2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP雑文 ≫ セイコーダイバーズ考察 (by Seiko watch design)

セイコーダイバーズ考察 (by Seiko watch design)

時の記念日 6月10日にセイコー公式webサイトにこんな特集が
アップされていました。

https://www.seiko-design.com/

セイコーのデザイン担当者が色々と語っています。
当たり障りのないことがほとんどですが、読む側も色々想像します。

異名を持つ時計たち。
by Seiko watch design Vol.2

https://www.seiko-design.com/aka/index.html

ついにセイコーダイバーズのニックネームについてセイコーが公式に語ったのです。
当然、今までもニックネームがあることは知っていたはずです。
今までスルーしてきたことを、あえて公式に書くことに意味があるはず。

先日の復刻サムライのプロモーションビデオでも、鎧兜姿のサムライが出てきて
ビックリしました。しかもツッコミどころ満載で完全に狙ってきています。

エイプリルフールにはツナ缶のジョークがアップされてましたね。


一応このように書かれています。

“もちろん、私たちが企業としてそのような名称を掲げているわけではない。
自然発生的にそうなったのだ。”


同公式webサイトより引用


全編面白く読まさせていただいたのですが、今一番気になるのはサムライですね。

デザイナーならではの視点でサムライについて考察しています。
サムライの由来は直線で構成されたデザイン。特にラグとベルト接合部のスパッと
切り落とした面からイメージしたといわれています。
その他のディテールにも和の形・サムライをイメージさせる部分があると詳しく
語っています。なるほどなあ。後付けかもしれないけど説得力があります。


面白いけど、想像だけで持論を語るのは社外のデザイナーでも出来ることです。
稚拙で貧弱なボキャブラリーで良ければ、私でも書けますよ。
すでに多くの方がブログ等で書いていますし。
 
セイコーの社員なのですから、開発当時の資料とか使えなかったのかなあ。
もう退社されてるかもしれませんが、実際に設計した方のお話とかも聞きたい。
セイコーダイバーズファンとしては、そこら辺に興味津々なのです。
ちょっと今回の趣旨から外れるかもしれませんが、オリジナルデザインの原点は知りたい。

また復刻サムライ、復刻サードの開発に関わっておられるのであれば、
そのお話も聞きたかったですね。ここまでニックネームについて考察して、ファンの
イメージも理解されているのですから、復刻するときに考慮したこと、変更した
箇所の解説も大変興味深いです。

直線基調で潔いデザインがサムライの個性だと語られていますけど、復刻サムライに
大型台形インデックス・モンスター針を採用したのはなぜか。私はずっと気になっています。
サムライらしさは必要なかったのでしょうか。

亀が大きくなった理由も知りたいですね。

「じゃあお前は買わなくてもいいよ。」と言われると泣きそうになるのですけど。
セイコーファンはオリジナルデザインに愛着があるのです。色んな理由で変更
するのでしょうけど、復刻されたモノを見ると、セイコーとの温度差を感じるのです。

まあそれでも買ってしまうのですけど・・・




下記ランキングサイトに参加しています。
よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村   


時計 ブログランキングへ

スポンサーサイト
徒然 雑文 | Comments(2) | Trackbacks(-)

コメント

No title
編集
セイコーダイバーズの魅力がさっぱり分かりません。
しかし、セイコーミュージアムへ行き歴代ダイバーズを見たら、
「分かるかも、いや、むしろ・・・欲しい」

しかし奥の深そうな世界だし、リプロダクトや改造、復刻、偽物(?)が入り乱れていてダイバーは怖いです。

2017年06月14日(Wed) 21:19
Re: No title
編集
バタピー さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

そうですね。今は情報が多すぎるので分かりにくいかもしれません。
高級ダイバーズもありますけど、本流はファーストから継承されている
定番ダイバーズです。若者でも買えるような手頃な価格で、実用に堪える
防水性能があるところが魅力です。

現在は5代目のSKX007(通称ブラックボーイ)です。もちろん新品で手に入ります。
他にも派生モデルが沢山売られているのですが、全てを説明することはできません。

Mr.Shop時計屋
http://seiko5.shop/watch/5_divers.html

ここは店長さんが親切に色々教えてくれます。商品も全て検品しているので
安心して買えます。

もちろん近くのセイコー取扱店でも購入することができます。
ただし通常は逆輸入品の扱いはないので、ボーイやモンスターは売ってません。
なのでアウトレットや大手家電店のほうが在庫が充実してるかもしれません。

まずは気に入ったダイバーズを新品で購入すると良いですよ。
安価ですし、最悪気に入らなくてもヤフオク等で売れば、それなりに回収できます。
実際に使ってみないと分からない良さもあるのです。

有名店で買えば高年式の偽物を掴むことはありません。

ただし人気のセカンド・サードの偽物パーツはかなり出回ってます。
ヤフオクでも普通に出品されてます。私はもはや高価になりすぎてオールドダイバースに
手を出すことはありませんが、もしオリジナルがどうしても欲しいなら、かなり勉強が
必要です。

まずはあまり深く考えずに、ダイバーズを楽しむと良いですよ。
そのうち自然と知識は増えていきますから。

今後ともよろしくお願いいたします。
2017年06月14日(Wed) 22:38












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ