2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP書籍 ≫ おすすめ時計書籍(その16) スイス時計交流記

おすすめ時計書籍(その16) スイス時計交流記

こんにちは。
今回の記事には関係のない話です。

先日、よく行く部品屋さんでガスケットを買っていたら、若い女性がお店に
入ってきました。ああ、このお店の関係者なのかなあと思っていたら。
「針押さえはありますか?」「はじめて使うのですけど、どれがいいですか?」
ん?・・・ええーー!思わず目を見開いてしまいました。
私の勝手なイメージですが、時計趣味って男だけだと思いこんでました。
私のブログ訪問者の性別は分かりませんが、コメント頂ける方々は男性ばかりだと
思ってます。しかもその女性はキレイな方だったので、針押さえという単語に
すごく違和感がありました。すいません。これも偏見ですね。

もちろん直接お話をしたわけではなく、お店の人と話してるところを見ただけです。
仕事に使うのか、趣味なのかも分かりません。ひょっとしたら専門学校の学生さん
かなあ。我が県には時計専門学校はありませんが。いやはやビックリしました。



さて、前置きが長くなりました。

今日紹介する書籍はこれです。

スイス時計交流記―時計業界の不思議と思い出の時計を語る
久下 晴夫
グリーンアロー出版社
売り上げランキング: 1,294,618


著者 久下晴夫氏は、セイコーに入社されますが技術者ではなく、
その後和光に転籍し時計の小売・流通に従事された方です。

技術的な話はありません。1960~1990年代の時計業界の移り変わり・実際に体験されたことを
販売側の視点で書かれています。特に1969年にセイコーが発売したクォーツ時計の
影響は業界では凄まじく、時計大国スイスも大きく変動します。その時代の業界裏事情
は興味深く、いろんな駆け引き話はとても面白い。

私は時計が好きなので、クォーツが今までの常識をひっくり返すほどのモノだと
いうことは分かっています。でもそれは今現在の時計を見たり、これまでのデータを読んだ
から理解できることです。当時の人々にはクォーツなどという新技術は得体の知れない
モノでした。販売していた人ですら理解されてませんでした。このクォーツが世界を席巻
することになるなんて誰も予想してません。想定していたのは開発技術者くらいでしょう。

この書籍は、当時のカタログや雑誌を読んでもわからない時計業界や庶民の雰囲気が
書かれています。実際にその時代に時計を仕入れ販売してきたから書けることです。
クォーツ黎明期、私はまだ生まれてもない時代なので鮮明にイメージはできませんが、
時計好きには魅力的な時代だったように思えます。


セイコーはクォーツ技術を独占せずに、むしろオープンにして他の会社でも生産できる
ようにしました。そのため各社、効率化・コストダウンが進み急激に浸透していくのです。
当然スイスも追従せざるを得ないのですが、クォーツを無視したい、機械式の復権を目指す
動きがありました。詳しい駆け引きは省略しますが、結果的に機械式時計ブームを起こし
沈んでいたいくつものブランドが復活したのです。

スイスはクォーツ全盛になっても機械式時計をつくる工作機械・製造技術を捨てませんでした。
日本は、全てクォーツ時計にしてしまい。世界トップクラスだった機械式時計を捨てました。
これが後の機械式ブームのときに効いてきます。著者は日本人とヨーロッパ人は行動原理が違う
といいます。この書籍では書ききれなかったようですが、もっとこの話は読みたかった。

ヨーロッパの町並みは、統一感があり美しい。伝統が守られることが当たり前なのです。
日本でも伝統的建造物群保存地区など一部では保存する動きがありますが、それ以外では
昔ながら伝統建物集落でも平気で洋風プレハブ住宅を建てたりします。良くも悪くも日本人は
こだわりがなく新しいモノにも抵抗がないのです。


本書の引用ですが、“日本人は高級な消費生活を目指す時に、なぜ、よく知られた高価な
ものを買おうとするのか、またなぜ、大勢の人たちと同じものを持ちたがるのか、
この日本人消費者性向は、あと何年かで変わるのか変わらないのか・・・”
著者は、高級時計を販売しながら、ずっと思い続けたようです。

私は高級品には縁がないので、論じる資格はないのかもしれませんが、
雑誌やネットでは、いつも同じブランドの話題をひたすら繰り返してます。検索ヒットする
キーワードも上位になりますから、ますます情報が回されていくのです。
わかりやすいブランドは虚栄心が満たされる。と書けば簡単ですけど、著者は行動原理の
違いからくる性向を考えて続けていたのだと思います。


THE SEIKO BOOK や 国産腕時計博物館 とは全く違う切り口で、時計の歴史を学ぶ
ことができます。私は舶来時計のことは詳しくないので、初めて知ることも多かった
です。業界人ならではの話も、盛り沢山なので楽しめると思いますよ。




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
書籍 | Comments(0) | Trackbacks(-)

コメント













非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ