FC2ブログ
2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOPセイコー ≫ 小粒でもピリリと辛い アルバ フィールドギア V533-6A00

小粒でもピリリと辛い アルバ フィールドギア V533-6A00

V533-6A00 A1


またまたアルバミリタリーです。


私は、以下の特徴がある一連のアルバを、アルバミリタリーと勝手に呼んでいます。

・ミリタリー風の24時間表記付きのアラビア数字文字盤
・読みやすいバトン針
・夜光付き
・コンパクトでシンプルなケース
・デイデイト表示
・高い防水性能

アルバ黎明期から存在し、以前に紹介した初期型から少しづつ仕様変更され
ながら、現行のアルバチタンミリタリーにつながります。

アルバミリタリーは、大まかに分けると5期あります。

1期 Y113-6020 1982~
2期 V533-6A00 1987?~
3期 V743-8000 1992~
4期 VX43-0AE0 2002~
5期 7N43-0AE0 2002~

今回紹介するアルバミリタリーは、2期のモデルになります。

アルバは蒐集されているマニアも少なく、当時の資料もなかなか出てきません。
ネット上でも常に検索して、サンプル個体の写真をを集めて整理・考察してますが、
まだ良く分かっていません。少しずつカタログなども集めていますけど、特に古いものは
手に入りにくいですね。時計お店が閉店したときに、古いセイコーのカタログは
高値取引されるので確保されますが、需要のないアルバのカタログは破棄されるのでしょう。
1980年代のカタログをお持ちの方がおられたら是非見せて欲しいです。


V533-6A00 A3


・このモデルで特徴的なことは、サイズが小さいこと。
ケース径は32mmと歴代アルバミリタリーの中で一番小さいです。
現代は32mmだとレディースサイズとされることもありますが、1980年代は
小さめだけどメンズサイズでした。少し前に復刻されたジョブズ氏のシャリオ
オリジナルは33mmなのです。

セイコーミリタリーの元ネタとなる、ハミルトンなどが製造して軍に納入されていた
本物のミリタリーウォッチにも32mmほどの小さいサイズがありました。

・カレンダーが黒地に白文字です。
他のモデルはすべて白地に黒文字なので、このモデルのみの仕様です。
フォントも横長で他のモデルとは異なります。

・数字インデックスにも夜光が入ります。
他モデルはすべて目盛りに点夜光が入るだけで、数字はただのプリントです。
ルミブライト(根本 ルミノーバ)は1993年からなので、夜光は暗いです。
一応まだ薄っすら光ります。

アルバにしては全体的にコストがかけられた凝ったつくりです。


V533-6A00 A4


・裏蓋がスナップ式(ポコ蓋)です。
他のモデルはすべてネジ式(スクリューバック)。そのため、このモデルは10気圧防水です。
この後のモデルはすべて20気圧防水になります。


V533-6A00 A6


・ケースの基本デザインは同じですが、径は小さくラグも細いです。
現在の普及品ケースと違い、エッジがビシっと立ってます。私の個体は少々使い込まれて
いますが、こんなにメリハリのあるケースは今のアルバには絶対に不可能です。


・日本製です。現行モデルはムーブメントは日本製ですが、その他・組み立ては中国製です。
いまでは中国製造のクォリティーは高いし、あまりこだわる意味はありませんが、
丁寧で職人の息づかいが聞こえるような良き時代の日本製は良いモノですよ。


V533-6A00 A5


この2期 V533-6A00 は、さらに前期モデル・後期モデルに分けられます。
私のは1988年製の前期型です。1989年以降の後期モデルは、フィールドギアのペットネーム
が付き、文字盤12時下に FIELD GEAR と表記されます。

3期のV743-8000に比べて製造期間も短かったため現存数も少なめです。
サイズが小さいためか、V743-8000のような人気はありません。
ヤフオクだと1000~4000円程度で落札できます。


私の腕サイズは日本人の平均(腕周り165mm)です。
アルバミリタリーの34mmモデルはよく使いますが、やはり32mmは少し小さく感じるのです。
腕の幅に対して、全長も短く、時計本体のボリュームも小さい。
ケース形状や文字盤デザインはカッコいいのですけどね。

もう少し腕の細い方や、女性の方にはピッタリだと思います。
歴代アルバミリタリーの中では、一番こだわってつくられているのでオススメですよ。
スポンサーサイト



セイコー | Comments(14) | Trackbacks(-)

コメント

編集
アカツメさん

いつも楽しく拝見しております。以前にブルーのフィールドギアの記事にコメントさせて頂いた者です。
やはり、このモデルをお持ちでしたか。無印良品のケースの記事の写真に写っていた青いナトストラップのミリタリーはこのモデルでは?
私も大好きなモデルです。手にするまでは良さがわかりませんでしたが、文字盤もケースもバランスがいいですよね。夜光だけが物足りないですが、それを差し引いても余りある魅力があると思います。
今回は以前からおっしゃられていた、アルバミリタリーの系譜に触れられていますね。私も1980年代のアルバのカタログ見たいです。やはり、V533は2代目でしたか。この文字盤はSBDC001のフォントに近いですよね。初代はハミルトンカーキに瓜二つな細く美しいフォントで、2代目で太くなり、V743の細いフォントに変わり、VX43でまた太くなりますね。どれも甲乙つけがたいですが、昔のモデルほど好きです。
アルバミリタリーの6代目?があるとすれば、細いフォントでねじ込みリューズを復活させて欲しいと思います。
アルバミリタリーの系譜記事、楽しみにしてます。
2017年12月15日(Fri) 00:54
Re: タイトルなし
編集
すかいらいん さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

鋭いですね。正解です。あれは純正の引き通しベルトです。
32mmなので使いこなすのが難しいですけど、ギュッと凝縮され、各部が凝っている
ので眺めて楽しいですよね。曜日・日付カレンダーのフォントもこのモデルだけ
妙にこだわってます。

私が勝手に5期に分けただけので、本当は違うかもしれません。
アルバミリタリーは派生モデル(文字盤違いとか)も多く全容を把握するのが
難しい。カタログが全部揃っていると良いのですが、1990年以降は歯抜けだらけ
1980年は壊滅的です。資料があまりにもないので、ヤフオクの落札データなど
を地道に集めたり、カタログをちまちま買ったりしてます。まとめるには
もうしばらくかかりそうです。

初代が一番雰囲気は良いですね。プラ風防ですし。ケースの出来も良いです。
3代目V743が一番完成度は高いと思います。人気があるのもうなずけます。
すかいらいんさんはたくさんお持ちなので、よくご存知だと思います。

今のセイコーにアルバミリタリーを改良してくれる余裕はなさそうです。
普通のクォーツのまま、今現在の仕様を継承してくれるだけでいいかな。
そりゃ欲言うと要望はありますけど、今のアルバの惨状をみるとカタログ落ち
しないだけでも奇跡と思えてしまいます。
2017年12月15日(Fri) 20:55
編集
アカツメさん

こんばんわ。
お返事ありがとうございます。
やはり、無印の記事の写真がV533だとわかって、伺って良かった(笑)
おっしゃられるようにV533は眺めていても楽しいモデルですね。セイコーのデザイナーさんがどんな思いでデザインされたのか気になるところです。ハミルトンのスタイルを継承しているようで、独自性があると思っています。文字フォントや配列のバランスが素晴らしい。これがSBDCや5のSNX809の文字盤に繋がるっているのは明らかでしょう。ちなみに、SNX809はけっこういいですよ。SNKN33とは違い文字盤が夜光です。ケースもポリッシュですけど、嫌味がないです。
私はアルバミリタリーのファン?になってまだ2年足らずです。アカツメさんのように、カタログを集めるにはいたってませんが、オークファンやアルバスレッドをみてアルバミリタリーの系譜を調べています。謎なのはVX43の製造期間です。チタンの7N43は2002年には発売されているようですよ。だとすると、VX43はチタンと同時発売されていたのかと勝手に考えています。
最近のモデルはイマイチですけど、アカツメさんがおっしゃられるようにカタログ落ちしないだけでもありがたいことなのでしょうね。
数年前のpower design projectのような企画なら可能性あるのではと思ってるのですがね。
とりとめのない話になってしまいましたので、この辺で。これからもよろしくお願いします。
2017年12月15日(Fri) 23:54
Re: タイトルなし
編集
すかいらいん さん

こんにちは。

普通、このデザインのミリタリーウォッチならハミルトンが王道ですね。
当時実際に納入された本物のミリタリーから、最近のカーキまで。これまた
深い泥沼なのは間違いありません。アルバミリタリーは元々はこれらを模倣
した時計ですが、丈夫なクォーツムーブメント、非常に安価、高い防水性能など、
本家を凌駕することも多々あり。高級になってしまった本家よりよほど
ミリタリーウォッチの本質に近いところが魅力です。

素晴らしい考察です。正にこの文字盤デサインが、SBDCやSNX809につながってます。
数字自体が夜光なのも共通しています。ああ私の行動もバレバレですね。今SNX809
を漁っているところです。この数字フォントがカッコいいですよね。

うおおおおっ!鳥肌立ってきました。私と同じことを考えてますね。アルバマニア
あるあるなのかなあ(笑)リアルだとアルバマニアに遭遇する可能性なんて
限りなく0に近い。ブログ書いてて良かったなあと思います。

VX43は謎が多いのです。実はVX43のSSシルバーモデルはカタログに掲載されてない
のです。VX43の黒(SS着色)は2002年に発売、2005年までカタログに掲載されてます。
おそらくSSシルバーも同時期だと予想します。私の所有するVX43のSSシルバー個体は
2002年8月製造。ヤフオクの落札データで2005年3月製造の個体までは確認してます。

おっしゃる通り、チタン7N43は2002年発売です。VX43が併売されていたのは
間違いありませんが、意図は不明です。ケース材質以外もムーブメント・文字盤デザイン
その他色々異なります。むしろ共通部品は針くらいなのかな?これは次回VX43の
レビューの時に考察してみます。

そうですね。少しでもアルバミリタリーファンが増えて、セイコーも無視
できないくらい売れるようになると、すこしは後継モデルに期待できると思います。
微力ではありますがファンを増やすべく暑苦しい記事を書き続けているのです。

こちらこそよろしくお願いいたします。
2017年12月16日(Sat) 16:42
No title
編集
現行のAPBTがオマージュしたような雰囲気のフォントバランスですね。
蓄光アラビアインデックスもコストが掛かっていたんだなと思わされます。
それにしてもNATOストラップとのマッチングがとてもいい雰囲気!
APBTが気に入って最近は他の時計をあまり着けなくなりました。
本当に不思議な魅力が有りますね、アルバミリタリー。
2017年12月16日(Sat) 20:54
Re: No title
編集
名無し さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

APBTのご先祖様ですからね。この一連のシリーズはもう35年も
続いています。元々は模倣から始まった時計ですけど、時代の流れと
ともに少しずつ変化しながら、生き残っています。こういう地味だけど
ロングセラーな時計は他メーカーにもあまりありません。ソーラーや電波は
ありませんが、安定した性能のクォーツムーブメント、高級感は皆無だけど
読みやすい文字盤、これで十分なんですよね。しかも防水性能は高い。
夜光も明るい。全世界探してもこんな時計無いのですよ。これが実売7000円程度
で買えるのですから、本当に素晴らしい。
2017年12月18日(Mon) 00:47
編集
アカツメさん

こんばんは。
熱いコメント頂いて、ありがとうございます。
そうでしたか。アカツメさんがSNX809に目をつけられていたとは思ってませんでした。私も胸が熱くなってしまいました(笑)セイコーのミリタリー系にやられている事を考えると自然なのですがね。
V533-6A00やSBCA001(先日のコメントではSBDCと記載してしまいました。)やSNX809の太いゴシックフォントの文字盤は不思議な魅力がありますね。アラビア数字の外周のアワーマークやミニッツマークがの長さとアラビア数字のバランスが絶妙だと思っています。好みから言うと細いフォントなのですが、不思議と魅力的です。
ちなみに、SBCAとSNX809の文字盤は非常によく似ています。デイデイトとデイデイト枠、SEIKOが植字である事を除けば、瓜二つです。
ちなみに私は、デイデイト表示を黒に変えようと思っています。
一方でケースの雰囲気はガラッと異なります。セイコーファイブのレギュラーで一番汎用されている7S26-0480のポリッシュケースですね。
現行のレギュラーファイブの代名詞のようなケースで高級感はないですが、定番であるだけあって嫌味がなく好きなケースです。
最後に一点お伝えしたいことが。現行ファイブ全般に言えることなのだと思いますが、この7S26-0480のケースは個体差が大きいようです。
ラグの付け根の入隅の切れ込みが鈍いものがあります。鋭角に切れ込まれたものだと緊張感が出ておススメです。古いものほど、処理が綺麗なようですので、ヤフオク等で探されるのであればポイントかもしれません。釈迦に説法だったかな。蛇足でした。
2017年12月18日(Mon) 22:59
Re: タイトルなし
編集
すかいらいん さん

こんばんは。

私もSBDCと返してしまいましたが、分かってます。
SNX809・SBCA001のアラビア数字インデックスは完成度が高いですね。
縦横比・太さ・大きさ・配置、ほぼパーフェクトだと思います。
あまり評価されてない気もしますが、こんなに美しい文字盤は滅多
にありませんよ。以前ブログにも書きましたが、61スカイライナー全数字も
少しクラシカルな感じですけど、ノンデイトで美しいと思います。

もちろんV743-8000・7S26-3060の文字盤も大変美しいです。
私はこの文字盤からセイコーミリタリー泥沼にハマったのですから。

実は、7S26-0480を1本所有してます。全数字モデルではありませんが
あのケースに惹かれて購入しました。4時リューズなので文字盤着せ替え
も楽しめますしね。

なるほど。釈迦に説法ではありませんよ。複数所有しないと分からない
有用な情報です。ありがとうございます。古いモノを重点的に探してみよう
と思います。セイコーは2000年頃から普及品ケースの製造・仕上げ方法が
変わったと感じます。アルバミリタリーで言うと、3期のV743-8000と
その後のモデルでは、ケースの出来が全く違います。エッジは丸まり
平面も歪んでいます。おそらくバレル研磨などで大量に機械で仕上げを
するようになったからでしょうね。7S26-0480も途中で製法や工程が変わったの
かもしれませんね。
2017年12月19日(Tue) 20:11
No title
編集
こんばんは。アカツメさんのアルバミリタリー、いつも楽しみに拝見しています。先日のバックライトのやつはさすがにマニアックですね。面白い!
前面蓄光のやつもすごいですが。
細腕の立場としては、32ミリサイズ、いいですね。ほんとのビンテージミリタリーっぽいです。そうなると、24時間表記もあって文字板が凝縮されているので、カレンダーはやっぱりちょっとジャマですね。
夏はイイのですが、やはり、NATOでこのデザインは毎日つけると飽きちゃうんです。冬はシンプルなカーフなんかで合わせるのもイイですよね。
でも、このベルトの色味なら秋口もいい感じでしたでしょう。


2017年12月19日(Tue) 21:16
Re: No title
編集
ドラのび太 さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうですね。模倣された本物のミリタリーウォッチにもカレンダーはありませんし、
デザイン的にもノンデイトのほうが美しいと思います。まあアルバミリタリーでは
お約束装備なので、マニアにしてみると逆にこのデイデイトがらしいなあと思って
しまうのです。カレンダーフォントの違いとか比較するのも面白いです。クォーツ
なので使うたびに合わせる必要もないしあると便利なんですよ。

ドラのび太さんは革ベルトでしょうね。これは好みですよ。私も革ベルト好きですよ。
最近、色んなところからNATOベルト買って比較してるから、面白いのです。
そのうちに飽きるのかな。
2017年12月20日(Wed) 14:43
No title
編集
こんばんわ。初めてコメントさせて頂きますが、1年以上前から毎回チェックして時計マニアになってしまいました(高校生です)。本題ですが、僕が持っているv533はムーブメントの歯車が欠けており、不動です。なので、ムーブメントを探しているのですが何処にもありません。どこか在庫がある所があれば教えていただけないでしょうか(//∇//)
2018年06月21日(Thu) 22:55
Re: No title
編集
傘がない さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

ああ。健全な高校生を時計マニアにしてしまった罪は重い・・・(笑)

近くのセイコーを取り扱ってる時計店で聞いてみましたか?
確かV533はまだメーカー在庫があったと思います。私はV533を購入したことないので
想定の話ですけど。今持ってる時計を持って、時計店でV533が注文できるか聞いてみて
ください。

ムーブメントを交換または修理できる技術はもってますか?もしないのであれば
なおさら時計店に相談したほうが良いですよ。

V533を売ってくれない(メーカー修理のみ部品)ようでしたら、
セイコーに修理をお願いするのが1番確実で簡単です。ただし1番お金はかかります。

V533のメーカー在庫が無いようでしたら、
ネット上で中古の時計ごと購入してムーブメントを取り出すことになります。
ムーブメント単体で売ってることは滅多にありません。(海外サイトでは一部あります)

アルバは最安価な時計なので、使い捨てされ残されることが少ないです。特に
古いモデルは入手が難しいです。それでもV533が入った時計は、ヤフオクでは
月に1~2本程度は出品されるので、アラートに入れるなどして気長に探してると
必ず出会うことができます。

時計マニアとして楽しんでいくならば、自分で色んなモノを探したり考えたり
することが必要になります。少しづつ行動していれば誰でもできるようになりますし、
慣れてくると試行錯誤すること自体が楽しくなりますよ。

なんだか説教臭くなって申し訳ありません。
今後ともよろしくお願いいたします。
2018年06月22日(Fri) 20:43
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018年06月22日(Fri) 22:51
Re: No title
編集
上手くいくことを願っております。
また何かあったり、完成したときにコメントいただけると嬉しいです。
2018年06月23日(Sat) 17:40












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより高品質
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER NATO G10 ナイロン製ミリタリーウォッチ 替えベルト 時計バンド ストラップ PVD加工ブラックバックル グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ