2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP時計思考 ≫ 目利きのススメ(後編)

目利きのススメ(後編)

前回は、頭(知識)と直感の話を書きました。


目利きとはモノを見ること。またその能力を備える人。

ではオールド時計の目利きとは。
本物か偽物、各部の劣化度合い、オリジナル部品の使用率などを鑑定すること。

もちろん知識無しでも購入することができます。運が良ければそのまま使うこと
ができますし、比較する知識がないので気になることもないでしょう。

でもうまいこと程度の良いモノにあたるとは限りません。そもそも現行の新品ではなく
オールド時計を選択する時点で、ある程度の知識が入っているはずですよね。
完全な知識無しで手に入れるのは、相続したときくらいかな。

私はオールド国産時計を収集していますが、オールド国産の偽物はあまりありません。
基本単価が安いからです。一部のダイバーズにサードパーティ製品(社外品)を使い
キレイに見せている時計があります。あとはネットオークションにオールド国産の偽物が
あるのですが、非常にチープで分かりやすい違いがあるので、一度でも本物を手にした
ことがあれば見分けがつきます。でもこれ結構落札する人がいるのです。
初めてのオールド時計がこの偽物で、国産ってこんなものかと思われるのが悲しいですね。

・・・いかんいかん。この調子で全ての具体的な目利き内容を書きだすと、また何日もかかる
ので省略します。今回はこれが主題ではありません。


前編で書いた直感は、知識があって初めて発動するものなのです。
時計自体の知識でなくても、例えば機械加工の経験があれば、時計外装の程度が見えます。
写真撮影経験があればネットオークション写真の見方も変わります。そういう経験による
知識があるから、これはなんだろう?ここなんだかおかしい。と感じるのです。

その直感は知識が必要ですけど、知識があるだけではダメです。つまり直感を使おうと
しないと、信じようとしないと発動しません。頭を使えば使うほど、頭に依存することに
なります。むしろ今の日本はそれが主流で求められることなので疑問に思うこともないでしょう。

直感も頭に関わっているので、非常に分かりにくいですよね。
やはり私の文章力だとこれが限界か・・・・言語化は難しいです。



今度は少し角度をかえて。
また参考書 目利きのヒミツ の引用です。

目利きのヒミツ
目利きのヒミツ
posted with amazlet at 16.03.16
赤瀬川 原平
岩波書店
売り上げランキング: 204,179

---------------------------------------------------------------------------------------
安物買いの銭失いといわれるように、安物買いは冒険である。打率十割なんてとんでもなく
て、三割二割の勝負かもしれない。でもそういう銭失いのゴミみたいな物の中に名品を見つけ
だしたときには、ざまーみろ、という気持ちになるのだ。
 誰に向かっていうのかわからないが、とにかく金という多数決ではない、自分の眼力で勝ち
取った、という嬉しさである。金額的には低レベルのことではあるけど、ぼくにとって中古カ
メラはそこのところが楽しい。値段が安いのはそれだけ人から見放されているということであ
る。誰の目にも見えていない。それを自分の目が真っ先に見つけ出す。高くて程度の良いもの
はそういう快感に欠けている。ひたすら金の工面だけが問題となる。
 じっさいにはそううまくいくものではないが、金の解決ではなく目の勝負に行きたい気持の
中に、金の価値と物の価値との分岐点が埋もれているように思う。
 さっきつい漏れ出て書いたが、金での解決とは多数決に従うことであり、一方の、目で勝負
するということの中に、自由、自決という快感が隠されてあるのだろう。
》P.217~218より引用

----------------------------------------------------------------------------------------

私はこの文章を読んだとき、胸が小躍りしました。『ああ。これだよこれ!』ずっと言いたくて
モヤモヤしていたものが吹き飛びました。

もちろん収集スタイルなんて人それぞれですし、他人のことをアレコレ言いたい訳ではありません。
自分のブログなので収集スタイルを知ってもらいたかっただけです。その収集スタイルが
赤瀬川原平氏と同じだったことが嬉しかったのです。

前編で書いたように、オールド時計の相場はマニア間の共通認識とリンクしています。つまり
マニアに人気な時計は、高価で価値があるモノ。稀少であってもお金さえ出せばいずれ手に入れる
ことができるでしょう。

ネットオークションにしろ実店舗や骨董市にしろ、ベテランや業者の目に止まらない良い商品が
必ずあります。それを見つけ出しひっそりと自分の手に入れることが、時計収集の醍醐味だと
思うのです。

私はほとんどネットオークションで手に入れてます。今でも安く落札できた瞬間は興奮しますし、
届いた商品を開封する時はドキドキします。その商品を手に取り自分のイメージ通り、それ以上だった
ときの嬉しさは何ものにも代えがたい。たった数千円でその快感が得られるのです。

残念ながら競り合って自分の希望価格以上で落札してしまった時は、手に入れた満足感はありますが
前述の快感はわいてこないのです。

ひとつ注意があります。その快感中毒になるともう後戻りができません。
ちょいと休憩と言いながらオークション内検索がはじまるのです。まさに泥沼(笑)


千里の道も一歩からです。
まずは数千円程度のオールド時計を手に入れてみましょう。
必ず自分の中に変化がおきるはずですよ。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
時計思考 | Comments(0) | Trackbacks(-)

コメント













非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ