2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP時計思考 ≫ 時計趣味とブランドロゴ

時計趣味とブランドロゴ

こんにちは。
今週もはじまりましたね。
日曜日はお天気も良く、たくさん歩いたので疲れが抜けてません。
運動不足だよなあ。日頃は、鞄とマウスくらいしか持ちませんからね。
登山やマラソンの趣味でも始めようかしら・・・なんて。三日坊主の予感(笑)


ロゴ


今回はブランドロゴについて考えてみます。

ほとんどの時計に、印刷なり植字なりでブランドロゴ(商標)が入っています。
商標を出願して商標登録されると、商標権が発生し登録商標を独占的に使用できます。
つまり第三者が使用することをできなくするわけです。この権利が侵害された場合
差し止め・損害賠償を請求することができます。ただし日本での登録は日本国内のみで有効。
商標権は登録から10年有効ですが、更新することでさらに10年の存続期間が発生するので
事業者がやめないかぎり永久に存続させることができます。

この商標は法律で保護されますが、メーカーが積み重ねて築いた信用の証になりますし、
それに伴う責任もあります。粗悪製品をつくったり不誠実な対応をしていると、その商標に
キズがつき、逆に避けられる目印となってしまいます。
私達は専門知識を持ってるとは限りませんし、モノの良し悪しを判断するスキルを持ってる
とは限りません。モノを買う時に判断する目安として商標があるのです。

私は時計マニアなので、持ってる知識と経験値である程度判断することができます。
しかしムーブメントなどはこれまで実績のあるメーカーのモノを選択することが
多いので、やはり商標に判断を頼っているわけです。


重要なブランドロゴですが、
私は必要以上に主張するロゴが好きではありません。
やたらバカでかいロゴマークだったり、何回も繰り返し配置されてたり・・・
「はいはい。もう分かった分かった」と萎えてしまいます(笑)

スポーツ選手など、ある分野のトップランナーにはスポンサーがつきます。
お金や用品が支給される代りに、身につけるものにブランドロゴを入れなくては
なりません。入れる位置や大きさで金額も変わります。
私達にスポンサーはつきません。でもブランドロゴの入ったモノを身に着けるという
ことは、そのブランドの宣伝もしてるわけです。

そうそう余談ですが。ソフマップ背景は有名な繰り返し配置ロゴですよね。
モデルの写真集・DVDの宣伝の時に使われ、あの市松模様が脳裏に焼き付けられるわけです。
同じ手法が他でも見られます。知事や市長などの会見の背景もそうですね。


最近ミリタリー時計を調べるようになって、ブランドロゴが入ってない文字盤があることを
知りました。元々ロゴがある位置(多くは12時インデックス下)に何もないことに最初は
違和感がありました。でもバランスさえ取れていれば、別にいらないんですよね。
商品名や石数やオートマチックなどの文字も同様です。その情報は別に無くてもいい。

時計マニアは、ブランドロゴなど、文字盤に書かれた文字の僅かな違いにも一喜一憂
するわけですけどね。前期型・後期型などと区分したり。


時計を分解したり、修理・修正したり、サードパーティー製品を買ったり・・・など。
時計部品を触ったり、比較していると、その素材や仕上げのレベルが分かるようになります。

そうなるとブランドロゴに頼らずに自分で選択できるようになります。
ムーブメント以外は、小さな会社の製品でも一定以上の品質で安価なモノがたくさんあります。
大手メーカーの製品でも部品は外注なのですよ。開発クオリティは違いますけどね。
時計はそういう部品を組み立てたモノなので、小さな企業や個人でもオリジナル時計をつくる
ことができるのです。当然リスクはありますけど。


結局何が言いたいのでしょう。私もわからなくなってきました(笑)
私も詳しくない商品、こだわりのない商品などは、ブランドロゴを目安に購入することが
あります。時計も多くの人は、ブランドロゴありきの選択でしょう。実用ならそれで
問題ありませんし、失敗も少なくなると思います。でもつまんないですよね。

時計を趣味にするなら、自分で判断基準をつくってブランドロゴになるべく頼らないこと。
これが長く楽しむ極意の1つのだと思うのです。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
時計思考 | Comments(6) | Trackbacks(-)

コメント

No title
編集
若い頃は時計、財布、キーケースなどブランド品に拘りました。
車もアルミは鍛造、オーディオはこことか。
いろんな商品がありますが、誰しもが一度は通る道だと思います。
でも、年齢を重ねていくうちに好きで買うというより、
他人にアピールする事に拘っているのだと気づきました。
持っている俺を、着けている俺をもっと見てくれ!気づいてくれ!
という感じだったんですね、自己承認ではなく他者承認だったわけです。
それからは、他人の目など気にせず好きなものを購入するようになりました。
いまは身に付けても1人で見てニヤニヤしてます。
だからなのか時計もブランドロゴに対する関心はもうありませんね。
むしろロゴなど無い方がさっぱりして好きです。
2016年10月18日(Tue) 22:09
Re: No title
編集
泉筒子 さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りです。
歳を重ねてもブランドロゴがステータスだと考える人は
多いですよね。高級ブランドを買うことができる力を誇示
されたいのでしょう。確かに私のような庶民には買えないので、
お金が沢山あってスゴイなあ(棒)と思いますけどね。

お金の使い方なんて自由ですからね。
キャッシュでポンと買うのも、借金して買うのも自由。

モノの良し悪し、製品の原価やその他諸経費などが、ある程度分かると、
考え方も変わります。自分は何に対してお金を払っているのか。
お店でチヤホヤしてもらうことにお金は使いたくないなあ。

一部の人々が平伏す(フリをしてくれる)紋所が欲しいですか。
私は興味ないです。
2016年10月19日(Wed) 12:44
No title
編集
いささかの自戒と反省をこめて…笑

私が社会に出て自分の薄給なりに自由になるお金が増えた頃、時計情報誌など皆無のところに…

出ました…「ガジェットmono腕時計」、「timespec(薄い方)」

やられました笑 もろに感化されました笑

それまで地方で地道に時計店、質屋さん巡りで古い時計への熱を高めた私が最先端の情報発信地である東京に再就職し、カウンターのように時計情報誌の発刊、休日は有名アンティーク時計店巡りです。

地方で集めた300本余りの時計とやや増えたお小遣いを元手に当時人気のあった雑誌などに取り上げられる人気のモデルの中から自分好みな品を、手に入れ楽しんでいました。

有名メーカーのものは確かに出来の良い魅力的な時計が少なくなかったのですが、価格高騰中のなかでうまくわらしべ方式でしのぎながら、買い取り、下取り、転売などであらゆるメーカー、モデルに手を出しました。とは言うものの、独身と言えども薄給の身、売って買っての繰り返しで、コンプリートで収集など夢のまた夢でした。

その頃の遺産といえば、今日では目にすることさえ少なくなった数々の貴重で高額な品を実際に目に触れ、手で触れる機会を許された大らかな時代で、貴重な経験ではあったとは思います。

その後、様々な紆余曲折を経て、今では国産普及機、海外エボシュ系機械を中心に、「これ好き❗」という規準で自分好みの1本を選んでマイペースで楽しんでいます。

時計は人気のブランド、人気モデルでなくとも、自分好みの品をたのしむのが何よりだと確信しています。

アカツメさん、先日話題にしたチャンピオンは画像以上に実物を実際に手にしてみたら「カッコいい~!」って思ったでしょ笑

あれは秘かにセイコーの隠れた名品だと思います。

いささかスレチ気味ですが、ブランド、モデルなどにとらわれず、自分の価値観で選ぶ時計が「真に価値ある1本」だと思います。


2016年10月20日(Thu) 05:05
No title
編集
ブランドには時間を掛けて確立された評価や価値、信用は存在しますし、
私自身もSEIKOだから安心だとか、日清だから旨い筈だとか、
消費行動の選択基準になっているのも事実です。
なのでブランドそのものを否定するつもりは毛頭ないんですが、
時計や小物などファッション分野や美術品分野では、
一般的評価と本質的価値に大きな隔たりがあることが多いと感じるのです。
超絶技巧で磨かれた汎用ムーブとただの自社製ムーブ、
新進気鋭の若者が作った茶碗と人間国宝が作った茶碗、
評価は付加価値の差だと言ってしまえばそれまでなんですが、
本当に見て判断しているんだろうか?
一般的評価に迎合しているだけではないだろうか?
作者の肩書きやブランドのロゴで判断しているんではないだろうか?
と、こういった価値観に対して懐疑的になっています。
だからこそ銘はいらないや、ロゴはいらないや、などと思うようになりました。
一種の反抗期みたいなものですが、終わりのない反抗期だと確信してます。
2016年10月20日(Thu) 05:59
Re: No title
編集
全数字大好き さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

私はブログで偉そうに、自分の陳腐な意見を垂れ流しているわけですが、
本当はブレブレで大したことはありません。

私の場合は、若い頃も今現在もお金はありません(笑)
でも皆さんと同じで、若い頃はテレビや雑誌に影響されましたね。

若い頃は時計には興味がなくて、オートバイだけでした。ちょうどバイクブーム末期
でしたね。ローン組んで購入して、さんざん乗り回して二束三文で下取り、
さらにローンを・・・その繰り返しなもんですから貯金などなく常に金欠。
でも楽しかったなあ。

今みたいにネットは発達してなくヤフオクなんて無かったので、雑誌の個人売買や
解体屋巡りで部品を調達してました。今考えたら昔はコミュニケーション能力が要求
されたんですよね。

ブランドは皆が欲しがりますし、一部ブランドは下取り価格が落ちません。
むしろ売る時に上がったりしますものね。自分が好きな時計ならいいんですけど、
わらしべありきで購入したら、もはや時計趣味ではなく投機ですよね。
もちろんそれもアリだと思いますけど、私は興味ありません。

チャンピオン、実物も本当にカッコいいです。
全数字大好きさんに紹介されましたが、ビビッと一目惚れした時計なので、
間違いはありません(笑)

そうですね。
自分の判断基準をつくることって意外に難しいのかもしれません。
私も考えてみると結構いい加減ですから。
2016年10月20日(Thu) 18:51
Re: No title
編集
泉筒子 さん

こんばんは。

私は焼き物(生活雑器)も好きで、窯元を巡ったり展示会に行ったりして
購入しています。基本作家や窯元の言い値なんですが、やはりヒエラルキーが
存在していて有名な作家の作品は高価です。

百均の器でも、人間国宝の大先生の器でも食事はできるわけです。
時計も同じ、百均の時計、雲上ブランド時計どちらも時刻はわかります。

焼き物収集趣味にも流派があります。
私は当然安くて良いモノ派なんです。焼き物が面白いは『作為を感じさせない』
モノを良しとするところ。銘を入れず一職人としてひたすら同じモノをつくり
続けることで到達する無意識の美。そこにブランドという概念はありません。
後付でメディアがその工房をブランド化することはありますけど。

同じ作家・工房が作ったモノでも、生活雑器と茶器では価格が変わります。
作家曰く、それなりの気構えで丹念につくっているからと言われるが、
様式の差で多少形は違えど同じ土でつくったモノ。茶器としての格式を上げる
ための値付け。時計もなんだか似たような感じがします。
もちろん茶道を否定してるわけではありませんよ。

焼き物は見せ方や場所でもよく見えたりするので難しい。
大先生の工房やお宅は、普請も高級だったりするのでモノがよく見えるのです。
ブランドなんて気にしないと言いながらも、大先生のところだどフィルターが
かかったり、建物自体の雰囲気にのまれたりするのです。
時計高級ブランド店のキラキラゴージャスな雰囲気つくりにも意味があります。

時計は多くの部品の集合体で、均一な工業製品です。
その点、焼き物は面白いですよ。土と釉薬だけですからね。超シンプル。
でも元の土の方が良かったんじゃねえのと思えるような駄作から、凛とした
オーラを纏った美しい作品まで幅広いです。そのなかで自分が買うことができて、
使って気持ちのいいお気に入りを見つけるのが楽しいのです。
2016年10月20日(Thu) 18:57












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ