2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP工具 ≫ セイコー ワンピースケースオープナー S-14(時計工具その3)

セイコー ワンピースケースオープナー S-14(時計工具その3)

昨日仕事から帰って、時計をウエスで拭いていたら・・・あっ!
落下する時計を見て思わず声がでました。なんだか嫌な音が。
すぐさま様子をみると、プラ風防にヒビがあああああ。
まだ新品に入れ替えたばかりだったので凹みました。
よりによってこの風防かよ。うわーーーーーっ!
大声で叫びたかったのですが、大人なのでやめておきました。

さて。今回は工具を紹介します。
私は56ロードマチックが好きです。56ロードマチックは把握できないほど種類がある
のですけど、プラ風防ワンピースケースのものが多いです。その風防を外すときに
使うのが、今回紹介するワンピースケースオープナーと呼ばれる工具です。

ワンピースケースオープナー A1

箱汚いです。時代を感じさせますね。

ワンピースケースオープナー A2

こんな感じで入ってます。
取扱説明書は一読したほうがいいです。基本的使い方と、セイコーワンピースケース
時計の機械取り出し方法が書かれています。

ワンピースケースオープナー A3

セイコーの時計ならケース裏側に使用するコマ番号が書かれています。そのコマを
オープナーにセットします。

ワンピースケースオープナー A4

ベゼル外した時計の風防にセットします。

ワンピースケースオープナー A5

締め付けレバーを動かします。私の経験上インジケーターの2/3あたりで止めたほうが
いいです。3/4あたりから風防が割れる可能性が高くなります。私も一度ヒビが入りました。

ワンピースケースオープナー A6

ゆるゆるになるまで風防をしぼることはできません。その前に割れてしまいます。
説明書にも書いてありますけど、ある程度締めたらこじ開けを少しずつ差し込んで外します。

ワンピースケースオープナー A7

外れました。
時計の整備だけなら、組み付けるときは逆の手順でいいのですが。
風防を研磨したり交換したりするときは、付属している位置決めツールに風防をセット
して風防をしぼります。

セイコー以外にもシチズン、ベルジョン、その他メーカーからもワンピースケースの
プラ風防外しはでていたのですけど。使い勝手はセイコーが一番良さそうです。
私はセイコー以外を持っていませんから想像ですけど、シチズン、その他メーカーの
ネジ閉め込み式、ベルジョンの多数爪締め付け式ともに締め加減が分かりにくいのです。
セイコーは締め付けレバーがインジケーターを兼ねているので、締め加減が一目で分かり
ます。単純な構造、使いやすさ、素晴らしい設計ですね。

私はオークションで4,000円台で手に入れた記憶があります。今は平均5,000~6,000円
くらいでしょうか。たまにとんでもない価格で落札されますけど、定期的にでてくる工具
なので、落ち着いて待てば完品でも相場程度で落札できます。

工具マニアでなければ、箱の程度なんてどうでもいいはず。(キレイだと無駄に高価格) 
大事なのは
・本体に破損がないこと。(多少の錆びや汚れは問題ありません)
・説明書はあったほうがいい。
・風防位置決めツール(銀色で四角のモノ)は代用品をつくることも簡単だけど
 現物ないと寸法も分からないし、あったほうが無難。
・ベージュのコマは女持ち用なのでほとんどの人は不要。
・コマも円形の4つがあれば問題ない。変形コマは小径でこれも女持ち用です。
 56ロードマチックなら32と30があればほとんど対応可。

許容レベルは個人差ありますから考慮してみてください。
欠品があれば落札価格は下がりますから、不要なものが欠品なら
お得に入手できますよ。


にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村

時計 ブログランキングへ
スポンサーサイト
工具 | Comments(9) | Trackbacks(-)

コメント

No title
編集
バンコクヤワラーで、安く販売しているみたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukishiro3000/20128204.html

海外在住者にとってはバンコクは息抜き都市でハブ空港ですが、日本に住んでいる方が行かれることはないと思われるので、意味はないでしょうが・・・参考まで。
2015年11月14日(Sat) 20:25
Re: No title
編集
NINJA300 さん

こんばんは。

そのオープナーは偽者ですよ。ヤフオクにもいっぱい出品されています。
本物の現物がないと分かりにくいかもしれません。偽者は全体に鋳造の精度が悪く、
側の研削加工が省略されています。メーカーロゴもありません。
ちなみにヤフオクの偽者は2種類確認しました。偽者は持っていないので完全な比較は
できませんが、要である爪の精度も劣ると想像します。
本物は日本製で、日本では4000円なのですから。タイで700円程度で販売はできませんよ。

原始的な構造なので偽者でも使えるでしょう。でも失敗すると蓋に深い傷がつきますので、
精度の高い工具を使うことをオススメします。
2015年11月14日(Sat) 23:33
No title
編集
そうだったんですか。
わたしはすでにもっているので買いません。偽なんですね。
タイ滞在時は時間は貴重ですから、ヤワラーの時計屋さんにいったことはありません。w
来年初にヤワラーで金ネックを購入するつもりですが、こっちは本物であってほしいですね。笑
2015年11月15日(Sun) 10:12
No title
編集
こんにちは。
このオープナー、実は別用途で購入したのですが(うまく風防をはめるのに利用しようとしました。失敗でしたが)、確か、焦ってしまい、ご指摘のような無駄な高額で手に入れてしまいました。
実際にはLMワンピースなど、本来の出番をまだ迎えていないのですが笑
詳しい解説、大変ありがたいです。
今後、参考にさせてください。
2015年11月17日(Tue) 12:53
Re: No title
編集
ドラのび太 さん

こんばんは。

私のブログなので、つい私の価値観で書いてしまいます。無駄は言いすぎでした。
工具に対する考え方は十人十色ですよね。きれいな工具のほうが気持よく
作業できるのは間違いないです。

私の稚拙な解説より、説明書が分かりやすいので、ご一読下さいね(笑)
2015年11月17日(Tue) 20:49
No title
編集
いえいえ、「無駄に」と言ったのは私の勝手な意見でして笑
過去にも、無駄に高価に入手せざるをえなかった工具がありました。

オークションは恐ろしいですね。自分が買った後になって、いくつも安い中古が出てきたり。ほんとうに辛抱強く、相場がわかるまで行動しない、という冷静さが大事ですね。。。

そういう件とは別に、ジャンク時計を含め、悔しい思いをしています。悪徳業者を攻めても仕方ありませんが、なんとかならんのかねー、と思います。まぁ結局自分の自衛力(観察力と我慢力?)が足りないだけなのですが笑
結局、蚤の市など、もっと無駄でしょうから、オークションに頼るのですが、とにかく、掘り出し物やお買い得がめったに出会えませんね。

おっと、話がズレました笑
説明書が欠品なので助かります。

ではまた。
2015年11月18日(Wed) 20:44
Re: No title
編集
ドラのび太 さん

こんばんは。

オークションは過去データの分析が必要だと思います。
相場は常に変動するし、出品者のレベル差が大きいので相場は目安ですけど。
私は必ず入札するモノの終了オークション検索はしますし、データ少なければ
オークファンでさらに過去をみます。ウォッチリストの結果も必ず目を通します。

業者も色々ですよ。長く参加するとIDも覚えてしまいます。
・ヤフオク内で転売されている人からは絶対買いません。長く転売してる人の
 買取用IDも分かってますしね。よく競合しますよ(笑)同じ嗅覚ってことは
 お買い得ってことかもしれません。
・本業が骨董店や一部の質屋のところは結構お買い得なモノありますよ。時計の知識
 があまりない人も多くて値付けとタイトルが甘いので競合なければラッキー。
・最近増えてきたブランド買取店は高すぎることが多いです。一応チェックはする
 けど一度も入札したことはありません。

蚤の市などは、「現物見られる」「お店の人とのやりとり」くらいしかメリットが
ないです。専門店みたいに保証もないし。もちろん否定はしてませんよ。
実際に沢山の時計を手にとって見られるところがあるなら楽しいでしょうね。

ヤフオクは間違いなく国内最大の市場です。こんなに数多くのオールド時計を
見られる場所はないです。一応評価システムがありますから、むしろ蚤の市より
安心できます。いつでも参加できるのもメリットです。時間も交通費も節約できます。
良くも悪くも効率重視なわけです。始めたころに比べて相場も上がり参入者も増えた
ので掘り出しモノは少なくなりましたけど、人間が出品してるので隙間はありますよ。

「ワンピースケースオープナー」でググって、結果の2番目をクリック。超美しい
キングの写真を眺めながら下に進むと。これは!!このページが重要なんです。
風防の付け外しなんて実際にあれこれやってみるほうが早いです。身も蓋もない(笑)
2015年11月18日(Wed) 22:18
No title
編集
早速見てみましたよ!
美しいですねーー。しかも説明書まで高解像度!
って、なんとなく見覚えあるページかと思ったらなかひろ時計館でしたかーー。ありがとうございます。
おっしゃるとおり、業者もいろいろで、時計専門でない質屋とかリサイクルショップがいいですよね。
私も転売屋買取idと思われるのとよくやりあってますよ。
アカツメさんともやりあってるかもしれませんが笑

去年あたり、とっても手に入りにくいやつがジャンクおまとめ品に混じっていて、検索してもたどり着けないはずなのに、写真もすごく小さくて、、でも、やっぱり同じ嗅覚の人と二人でやり合いました笑
結局、かなり掘り出し物で嬉しかったですね。
ま、ヤフオクを語ると長くなりますのでこの辺で、失礼します。
2015年11月18日(Wed) 22:46
Re: No title
編集
ドラのび太 さん

そう大御所コレクターです。あの財力とセンスに憧れます。

ありますね。絶対私しか見つけてないと妙な自信でウォッチするんですけど、
一人二人はいるんですよね(笑)ブログを見させてもらった範囲ではロードマーベル
くらいしかカブってないですけど、もしかしたらやり合ってるかもしれませんね。

私もヤフオク話は尽きないので、またブログネタにさせていただきます。
2015年11月18日(Wed) 23:05












非公開コメントにする
プロフィール

アカツメ

Author:アカツメ
少ないおこづかいで古い国産時計の収集をしています。時計の紹介・修理・改造・関連話・お得な情報などの記事をボチボチと書いています。

ブログ検索
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ時計関連品

22mmウレタンベルト
消耗品です(ボーイ用)
切れる前にどうぞ

22mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DAL0BP


20mmウレタンベルト
消耗品です
(モンスター同等品)
切れる前にどうぞ

20mm セイコー SEIKO    ウレタン バンド DB73BP


20mm無垢ステンレスベルト
アルピニストSARB017
に無加工で取り付け可能
セイコー純正品です

20mm セイコー 時計バンド  アルピニスト 専用バンド ステンレススティール SARB013 SARB015 SARB017の専用ブレス


一番おすすめDバックル
この価格でこの品質
今のところ私はこれ一択
(サイズ要確認)

松重商店 DX01S 16mm 高品質観音開きワンタッチ式Dバックル 銀色


おすすめ革ベルト
非常に安価ですが丁寧な
つくりで満足度高いです
(色・サイズ要確認)

【牛革 - 厚手・ラグステッチ】YC315 a1816 色:黒/ベルト幅:18mm/尾錠巾:16mm/厚さ:約 5-3mm


おすすめ革ベルト
モレラートの製品は
色がキレイですよ
(色・サイズ要確認)

[モレラート]MORELLATO 時計バンド LIVERPOOL リバプール 18mm ブラウン 牛革型押し U0751 376 037 018


ベルト交換用の工具です
ステンレスブレスの交換
に最適。革ベルトも可
1本あると便利ですよ

CHRONOWORLD オリジナル バネ棒はずし [クロノワールド chronoworld][腕時計]


おすすめNATOベルト
色の種類が多いので迷います
格安なので複数本買えばOK
(サイズ要確認)

[2PiS] ( マリーン ダブルネイビー・センターホワイト : 20mm ) NATO 腕時計ベルト ナイロン 替えバンド ストラップ 交換マニュアル付 11-1-20


上のベルトより分厚く丈夫
ダイバーなど大きな時計に
ピッタリですね カッコいい
(サイズ要確認)

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ ミリタリー ウォッチ ストラップ ブラッシュ仕上げステンレスバックル 時計ベルト グリーン 22mm


涼しげで夏にオススメ
これもダイバーなど大きな
時計にピッタリですね
(サイズ要確認)

Geckota ダイバーズウォッチ オリジナル シャークメッシュ Hリンク Dバックル ヘビーデューティー “チェーンメール ブレスレット メタルブレス 時計交換ベルト ステンレス製 サテン仕上げ 22mm


裏蓋あけるときに必要です
爪の精度が高く確実に
固定できます 
私も使ってます

MKS 側開器


裏蓋あけるときに必要です
フレキシブルでどんな
ケースも固定できます 
少し高価ですけど使えば
良さはわかると思います

SEIKO 万能ケースホルダー S-212 C02022

POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ
  まとめ