2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP書籍 ≫ おすすめ時計書籍(その14) 匠の時代1 セイコークォーツの世界

おすすめ時計書籍(その14) 匠の時代1 セイコークォーツの世界

こんにちは。
私のお休みは今日までなので、そろそろ早起きして生活サイクルを
元に戻さないといけません。このお休みは、のんびりと休養がとれました。
明日から頑張れそうです。


さて今回は、お正月に何冊か本を読んだので、そのうちの1冊です。


新版 匠の時代 1 (岩波現代文庫)
内橋 克人
岩波書店
売り上げランキング: 503,449


以前に紹介した、THE SEIKO BOOK にもセイコーの歴史・開発話があるのですが、
この本はさらに詳しい内容となっており、非常に面白く一気に読んでしまいました。


世界初の量産クォーツ時計を発売した諏訪精工舎の歴史。
第二精工舎の下請けだった山崎屋時計店から始まり、戦前の大和工業。そして工場疎開先と
なった第二精工舎諏訪工場(のちの諏訪精工舎)までの流れを知ることで諏訪精工舎の
成り立ちがわかります。

セイコーファンでは有名なスイスの天文台コンクールの話。現在でも色々な解釈がされてますが、
純然たる事実として、セイコーが持ち込んだ、機械式時計・水晶懐中時計ともに上位を独占し、
技術でスイスを追い詰めたのは間違いありません。その結果コンクール自体が消滅したりした
のですが、セイコーはコンクールにこだわらず、クォーツ時計量産を目標に舵を切り直すのです。

当時の諏訪精工舎には、柔軟な発想力と、その発想を形にできる社風がありました。
例えばクォーツ時計に必要なモーターはひとつの部品として設計するのではなく、分散して
ムーブメントに配置する。これで薄くすることができました。分業化が進んでいたスイスでは
この発想は生まれなかったでしょう。
またクォーツ腕時計を小さく薄くするためには、特殊なIC(集積回路)が必要でした。
当時そのようなICはどのメーカーも量産してません。セイコーが出した答えは、
「ないならばつくればいいじゃない。」しかし専門エンジニアなんているはずもなく、
半導体の神様と呼ばれる教授のもとで勉強しながらの開発でした。結果、世界最初の量産クォーツ
時計は大量のトランジスター・コンデンサーを職人技でハンダ付けされていたものが、
開発完成したICにより、省力化・小型化されました。それに伴い価格も下がったのです。


セイコーファンは、この新しいモノや技術に挑戦し続けるセイコースピリットに魅了されて
いるのだと思います。現在のセイコーにこのセイコースピリットは残っているのでしょうか。
世界のトップを走り続けていたセイコー。もはや過去の遺産を食い潰すしかないのでしょうか。
セイコーファンは期待しています。驚くような時計が発売されることを。


Amazonでは格安中古本があります(2017年1月現在)
図書館にも所蔵してると思いますので、ぜひ1度読まれることをオススメいたします。
セイコーファンになることうけあいですよ。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
書籍 | Comments(6) | Trackbacks(-)

コメント

No title
編集
こんばんは。

セイコーファンとしては興味深い本。早速、注文して読んでみます。ちなみに僕がセイコーを好きになった本は若山三郎氏の「時計王セイコー王国を築いた男」です。ご存知かもしれませんがオススメです。
2017年01月04日(Wed) 20:34
Re: No title
編集
川口智秋 さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

「時計王セイコー王国を築いた男」は知ってはいましたが、未読でした。
早速、Amazon注文しました。
たくさん読む時間はありませんが、本を読むのが好きです。
2週間に1度、必ず図書館にも行ってます。ただ・・・無料の本は
流し読みになりがちです。読まずに返す本もあります。
格安でも身銭を切った本は、真剣に読みますからね。
2017年01月04日(Wed) 23:29
No title
編集
アカツメさん、こんばんは。
匠の技、早速アマゾンで買ってみました!楽しみです。
セイコーの読み物といえば昨年これを読みました。
プロジェクトX 挑戦者たち 新たなる伝説、世界へ 逆転 田舎工場 世界を制す/クオーツ・革命の腕時計
是非オススメします。テレビのを見たかったです。
2017年01月08日(Sun) 23:42
Re: No title
編集
山南蒼天 さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

今まで読んだセイコーのお話の中では面白く、また読み直すと思います。
プロジェクトXは昔テレビで見たと思ったのですが、記憶があいまいです。
これも再度見直してみようと思います。内容がカブってるので比較して
みるのも面白そうです。
2017年01月09日(Mon) 10:15
No title
編集
アカツメさん こんにちは。
よく調べたらプロジェクトXはネットに動画ありました、とても感動的でした。
セイコーのクオーツがまた好きになりました。
エンドロールに匠の時代と出てました、引用してる訳ですね。
しかし諏訪セイコー、亀戸セイコーの関係って複雑ですね。
一般の人には分かりづらいですね。
2017年01月09日(Mon) 11:27
Re: No title
編集
山南蒼天 さん

こんばんは。
プロジェクトXのテレビはごく一部を切り出して、分かりやすく
端折っています。匠の時代はもっと詳しく書かれた話なので、
より理解を深めることができますよ。諏訪セイコー、亀戸セイコーの
関係もよくわかります。
プロジェクトXの良いところはビジュアルがあることです。
諏訪の町並みや、開発者の顔が見えるとイメージがしやすいですね。
2017年01月09日(Mon) 23:59












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ