2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP修理・改造 ≫ 夏のダイバーズ カレンダーカスタム SKX007 ブラックボーイ(その3)

夏のダイバーズ カレンダーカスタム SKX007 ブラックボーイ(その3)

カスタムカレンダー A10

1.今回は針も触るので、事前に40時間以上放置して停止させておきます。コハゼを動かして
  ゼンマイをゆるめることが基本ですが上手くやらないと壊すリスクがあるので、自然に
  ゼンマイをゆるめておくほうが確実です。
  本体をきれいなウエス等で拭きます。ケースの中にゴミや汚れが入らないようにする
  ためです。作業前に自分の手もキレイに洗っておきましょう。

カスタムカレンダー A11

2.保持器に本体を逆向きにのせます。その時保持器とガラス面・ベゼルが接触するため
  間にビニール等を挟んでキズがつかないようにします。ベルトは弓管部で外すか、
  クラスプのバネ棒外してべルトの輪を切ります。

カスタムカレンダー A12

3.しっかり保持器に固定したら、側開器(オープナー)の爪を裏蓋の溝に合わせます。私は
  少しきつめにします。それから左に回して裏蓋を開けるのですが、上から押す力を7割、
  回す力を3割位にします。ハンドルは本体と並行にして下さい。斜めだと爪が外れやすく
  なります。固着してない蓋なら徐々に力を加えていくと、じわっと回りだすはずです。
  ある程度力を入れても回らない場合は固着している可能性が高いです。無理に回すと爪が
  外れて時計に深いキズが入り酷く後悔することになります。この保持器で外れない蓋は
  相当固いので、ハンドル付きの強力なオープナー(高価)で外すか、オーバーホール覚悟で
  ケミカル(潤滑剤)を流し込みます。潤滑剤は一度だけ使ったことありますが、部品取り用
  のジャンクでした。リスクを伴いますので自己責任でお願いします。
  キズ防止に本体(蓋)にビニールを被せてオープナーを回してもいいのですが、オープナー爪
  の破壊力は大きいので多分キズは入ります。ないよりは多少マシかもしれませんが。それに
  裏蓋溝への爪のかかりがビニールの厚さだけ浅くなるのが気になります。簡単で効果的な
  養生方法があれば良いのですが、練習して確実な操作を覚えたほうが早い気もします。

カスタムカレンダー A13 カスタムカレンダー A14

4.裏蓋が開いたら、ゼンマイが巻かれるのを防ぐためローターをドライバーで外します。
  あっ、その前に機械を触る前に指サックをするのを忘れずに。無くても作業はできますけど、
  機械を触るたびに手の脂等が付きます。キレイでないし金属表面の劣化の原因になります。
  私は親指・人差指・中指(両手)にはめてます。

カスタムカレンダー A15

5.次にリューズを抜くのですが、そのままだと当然抜けません。
  リューズ差し込み口の近くにあるオシドリ(写真緑マル中心)をピン等で押しながらリューズ
  を引っ張れば抜けます。

カスタムカレンダー A16

6.これで機械がケースから取り出せるのですが、スペーサーがぴったりとはまっているので
  すんなり外れないかもしれません。スペーサーか機械の周辺をキズをつけないように浮かせて
  やれば外れるはずです。外す時に落とさないよう気をつけて下さい。文字盤面・針は触らない
  ように機械の側面をつまむようにして持ち上げます。取り出したら機械台に機械を設置します。
  ケースを保持器から外し普段触れないところ、リューズ固定ネジ部や裏蓋の周りをきれいに
  拭き取ります。この時ケースの中やガラス内側を触らないように注意して下さい。
  今回はガラス交換等はしないので、作業中ケースの中やガラス内側を触らないようゴミが
  入らないように養生しておきます。

7.リューズを差し込みます。差し込む時はオシドリを押す必要はありません。途中で引っ掛かる
  なら少し回すと入ります。まっすぐ丁寧に奥まで差し込んで下さい。リューズに付いてる
  巻芯は無理に曲げると折れます。
  リューズが奥まで入ったら、2段引出して回して時刻を12時にします。別に12時でなくても
  長針と短針が重なればいいです。秒針もなるべく並行にしておきます。

カスタムカレンダー A18 カスタムカレンダー A17

8.文字盤にビニールをかぶせます。ベルジョンの保護シートはお守りみたいなもんで、通常
  ビニールだけで問題ありません。ビニールはスーパーの袋とかのペラペラのものではなく、
  小分け袋などの少し厚いものを使います。
  針抜きで針を全て抜きます。

カスタムカレンダー A19 カスタムカレンダー A21
 
9.7Sの文字盤は干支足を差し込むだけです。干支足の写真を撮るのを忘れました。文字盤の
  裏に金属ピンがついてるのですが、これを干支足(えとあし)といいます。ここも合理化され
  ていて、プラスチックのスペーサーに干支足を差し込むだけで固定しています。
  古い機械だと干支足をネジや専用固定具で固定するのが標準です。
  なので傷つけないよう機械と文字盤の隙間にヘラ等を差し込んでやると簡単に外れます。

10.曜車を止めている中心のCリングを外します。少しコツがいりますが、下にヘラ等を差し込んで
   上にこじると外れます。無理な力を加えないよう慎重に行って下さい。軸(ツツカナ)はともかく
   曜車はかなり華奢なつくりです。Cリングは小さな部品で飛びやすいので気を付けて下さい。

カスタムカレンダー A24

11.Cリングが外せたら、曜車をピンセット等で傷つけないよう掴んで外します。
   曜車を取り付けるときはそのままでは無理で、曜車の中心周辺の穴(長穴)から
   曜車用スプリング(写真緑マル)を外に動かして歯車と噛み合わせます。
   ピッタリあうと曜車と日車の高さがそろいます。

続きは来週に書きます。
次回で完結です。


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト
修理・改造 | Comments(0) | Trackbacks(-)

コメント













非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ