FC2ブログ
2020年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年10月
TOP書籍 ≫ おすすめ時計書籍(その23) 国産腕時計 タカノ・リコー

おすすめ時計書籍(その23) 国産腕時計 タカノ・リコー

訳も分からずカッコいいからと、リコーのダイナミックワイド購入したのは2013年。
その後トンボ本の存在を知り、国産腕時計シリーズ 10.タカノ/リコー が未刊で
あることを知りました。他にリコーの資料はほとんどなく、ド素人の私のところに
巡ってくるのような代物ではありません。とにかくリコーのトンボ本が出ることを
約5年間ずっと待ち望んでいたのです。

ついに国産腕時計 タカノ・リコーがトンボ出版から発売されました。
ああ。まだ読んでもないうちから感慨無量でございます。

http://www.tombow-shuppan.co.jp/index.htm

国産腕時計タカノ・リコー
森 年樹
トンボ出版 (2019-04-01)
売り上げランキング: 55,687

Amazonでも予約受け付けしてますけど、トンボ出版ではもう販売してます。
少々面倒くさいけど、直接購入したほうがトンボ出版の利益が大きいと思います。
私は感謝の意味を込めて直接買いました・・・4月1日が待ちきれなかったからですね(笑)


タカノ・リコー本 A1


うおおおおおおお!届いたよお。
圧巻のオールカラー224ページ!すごいよ。今までのトンボ本で一番豪華だよお。
しかもタカノ・リコーだけで224ページって、ボリューム満点であります。

限定1000部ということですが、おそらく1000人もタカノ・リコーマニアはいない
でしょうからしばらくは販売することになるのでしょう。しかしこういう得体の
知れない限定モノは水物だから早めの決断が吉だと思います。

出版業界っていまだに支払いがこれです。


タカノ・リコー本 A2


久しぶりに使いました。いまだにこの支払いは警察の反則金くらいだと思います。
住所名前書くのが面倒くさいけど、たまには筆記用具で字を書かないと忘れてしまいます。


まだ全てを読んでませんけど、タカノ・リコーの時計が好きなら9000円の価値は
十分にあります。他の資料はほぼ手に入りませんから、素人がこれだけの情報を
集めるのは不可能です。書籍としては高価ですけど、タカノ・リコーの貴重な資料
だと考えると安いと思えます。


タカノ・リコー本 A3


大好きなダイナミックワイドも、普及品から高級品まで数多く掲載されてます。うほほ。
これでご飯3杯はいけます。最高っす。

ずっと知りたかった、裏蓋にある5桁番号の意味も分かりました。
機械の解説も時系列に沿って、変更改良点が分かりやすい。さすがのトンボ本であります。

間違いなくタカノ・リコーのバイブルになるでしょう。おそらく今後もこれ以上の資料が
一般販売されるとは思えません。

絶版になるとトンボ本はプレミアがついてしまいます。
欲しかったなら、買うのは今しかありませんよ。


タカノ・リコー本 A4


ということで、当然今日はリコーのダイナミックワイド。
やっぱりカッコいいよねえ。
スポンサーサイト



書籍 | Comments(12) | Trackbacks(-)

コメント

No title
編集
アカツメ さん

こんにちは。

気が早って「拍手コメント」の方に書いてしまったので、こちらに再度書かせていただきます。(笑

出ましたね。
とうとう出ましたね。
ずっと待ち続けていてもう出ないかもしれないと思っていましたが、本当にやっと出ましたね。

私も購入予定です。
次のお小遣いまで残っていてくれるかなぁ……
2019年03月29日(Fri) 14:14
Re: No title
編集
「F」さん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

謎のままで良いかと諦めかけていましたけど、ついに出ましたね。
マイナーメーカーの高価な専門書なので、1000部が即完売するとは思えません。
ちなみにトンボ出版で注文したら、到着まで2日(ゆうメール)、後払い支払い
期限が1週間ですから、お小遣い支給日より逆算して少しだけ早く手に入れられます。
私は小心者なので、翌日に支払いましたけど(笑)

「F」さんはこの本を買わないとダメでしょう。いやリコー時計を3つ以上所有していたら
買う義務がありますよ(笑)
あまり内容は書くつもりはありませんが、セイコーやシチズンのような判定はできません。
あとは購入してからのお楽しみです。内容的に後悔することはありません。
2019年03月29日(Fri) 18:19
No title
編集
アカツメ さん

こんにちは。

>「F」さんはこの本を買わないとダメでしょう

そうですね、買わないといけません(笑
ですのでポチっちゃいました、Amazonで。
発売日の4月1日に届くそうです。

いやぁ楽しみです♪♪

しかしAmazonでの購入はカードなので、我が家のルール的には購入時の事前申請と許可が必要だったんですが……
必要な手順をすっ飛ばしたので、これから家人への説明が必須です><
歳は取りたくないものです、どんどん家の中で発言力が低下していきますよ(笑


2019年03月30日(Sat) 05:41
私も購入しました。
編集
アカツメさん
こんにちは。
以前ダイナミックワイド25石の
ムーブメントの取り出し方を教えて
頂いたものです。
その節はありがとうございました。
私もダイナミックワイド35石を
所有していましたが、ムーブメントの
統一のため手放してしまいました。
しかしダイナミックワイド30石の
spacialを手にいれました。
ムーブメントは同じです。
ある程度の詳細がわかるとの事で
到着が楽しみです。
良い情報をありがとうございました。
2019年03月30日(Sat) 08:40
Re: No title
編集
「F」さん

こんにちは。

わはは。やっぱり買っちゃいましたか(笑)
カード払いなら、引き落としまで1月ほど猶予があります。
なんとか説得する算段をしないとならないですね。

私も来月のクルマの修理代をどうやって説明しようか色々と
考えてます。ええ。もう部品発注済みなんですよね(笑)
私もとうに発言力はありません。はははは。

飲む打つ買うはしませんから、このくらいの買物ならバチは
あたらないと思うのですけどね。
2019年03月30日(Sat) 16:18
Re: 私も購入しました。
編集
ヒロさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

やはり、リコーマニアなら買わざるを得ませんよね。
ダイナミックワイドは、リコーが気合い入れて開発した時計
なので、かなりのページを使って解説しています。21石から
35石まで、おそらく全てのムーブメントを紹介しています。
初めて知ることもたくさんあると思いますよ。

私も今後何度も繰り返し読む本になるでしょうから、
買ってよかったです。
2019年03月30日(Sat) 16:18
No title
編集
アカツメ さん

こんにちは。

届きましたっ!!
素晴らしいっ!!
本当に素晴らしいですねっ!!
このところ(無理矢理)抑え気味にしていた物欲が刺激されてしまいます><
素晴らしい資料です。
何度も繰り返し見てしまいます。
こんなにも大量の写真(タカノ・リコーの)をまとめて目にするのは初めてです。
ページが折れたり汚れたりするのが心配ですよ。

記念に初期の天然石文字盤リクォーツを1本手配してしまったぢゃないですか(笑
これでリコーは丁度10本目となります。
手持ちの中ではセイコー、シチズンに次ぐ本数です。
自分でもビックリです(笑

話は変わりますが車のパーツ代は、私の場合は点検・修理・車検などの代金に乗せて車屋さんに請求してもらうようにしていました。
まだマニアックな車に乗れていた良い時代の話です。
勿論パーツの手配は車屋さん経由となっちゃいますけど……

2019年04月02日(Tue) 12:09
Re: No title
編集
「F」さん

こんにちは。

素晴らしいですよね。
もうこれ以上の資料は出てこないだろうと思えるほど気合の入った書籍です。
正直ハードカバー製本は読みにくいし、勿体無いので超丁寧に扱ってしまいます。
資料としては従来の国産腕時計シリーズと同じの装丁のほうが安価で読みやすい。
しかしこれは永久保存版ということでしょう。家宝として代々受け継いで
いかないとなりません(笑)

リコー時計が欲しくなりますよねえ。目の毒だと思います。
私はダイナミックワイドしか所有してないので、ダイナミックオートとか
リクォーツとかも欲しくなるけど、危険な泥沼なんですよねえ(笑)

なるほど。今はネット販売も色々あるので、こっそりとヤフオクやメルカリで
部品買ってます。昨日も夜中にお風呂で部品を洗浄してたらバレてしまいました(笑)
2019年04月02日(Tue) 17:36
このシリーズ最高ですね
編集
そのうち入手したいと思ってます。この膨大なデータを自分で調べるのは大変過ぎます(汗
2019年04月15日(Mon) 15:54
Re: このシリーズ最高ですね
編集
砂布巾 さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

タカノ・リコーのバイブルになるのは間違いありません。本当に素晴らしい書籍です。
まだ大丈夫だと思いますが、すでにAmazonではプレミア価格で販売しています。
誰があんな価格で買うかよと思いますが、絶版のトンボ本はプレミア価格でも売れて
しまいますから、忘れないうちに購入することをオススメします。

今後ともよろしくお願いいたします。
2019年04月15日(Mon) 22:31
No title
編集
アカツメ さん

こんにちは。

>ダイナミックオートとかリクォーツとかも欲しくなるけど、危険な泥沼なんですよねえ(笑)

その通りです、危険な泥沼そのものです。
先日入手したリクォーツが望外に良いものだったので、調子に乗ってまた1本リクォーツを手配してしまいました><
こうして時計が増えていくんです(笑

最近はクォーツ含め、エルニクスやコスモトロンといった電磁テンプなどの電池駆動時計の登板機会が増えてきました。

ま、そういう時期なんでしょう。



2019年04月17日(Wed) 17:50
Re: No title
編集
「F」さん

こんにちは。

わははは。分かります。連鎖するんですよねえ。
気に入ると色違いや文字盤違いなど、他バリエーションも欲しくなります。

リクォーツといえば、虎目石が人気ですけど、他にも良いモデルがありますよね。

電磁テンプや音叉は、オールドクオーツを通ったあとに欲しくなります。
まあ最近は高くなっているので、お気軽に買えなくなりましたけど。
2019年04月18日(Thu) 16:43












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより高品質
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER NATO G10 ナイロン製ミリタリーウォッチ 替えベルト 時計バンド ストラップ PVD加工ブラックバックル グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ