2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPシチズン ≫ 高度経済成長期 駆け抜ける黒豹 シチズン レオパール8

高度経済成長期 駆け抜ける黒豹 シチズン レオパール8

レオパール C4


前回まではノンデイトモデルを紹介しました。

シチズン レオパール ノンデイト改
シチズン レオパール ノンデイト(2)

今回はデイデイトモデルです。当時(1969年発売)はこちらの方が主流。
レオパールは数えきれないほど多くのモデルがありますが、
ほとんどがデイデイトモデルなのです。朝から晩遅くまで働くモーレツ社員には
便利な機能だったのでしょう。携帯電話もPCも無い時代ですからね。

レオパール発売時は6振動の7200という機械が搭載されました。当時各メーカーは
機械を高振動化し精度を上げる流れがありました。レオパールも6振動から始まり
その後8振動、10振動とさらに高振動化していくのです。

このレオパールはレオパール8と呼ばれ、8振動の7210という機械が搭載されてます。
レオパール8は同シリーズの中心となるモデルで、数多くのモデルがつくられました。
特徴的な文字盤の豹マークもこのレオパール8からです。それまでは比較的
オーソドックスなビジネスデザインだったのですが、レオパール8からは多種多様な
デザインがあり見るだけでも面白いですよ。

セイコーが1968年にロードマチックを発売。価格帯も同じくらいのビジネス時計なの
でライバル関係になります。以前「セイコーとシチズン」というタイトルの記事
書きましたが、商品展開も似ていて両者意識していたと思われます。

ロードマチックは新開発の機械を搭載していて、日付曜日ともにリューズで早送り可能、
曜日は英語/日本語が選択できる。今までになかった革新的な機械だったのです。
レオパールも1971年に7710という同等の機能を備えた機械で追従しました。

ロードマチックは一部例外もありますけど、ほとんどはオーソドックスで真面目な
デザインです。レオパール8はスポーティーで少し変化をつけたモデルが多いです。
変わったディテールで実験的なデザインもあります。とはいえビジネス向けなので
セイコーアドバンみたいな前衛性はありません。


レオパール C6


このレオパールは、ケースや風防ガラスはキズが酷かったので研磨してます。
オリジナルケースはヘアライン仕上げなのですが、鏡面仕上げにしてみました。
どちらともキズが結構深かったので消しきれていません。確か1,500円くらいで買った
ジャンクなので、文字盤劣化もあるし仕方ないところです。

文字盤デザインがイカしてますよね。
斜めにカットされたインデックス、長い秒メモリ間に短い0.5秒メモリを配置、
黒字に白文字のクールなデイデイト、艶消し黒のスリット入り長短針、
一番目立つのはオレンジ色の秒針ですね。普通、針って尻尾みたいに軸をはさんで
針の反対にも短く突き出ますよね。長短針に尻尾がないのは珍しくないんですが、
秒針の尻尾なしはまず見ることがないディテールなんですよ。
見慣れないので、なんとなくアンバランスな感じがしますけど。


レオパール C5


リューズ1段引きで日付の早送り、2段引きで時刻合わせ。
7210なので、曜日のリューズ早送りがありません。いわゆる9時-1時で早送りです。

セブンスターやクリスタルセブンのように売れたわけではないので、玉数もそれなり
ですが、欲しいモデルもオークションで気長に待てば結構出てきます。(一部除く)
グレードで大きく相場が違います。大まかに分けると

6振動・8振動 ≦ 10振動 < ハイネス(クロノメーター) < 金無垢

普通の6振動・8振動モデルは数千円から手に入れることができます。
そうそう検索するときは、「レオパール」「レオパード」「LEOPARD」と
「シチズン」「CITIZEN」を組み合わせて色々と検索してみると吉ですよ。



下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
シチズン | Comments(2) | Trackbacks(-)

コメント

編集
おはようございます。

レオパールいいですね。0.5秒表示の長い刻みが高精度を予感させますよね。

私のは全数字の日付、曜日表示のロードマーベルを意識したのか?28800とプリントされた例のアレです。精度はさすがなんですが、全数字にカレンダーはスッキリしませんね。登坂機会は少なめです笑

カレンダー無しのクッションケースもありますが、バーインデックスが正解のようですね。
2016年03月18日(Fri) 08:55
Re: タイトルなし
編集
全数時大好き さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうなんです。実際の精度も良いのですけど、細かいメモリは高精度に
見えますよね。

私も色々調べたのですが、ノンデイトはケースが2種類あります。
(4-760026,4-760018)
それぞれにバーインデックス・全数字の設定があり合計4種類です。

全数時大好きさんがお持ちのデイデイト全数字はまた少しケース形状が違うようです。

ノンデイト・デイデイトいずれにしても全数字はすべて豹のマークはありません。
当時のカタログを見ても豹マークがついたときにはカタログ落ちしてます。
ロードマチックは生産終了まで全数字がラインナップしてたので、なんで廃番にしたのか
色々と考えてしまいます。

確かにレオパールの全数字はあまりパッとしません。フォントと配置のバランス、
ケースとの相性なのかな。ロードマチックに追従してつくられただけなのかもしれません。

マニアの悲しい性なんですが、やはり全て手にしてみたいんですよね(笑)
早く手に入れておけば良かったのですが、最近レオパール全数字は高い。
玉数少なくてめったに出てきませんしね。
2016年03月18日(Fri) 12:40












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ