心できるのは理解できます。

ここで文句を言ってもどうしようもないので、「本国サイト 見れない」とグーグル検索すると
色々な方法がでてきます。私もあまり詳しくないのですが、悪用することもできるようなので
各人の良識にお任せします。あとプロクシ経由してのネットショッピングにはリスクを伴うようです。
もしかしたら本国webサイトでは日本からの購入はできなくなっているかもしれません。(未確認)
私はコンピューターの知識が乏しいので、こういうシャットアウト策がとられると、面倒臭く
なって買う気が失せてしまいます。素直に代理店通して買えばいいのかもしれないけど、
なんとなく納得いかないのは私の心が狭いのだと思います。

UNDONEのような新興企業はこれからも増えていくでしょう。外販ムーブメントを使ったオリジナル時計を
製造するシステムは、大手メーカーよりも大胆で面白い時計をつくることができますし、UNDONEのような
オーダーメードにも対応できます。今以上に競争は激しくなり次々に新しい仕掛けも出てくるでしょう。
時計マニアには楽しみですけど、売る人には厳しい世界ですね。

500回 読者様還元感謝祭 第三弾

第三弾はこの時計です。

500回還元祭 D14


セイコー オレンジボーイ SKX011 カスタム 魅惑のオレンジ(笑)

一見オリジナルのオレンジボーイに見えますが、色々と手が入ってます。
もはやバレバレの内容ですけどね。一応ひと通り解説させて下さい。

まずは定番の日本語(漢字)カレンダー交換です。
英語表示にもできますけど、漢字が素敵だと思います。


500回還元祭 D11


ムーブメントを7S26 → NH36(4R同等品 外販用ムーブメント) に換装しています。
これで、手巻き・ハック(秒針規制)の機能が追加されます。
ルビー軸受の数も、21石 → 24石にグレードアップ。
もちろん新品のムーブメントなのでご安心下さい。
現在、素人計測ですが、日差±30秒以内で稼働しています。


500回還元祭 D12


次に整備する人が分かるように、メモを残しています。


500回還元祭 D3


保護シールで分かるようにベースは新品のオレンジボーイを使用しています。
オレンジボーイはJモデル(日本製)しか流通していないので、少々高価です。

新品ですが、ムーブメントの交換をしているので、メーカーの保証はありませんし、
メーカーで修理を受けることはできません。カスタム時計のリスクをご理解の上
オークションに参加下さい。


500回還元祭 D1


セラミックベゼルインサート(DLW製)に交換しています。
オリジナルとほぼ同じフォントなので、違和感はないでしょう。セラミックベゼル
インサートは艶があり、インデックス・フォント部分は彫り込まれて着色されている
ので、オリジナルのアルミプリントよりも質感が高いです。セラミックの艶と色合いが
上手く撮影できてませんが、上面は平滑で角度によって微妙に色が変わり大変美しいです。
12時位置の夜光ポッチはオリジナルと違い、サブマリーナと同様の枠付きの貼り付けタイプです。
社外製ですが問題なく夜光は光ります。


500回還元祭 D7


ガラスはサファイアドームガラス(Crystaltimes製 CT037F)に交換しています。
純正ガラスのように面取りがなく、ベゼルインサート内端ギリギリのサイズなので
一体感があるのです。今のところボーイの社外ドームガラスはこれがベストですね。


500回還元祭 D5

500回還元祭 D6


新品なのでケースはピカピカです。
ボーイの巻き真はリューズに打ち込まれていて素人が外せないようになっています。
そのままでは巻き真の交換ができませんので、SARB059のリューズを流用しています。
純正品なので防水的にも安心できます。Sマークは安心の証・ムーブメント換装の証です。


500回還元祭 D13


ベルトは、セイコー純正ウレタンベルト DE39AZ に似ていますが、社外品です。
少し前にブログ記事に書きました。デザインは丸パクリですけど、セイコーには
22mm幅の同デザインベルトがないので、今はこの社外ベルトよく使っています。
なんと言ってもカッコいいです。ボーイのようなクラシカルなダイバーにはとても似合います。

つくりは純正のほうが良いけど、ボーイ純正のウレタンベルトは少々硬いのです。
このベルトはボーイ純正よりも柔らかくて使い心地も良いですよ。


500回還元祭 D8

500回還元祭 D9


腕につけるとこんな感じです。

やはりボーイはいい時計ですねえ。本当に完成されたデザインだと思います。
それゆえカスタムするのは難しいです。下手に色々な部品を変えるとバランスが
崩れます。結局オリジナルのデザインが1番なんですよね。極力デザインは
そのままで質感や機能だけを上げるカスタムがベストだと考えます。


500回還元祭 D10


純正ウレタンベルトも付属します。
写真撮影してませんが、取り外した7S26ムーブメント・純正ガラス・純正ベゼルインサート
7S用リューズも付属します。



原価内訳です。

新品本体     20000円
サファイアガラス  5800円
ガラスガスケット  1000円
セラミックベゼル  4500円
曜日カレンダー   1000円
NH36ムーブメント 4000円
リューズ本体    3800円
社外ウレタンベルト 2500円
-------------------------------
合計       42600円 

ということで、42600円スタートします。



出品は8月23日(木)に予定します。終了は8月25日(土)22時頃にします。

========== 出品しました ==========
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f288812069

あまり意味はないかもしれませんが、このためにアカウントを取得された新規の方は
オークションの質問欄から購入意思があることを送信下さい。
購入意思のない新規の方は入札を取り消します。

支払いは、Yahoo!かんたん決済のみ
発送は、ゆうパック を予定しています。


質問等あれば、こちらのコメントでもヤフオクの質問欄でも構いませんのでお気軽にどうぞ。

皆様、どうぞお手柔らかに。
よろしくお願いいたします。
その他 | Comments(10) | Trackbacks(-)

500回 読者様還元感謝祭 第二弾

第二弾はこの時計です。


500回還元祭 C12


先日、ブログ記事に書いた アルバ アクアギア Y621-6000 です。
酷い手抜きでスイマセン。この後紹介する2本と、セイコーミリタリー2本は
確保していたのですが、あともう1本を用意する時間と資金がありませんでした。

でも状態はすごく良いですよ。


500回還元祭 C4


ガラス風防には肉眼で確認できるキズはありません。
文字盤の状態も非常に良く、ブルーのサンレイ仕上げがとてもキレイです。
ベゼルインサート夜光部分(三角のところ)にキズがあります。


500回還元祭 C5


この年式(1993年)だと、ルミブライト(根本N夜光)を使っていると思うのですが
現行のルミブライトのように強く光りません。


500回還元祭 C9

500回還元祭 C10


ムーブメントは Y621 です。17石のムーブメントですが、精度も良く
現在、素人計測ですが、日差±30秒以内で稼働しています。

この年代のセイコーは、日本製なのです。盛岡セイコー工業の刻印が入ります。


500回還元祭 C6


裏蓋に AIR DIVER'S 200m の刻印あります。なんちゃってダイバーではなく
本物のダイバーズウォッチです。もちろんリューズはネジ込み式です。
あまり目立ちませんが、裏蓋に浅いキズがあります。


500回還元祭 C2


ケースにも浅い使用キズがいくつか見られますが、全体的に状態は良いと思います。


500回還元祭 C7

500回還元祭 C8


ラグや回転ベゼルにも目立ったキズはありません。


500回還元祭 C11


ベルトは、浅い使用キズがありますが、あまり気にならないと思います。
余りコマはなく、最大で腕周り175mmくらいまで対応します。


500回還元祭 C1


クラスプにも、目立たない浅い使用キズがあります。


パッキン等は交換していませんが、分解洗浄してグリスアップしています。
回転ベゼルも分解してグリスアップしてますので、スムーズに回転します。
防水試験はしてませんので、元の防水性能が確保できているかは分かりません。
実際にダイバーズウォッチとして使用する場合は、セイコーで整備してもらう
必要があります。


還元感謝祭ということで、1000円スタートします。




出品は8月18日(土)に予定します。終了は8月19日(月)22時頃にします。

========== 終了しました ありがとうございました ==========

あまり意味はないかもしれませんが、このためにアカウントを取得された新規の方は
オークションの質問欄から購入意思があることを送信下さい。
購入意思のない新規の方は入札を取り消します。

支払いは、Yahoo!かんたん決済のみ
発送は、ゆうパック、レターパック を予定しています。


質問等あれば、こちらのコメントでもヤフオクの質問欄でも構いませんのでお気軽にどうぞ。

皆様、どうぞお手柔らかに。
よろしくお願いいたします。
その他 | Comments(9) | Trackbacks(-)

500回 読者様還元感謝祭 第一弾

こんにちは。
長いお盆休みも終わりましたね。
阿波おどりで体は破壊され、酷い筋肉痛に襲われました。
ああしんどい。歳は取りたくないですねえ。


さて500回ということで、今回は5本の時計を用意しました。
貧乏サラリーマンですからあまり期待してもダメですよ。
今回も原価で出品しようと思います。

第一弾はこの2本です。
(写真をクリックすると拡大表示されます)

500回還元祭 A7 500回還元祭 B14
左:濃緑  右:黒


セイコー ミリタリー 7S26-3060 カスタム アカツメSP(笑)

えーーっ、またかよ!
ええまたです。目新しさがなくて申し訳ありません。

でもね。私は同仕様の時計をずっと使ってますけど、大変良い時計なのですよ。


500回還元祭 A9 500回還元祭 B4
左:濃緑  右:黒


今回は、濃緑(オリーブ)文字盤と黒文字盤を用意しました。

曜日カレンダーを 日本語/英語 に変更しています。やはり一瞬で読み取ることが
できる日本語がいいですね。英語に切り替えることもできます。

精悍な黒文字盤、落ち着いた濃緑文字盤、どちらにするか悩みますね。
どちらもマット仕上げなのですけど、濃緑の方は少し透明感があってキレイな色なんです。
写真が下手で申し訳ありません。光があたると緑が強くなります。色味的にミリタリーっぽく
なりますね。黒文字盤はあまり変化はありませんが、どんな服装にも合わせやすく汎用性は高いと
思います。私は作業服にYシャツスタイルで仕事しているので、この黒文字盤を使っています。


500回還元祭 A16


夜光はルミブライトなので、強く長く光ります。


500回還元祭 B11


ムーブメントを 7S26→NH36 (4R同等品 外販用ムーブメント)に換装しています。
これで、手巻き・ハック(秒針規制)の機能が追加されます。
ルビー軸受の数も、21石 → 24石にグレードアップ。
もちろん新品のムーブメントなのでご安心下さい。
現在、素人計測ですが、日差±30秒以内で稼働しています。


500回還元祭 B12


次に整備する人が分かるように、メモを残しています。


500回還元祭 A8 500回還元祭 B13
左:濃緑  右:黒


同じ 7S26-3060 ですが、微妙に裏蓋の形が違います。
黒文字盤のほうが、エッジが立っています。刻印が違う(濃緑:WP 黒:KY)ので
製造工場が違うのか、製造年で形状を変えたのか、色々想像はしますけど真相は不明です。

どちらも浅い使用傷がありますが、気になるほどではないと思います。
後年のシースルー裏蓋仕様よりも、こちらのステンレス裏蓋のほうが装着感は良いです。


500回還元祭 A11 500回還元祭 B3

500回還元祭 A10 500回還元祭 B2
左:濃緑  右:黒


製造中止モデルなので、新品を手に入れることは困難です。
どちらも中古品ですが、かなり程度は良いです。黒文字盤の左下に少しシミがありますが、
これは写真拡大しているので分かりますが、肉眼ではほとんど気にならないと思います。
目立つキズもなく、角のスレもありません。どちらもキレイなケースですよ。


500回還元祭 A15


また分かりにくい写真ですけど、風防ガラスをダブルドーム サファイアガラスへの換装
しています。ダブルドームは、ガラス表面がドーム状に盛り上がり、クラシックな雰囲気になります。
ドーム内側も同じ曲率で凹んでいるので、文字盤の歪みがありません。

極端なドーム形状ではなく、ゆるやかなカーブですのでケースデザインとの違和感はありません。
写真だと分かりにくいのですが、実物を見て触ると純正フラットガラスとは雰囲気が全く違います。

サファイアガラスはキズもつきにくいので当てやすいドーム形状でも安心です。


500回還元祭 A2 500回還元祭 B9
左:濃緑  右:黒


腕に装着するとこんな感じです。
私は腕周り165mmで日本人の平均くらいです。ケース径は35mm弱と現行時計しか知らない人
には小さめだと感じますが、私はこのくらいが日本人にはピッタリだと思っています。
最初は物足りないかもしれませんが、使っていると見慣れてきますよ。むしろこのサイズが
ベストだと思うようになるでしょう。

このNATOベルトは私の所有物です。
今回も、新品NATOベルトを4色ご用意しましたので、その中から1本お選び下さい。
どの色も似合いますから悩みますねえ。

セージ
500回還元祭 A12 500回還元祭 B5

モス
500回還元祭 A13 500回還元祭 B6
グレー
500回還元祭 A14 500回還元祭 B7
ダークカーキ
500回還元祭 A1 500回還元祭 B8
左:濃緑  右:黒


純正ベルトも付属します。


500回還元祭 A3 500回還元祭 B10


濃緑のベルトはほぼ未使用だと言えるくらいキレイですが、黒のベルトは当て革の部分が擦れて
使用感があります。どちらも問題なく使用できます。中性洗剤でクリーニング済みです。


ガラスを社外サファイアガラスに交換したので、新品の純正ガスケットを入れてます。
リューズパッキン・裏蓋ガスケットも新品の純正に交換しています。
これである程度の防水は期待できますが、元々生活日常防水程度の防水性能しかありませんから、
あまり期待してはダメです。水が掛かっても大丈夫くらいに考えて下さい。


原価内訳です。

中古本体      7000円
NATOベルト    1800円
サファイアガラス  3000円
曜日カレンダー   1000円
NH36ムーブメント 4000円
ガラスガスケット  1000円
リューズパッキン  500円
裏蓋ガスケット   500円
-------------------------------
合計       18800円 

ということで、18800円スタートします。
ヤフオクは落札手数料が8.64%かかりますので、
このまま落札されると赤字です(泣)



出品は8月18日(土)に予定します。終了は8月19日(月)22時頃にします。

========== 終了しました ありがとうございました ==========

あまり意味はないかもしれませんが、このためにアカウントを取得された新規の方は
オークションの質問欄から購入意思があることを送信下さい。
購入意思のない新規の方は入札を取り消します。

支払いは、Yahoo!かんたん決済のみ
発送は、ゆうパック を予定しています。


質問等あれば、こちらのコメントでもヤフオクの質問欄でも構いませんのでお気軽にどうぞ。

皆様、どうぞお手柔らかに。
よろしくお願いいたします。
その他 | Comments(4) | Trackbacks(-)

祝500回 マンネリ脱却したい

文字盤の色 A5


ついこのあいだ400回だった気がするのですが、あっという間に500回を迎えて
しまいました。時が過ぎるのは早いですね。500回かあ。数字にすると仰々しい
ですが、まずは自分を褒めてあげたいです。

もちろんここまで続けられたのは、読んでくださる方々のおかげです。
いつもありがとうございます。コメントの書き込み、拍手ボタン・ランキングバナー
クリック、掲示板投稿、メール投稿などが私の原動力になっております。

ブログをはじめたのは2015年4月18日。今日で約3年3ヶ月23日 =1211日
1211÷500≒2.42 2.4日に1記事。ブログ初めてからずっとこのペース。
これ毎回書いてますが、回数を重ねるごとに不変なことが誇らしいのです。
なにしろ今まで自分で決めたルールを守れませんでした、なんだかんだ言い訳を
してうやむやにしてきたのです。これはすごい成長だと自負してます。

今では多くのSNSがあり、ブログよりも気楽に発信したりコミュニケーションを
とることができます。もはや時代遅れで下火のブログですが、私にとっては
ブログのスピード感と必要以上に接点が増えない距離感が好ましいのです。

私も今後はどうなるか分かりません。記事を書き続けること、時計ネタを
追い続けることって実は難易度が高いことなのかもしれません。普通は
同じようなことを100~200回繰り返すと飽きてしまいます。多くの時計ブロガーが
辞めていくのを見てきました。ひとつのことに執着しないほうが楽に生きられます。
私は良くも悪くも執着心が強いのでしょうね。


何度も節目には書いてますが、私のブログを書く目的は、
・日々蓄積される時計情報をアウトプットしたい。その情報を多くの人に読んでもらいたい。
・ブログ記事を読んでくださる皆さんと情報交換がしたい。

これは今でも変わってませんが、これを繰り返すだけだと先細りになるのは
間違いありません。マンネリ化は気力も奪います。近いうちに新しいことをする予定です。
確定するまでは書けませんが、水面下で着々と準備をしております。相変わらず牛歩ですけど。
これ400回のときも書いた気が・・・結局500回までにという目標は達成できなかったなあ。

書けていないネタもたくさんありますね・・・これも気力と時間の問題です。もっと上手に
スケジュールと体調の管理をしなくてダメですね。新しいことと平行してクオリティの高い
ブログ記事を書くのは大変だけど、自分で決めたことなので頑張りたいです。
皆さま今後ともよろしくお願いいたします。


今回も、読者様還元感謝祭やります。
500回なので、一応5本用意しています。(まだ全部完成してないけど・・・)
次回から複数回に分けて掲載します。乞うご期待。
ごあいさつ | Comments(25) | Trackbacks(-)

大人のブラウンミリタリー アルバ Y113-6020

Y113-6020 B4


以前に紹介した、アルバミリタリーの色違いです。

ようやくカタログが手に入りました。

Y113-6020 B6

アルバ販売店用 ウォッチカタログ1982年vol.2からの転載です。


裏蓋からも1982年製造ということは分かるのですが、1983・1984年の
カタログを所有してないので、いつまで製造されたのは分かりません。
中古流通量はかなり少ないのでサンプルデータもなかなか取れませんが
今まで1982年製造以外の個体を見たことがありません。

文字盤は、黒・紺・茶色の3色でした。
黒と紺色は見たことがありましたが、まさか茶色があるとは・・・
若年層向けのアルバにしては渋すぎるチョイスだと思います。


Y113-6020 B1


文字盤デザインは、どの色も同じです。しかし茶色だけはサンレイ仕上げです。
(黒・紺色はマット仕上げ)これもミリタリーらしからぬ設定ですね。
私はこの文字盤がとても気に入ってます。写真が下手で申し訳ないけど、キラキラと
光って美しいのです。アルバっぽくない高級感があります。そうですね私はこれを
見ているとカナブンを連想します(笑)夏の炎天下で使うには少々暑苦しい感じも
しますね。涼しくなって秋の装いになればバッチリ似合うでしょう。

しかしこの文字盤のデザインバランスは素晴らしいなあ。もちろんオリジナルは
ハミルトンなどが製造していたミリタリーウォッチなのですが、アレンジの加減
が丁度いい。


Y113-6020 B2


分厚いドームプラ風防がいい雰囲気ですねえ。
後継モデルはガラス風防になり、防水性能も上がりますけど
やっぱりこの文字盤にはプラ風防がよく似合います。


Y113-6020 B5


リューズはネジ込み式です。裏蓋はスクリューバックなので、ある程度の
防水は期待できます。私は汗をかく夏でも使っていますが問題ありません。
ただしプラ風防なので、突然の夕立などには注意が必要だと思います。

現行のアルバミリタリー APBT211 にもケースデザインが継承されていますが、
現行に比べてケースのエッジは立っているし仕上げも丁寧です。この時代の
モノは普及品でも職人の手仕事が入っているのが良いのです。


Y113-6020 B3


前回も書きましたが、すごく良い時計だけど非常に玉数が少ないです。
私は時計趣味を初めて6年くらい経ちます、その間ずっとヤフオクをチェック
していますが、これまで4回(リアルで遭遇したのは2回)程しか出品を見たこと
がありません。極一部のアルバマニアくらいしか欲しがる人はいませんし、
業者でも知らない人ばかりでしょうから、市場に出てこないのでしょう。
資料が少ないので推測ですが、製造期間も短かったと思われます。

こうなると黒色も欲しくなるのは、マニアの悪い習性ですね。
同じ時計ばかり集めてどうすんの?ごもっともです。
でもなあ・・・(笑)純正のベルトも手にしてみたいです。
セイコー | Comments(8) | Trackbacks(-)

物欲と煩悩

煩悩とは。

〘仏〙 人間の心身の苦しみを生みだす精神のはたらき。
肉体や心の欲望、他者への怒り、仮の実在への執着など。

コトバンク 大辞林 第三版 より引用

物欲は煩悩のひとつであり、私のブログを読んでくださる方なら、
大なり小なり自らの物欲に悩み続けていると思います。

俗世を捨て仏門に入るなら、物欲も捨て去らなければならないでしょう。
しかしこの物欲があるからこそ、労働意欲や生活にハリが出てくる作用も
あるのです。大きな視野で我が物欲を見ると実にくだらないことです。
別に生活道具として使えるならなんでもいいはずなのです。

モノにこだわって一喜一憂するなんて、バカみたい。ええその通りです。
でも一度気になりだすとダメなんです。欲しくなるとそのことで頭が一杯に
なるのです。困ったものです。はあああ。

ずいぶん前に、「本当に欲しいモノ」という記事を書きました。
もちろん今でもランクル熱は冷めていません。年齢的に人生の折返しですし、
年々程度の良い車輌は減ってきています。逆に価格は上がってます。
少しずつ家族の説得をして最近ようやく購入許可が許可が下りた?感じなのです。

鉄は熱いうちに打てといいますので、常にチェックしている中古車情報で
良い車輌の見積もりを取り始めました。そうしているとすごく状態の良い
自分の条件にピッタリな車輌が出てきたのです。もうねビビッときました。
まあ毎度のことなんですけど、ズッギューーーンと運命の出会いなのであります。

すぐに見積もりをお願いしたのですが、人気車種なのですでに先客がいました。
まあそうだよねえ。それでも一途の望みをかけて待つことにしました。
一応期限が決められていたので、そこまで待ったのですが・・・結局売れちゃいました。
まだ商談もできなかったし車輌も見てないのに、ずいぶんガッカリしました。

本当にバカみたいですねえ。もうねネット上の写真は網膜に焼き付くくらい見ました。
実に細かくオリジナルとの比較を何度もしたし、他店の同条件の車両とも比較も
しました。なんとなくだけど写真だけで部品の程度がわかるようになりました。
とにかく知識だけは異常に増えていくのです。

これが私の強みであり、弱点なのでしょう。
モノの情報収集能力には長けていると思います。長い時間でも苦になることは
ありません。いくらでもどんなに細かいことでも知りたくなり調べ続けます。
しかしこれが煩悩であり、生活や仕事に支障をきたすことになります。

今回売れちゃったお陰で目が覚めました。良いリセットができたと思います。
多分熱くなりすぎた私をお天道さまがお導きになったのでしょう。ははは。
自動車も時計も大量生産された工業製品ですから、条件に合った車輌は
かならず出てくるでしょう。その出会いを楽しみに待つことにします。

物欲万歳!
徒然 雑文 | Comments(2) | Trackbacks(-)
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

アーカイブ
ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより高品質
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER NATO G10 ナイロン製ミリタリーウォッチ 替えベルト 時計バンド ストラップ PVD加工ブラックバックル グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ